スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

サイバーエージェントのサイトがGoogleに表示されない?

 ネットを主体にする企業にとってGoogleなどの検索エンジンの上位に表示されるかどうかは死活問題になってきます。そのため各企業では出来るだけ上位に表示させるためにSEO(検索エンジン最適化)を行っています。今回のサイバーエージェントの件はそれがGoogleの基準に反したということなのでしょうね。

 ・melma!やECナビ、グーグルから検索不能に--検索スパム行為が原因か(CNET Japan)

 サイバーエージェントグループの運営するサイトの一部が、Googleで検索しても表示されなくなっていることが分かった。検索エンジンのランキング精度をゆがめる「検索スパム」と呼ばれる行為をしていたと判断されて、検索インデックスから除外されたようだ。

 3月29日時点で、検索結果から削除されているのはメールマガジンサービスの「melma!」や価格比較サイトの「ECナビ」、ショッピングサイトの「GiRLSGATE.com」など(次ページに他のサービスの状況を一覧でまとめた)。サイト名だけでなく、URLを入力した場合でも検索結果に表示されない。また、各サイトのPageRankも0になっている。なお、Yahoo! JAPAN検索やMSN Japanサーチでは、いずれのサイトも検索結果に表示される。

 SEO問題に詳しいアイレップ インターネットマーケティング事業部SEMインテグレーショングループSEMスーパーバイザーの渡辺隆広氏によれば、この問題が明らかになったのは先週末のことだという。

 Googleの検索エンジンから各サイトが除外される原因としては、2つのことが考えられる。1つは、Googleのクローラーがサイトを巡回した際に、たまたまサーバが落ちていたケースだ。ただしこの場合、「インデックスは残るので、URLだけであれば表示されるはず」(渡辺氏)といい、今回の原因とは考えにくい。

 もう1つは、対象のサイトが検索スパム行為をしていると判断された場合だ。Googleだけでなく、検索エンジンでは精度をゆがめる行為をするサイトは検索結果から外している。

 今回問題となったサイトは、それぞれ小さなボックスをサイト下に用意し、相互に多くのリンクをはっていた。これが「リンクファーム」と呼ばれる検索スパム行為と判断されたようだ。リンクファームとは、検索結果の上位にサイトを表示させるために、意図的にはられたリンクのことだ。

 ただし、サイト間でリンクをはりあうこと自体は一般的に行われていることだ。渡辺氏は、「リンクボックスがサイトの右下に小さく表示され、明らかに人に見せるためのリンクではなかった。検索エンジン対策のためだけに置かれたボックスであるということが問題になったのではないか」と分析する(画面)。なお、現在このリンクボックスはサイトから削除されている。また、渡辺氏はブログ「渡辺隆広のサーチエンジン情報館」でこの問題について詳細に解説している。

 この件について、サイバーエージェントでは「28日夜時点で把握しており、現在社内で調査している。対応についても検討中だ」としている。また、グーグルでは「現時点では分かりかねる」とした。

 Googleでは4週間に1度の頻度でサイトをクロールしており、インデックスから削除されたサイトでも問題個所が修正されれば、再び検索結果に表示されるという。最近ではBMWのドイツ語サイト「BMW.de」がGoogleのガイドラインに違反したという理由で、同じように検索結果から外されていた。

 ここでは、サイバーエージェントのサービスを事業部別、グループ会社別に分けて、グーグルの検索結果に表示されるかどうかを単純に調べてみた(3月29日19時現在)。○が表示されるサービスで、×が表示されないサービスだ。なお、事業部とグループ会社で分けているので、重複して掲載されているサービスもある。


 とりあえず今回の件でアメーバブログは関係ないようです。最近では個人のブログでもSEOを行っているブログが多いです。私も最初は意識してやっていました。アクセス数は多いときで3,000程度ですから今の6倍ぐらいは行っていたのでそれなりの効果はあったと思います。

 ただ、私の場合はアフィリエイトはやっていますがあまりそれを全面に押し出しているわけでもなく(それが目的なら今のようなエントリばかり書いていません)、結局は検索エンジンから来てくれる人たちを意識するよりは記事を一生懸命書いた方が良いという結論になり今に至っています。

 それはともかく個人でも企業でも検索エンジンの影響力は非常に大きいです。今回の件によってサイバーエージェントは結構な損害を被っているのではないでしょうか。検索エンジンは誰でも無料で使えるものとはいえ一つの企業が提供しているものです。これに依存してしまうのはどうかと思うのですが、世の中の流れは完全にそうなっていますね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年03月29日 SEO トラックバック:- コメント:1

 あの藤田とか言う社長が嫌いなのでどうでもいいですが。

 どーもヒルズ族は好きになれません。

2006年04月03日 どらっへ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。