スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Wikipediaは信頼に足るものなのか?

 以前Wikipediaとブリタニカを比較するという記事がNature誌に掲載されました。この件は非常に反響を生み、Wikipediaの飛躍にもつながった大きな契機でもあります。この件に関して今度はブリタニカが反論を出しました。

 ・ブリタニカ、Nature誌に反論--Wikipediaの正確性に関する調査を非難(CNET Japan)

 Encyclopedia Britannicaが、オンライン版のライバルであるWikipediaと正確さを競った議論を再燃させてきた。

 由緒ある百科事典を出版する同社は先週、Nature誌の12月号の記事に対する 20ページにおよぶ痛烈な反証を公表した。当該記事は、 BritannicaとWikipediaの誤記を列挙し、Wikipediaが互角の戦いを演じているとするものだった。調査を行った専門家らは、事実に関する誤記、脱落、あるいは誤解を招く文章を、Wikipediaからは162カ所、Britannicaからは123カ所見つけだした。

 この記事は、Wikipediaの内容と手法を検証するものであるとして広範囲に受け入れられた。その一方で、Britannica百科事典はインターネットによって絶滅の危機に追い込まれた。

 Britannicaは、Nature誌が比較に用いた手法と、読者に対する評価の見せ方の両方を非難し、反論した。さらに、同社は訂正文の掲載も要求している。

 Britannicaによると、Nature誌は、編集や改訂が繰り返されたBritannicaの省略版の項目を校閲者に渡し、百科事典の本文とは無関係のサンプルまでこれに含めたという。Britannicaはまた、多くの調査結果は科学的に見ても、事実としても誤りだとし、Nature誌の編集者は校閲者が見つけた間違いの検証を怠った、とも非難している。

 たとえば、ある校閲者はNature誌の記事で、Subrahmanyan Chandrasekhar氏の「Principles of Stellar Dynamics」が出版されたのは、Britannicaにあるように1942年ではなく、1943年だとした。だがBritannicaは、米議会図書館が主情報源であることを指摘し、これに反論している。

 Britannicaの編集長Dale Hoiberg氏は声明のなかで、「この研究は世界中で引用されており、指摘は間違っている。Britannicaに誤りが一切無いなどと主張したことはないが、Nature誌は、全く誤りではない部分をいくつも誤りだと指摘した。われわれは、高い学識と道理に適った判断に基づいて継続的に校閲を行い、信頼性の高い高品質の百科事典を出版している。Nature誌は、誤った分析と非難によって、われわれに甚大な損害を与えた」と述べた。

 Nature誌の記事は、その信頼性が公に問題視されていたWikipediaにとって重要な時期に発表された。最も大きく非難されていたのがJohn Siegenthaler氏の項目で、そこには、ジャーナリストで元政府関係者の同氏を2件の暗殺事件に結びつける誤ったリンクが張られていた。

 Britannicaなどの従来の百科事典では、閉じた編集システムの中で分野別の専門家が記事を執筆する。一方、Wikipediaの場合、インターネットへのアクセスが可能であれば、誰でもエントリーを作成し、編集できる。Wikipedia創設者Jimmy Walesはこれまで、同サイトの正確さは、その読者と寄稿者の自己規制を通して確保されていると主張してきた。

 また、Wikipediaの利用は完全に無料でもある。Britannicaは、限定的な無料コンテンツや、全コンテンツの7日間無償利用を提供しているが、全コンテンツへの無制限なアクセスは月額11.95ドル、年額で69.95ドルである。Britannicaでは、これらの料金を必要とする理由として、学術的な信頼性や正確さへの評価の高さを挙げている。


 この件は私としてはブリタニカの反論はもっともだと思います。ただし、ブリタニカの方が間違いが少ないと議論するのではなく、元々のスタンスの違いを認識させる方が先ではないかと思います。Wikipediaがもてはやされているのは、最近のオープンソースの隆盛の一つとして語られることが多く、オープンソースに未来を感じる人たちがWikipediaに対して肯定的な意見を言っているように思えます。私自身オープンソースには未来を感じていますが、ブリタニカとWikipediaを比較することに間違いがあると思います。

 その理由としては、「オープンソースを利用する際には自己の責任で」という大原則があるからです。OpenOffice.orgはMicrosoft Officeと違って無料だからという理由で使う人が増えてきています。しかしOpenOffice.orgにはサポートがありません。(厳密に言えばあるのですが、非常に限定されています)Microsoft Officeを使わなければならないのはすでにその資産が莫大なものになっているからという理由も大きいのですが、サポートがないというのも大きな理由になっています。

 Wikipediaも同様のことが言えます。ITに関して興味の薄い人ほどWikipediaの内容を無条件に信用します。たぶんその内容の8割以上は真実だと思いますが、事実誤認に基づくものや意図的に誤ったデータが入っている項目も存在します。さらに一部の項目では対立するグループ同士が自分たちに都合の良い内容を編集し合う事態も多々あります。それらを考慮した上でWikipediaを利用するのが正しい使い方だと思います。

 そしてブリタニカはそういった意味では全て責任を持って書かれています。私たちはそれを見るときに基本的にはお金を払って見るので、当然内容の信用度に期待します。ブリタニカの側も記事の信用性について常に考慮しておく必要があります。

 私はその点を考慮した上でWikipediaを非常に有意義に使っています。簡単な調べものであれば十分ですし、もし記事の内容に間違いがあったとしても誰も責めません。

 これからはソフトウェアに関してもWikipediaのような情報に関してもサポートを金で買うという認識が必要になってくるでしょう。Wikipediaもサポートをつけてお金を出して売るという業者がそのうち現れてくるかもしれませんね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年03月27日 IT トラックバック:- コメント:8

毎度です。
この数年、バブルがはじけて様々なことがありましたよね。薄利多売による過当競争ならいいのですが、「ただ、無料」ということが蔓延しているように思えます。
必要なサービスやモノには正確な対価を支払うということがあまりにも忘れすぎであるように思えます。
偏に大企業が赤字でもまずは中小企業を潰しておいて、その後、ゆっくりと価格調整してゆくという手段をとっているところが多く、オノレでオノレの首を絞めたのでしょう。
特にソフトというモノに対して日本人の無料さという感覚には、あきれるところもあり、それがwinnyなどというモノに繋がっていったのかもしれません。
Wikipediaでも間違っていることは多々あるし、自分で正確さを確認してから使わないととんでもないと思います。

2006年03月27日 テツ URL 編集

> オープンソースには未来を
> 感じていますが、ブリタニカと
> Wikipediaを比較することに
> 間違いがあると思います。

ここの箇所は全くもって同感です。

内容の保障やサポートなどの
サービスに対して正当な価値を
見出して欲しいものです。

一見、方向性が異なっているよう
に見える、何でもお金で買えると
いう発想と何でもタダで当たり前
という発想はどこか似たような
違和感と不快感を感じてなりません。

2006年03月28日 フレア URL 編集

百科事典って、小学生の時には本棚にあったような気がしますが、最近ではいきなり調べたい言葉を検索しちゃいますね。

2006年03月28日 おいどん URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006年03月28日 編集

工作員たちがWIKIをせっせと改ざんしているらしい。それも国会内で。

2006年03月28日 worldwalker URL 編集

うちの彼は全ての知識をWikipediaから得ている。
それはどうかと思うよぉ、とか違うよと反論しても
Wikipediaは辞典だから正しいと一喝。

単純に使うには便利だけど、内容に不安がある時は
必ず二重三重に検索をかけることにしてます。
要は使い方だと思うんですけどね
寄付とか求めてたりするけど・・・
その寄付は本当はどう使われているんだろう?
いまいち、疑問なんですが?

2006年03月29日 つき~というかあや URL 編集

wikipediaは良い参考書ではありますね。いい意味でも悪い意味でも。浅薄なものもあれば、間違っているものもある。深く、正しくしてゆける可能性があるという意味では存在意義はある。リナックスのようなものに早くするには、見識情報だからインセンティヴが必要かもね。

2006年04月02日 不動産と景気・経済 URL 編集

不動産と景気・経済さん、
コメントありがとうございます。
私は混沌とした中から情報を作り出していく今の形がよいと思っています。もし、情報提供の対価としてお金を払ったり、情報をフィルターにかけるようなことがあればWikipediaの存在価値がなくなるのではないかと思います。

2006年04月02日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。