スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

イラクの現状は泥沼?それとも政権安定の過程?

 今日はニューヨークタイムズから記事を紹介します。基本的に記者の考えは入っていないので少々面白みには欠けますが・・・。

 ・Bush Pushes His Defense of Iraq War, Saying It Can Be Won(NYTimes.com)

 By JOHN HOLUSHA
Published: March 21, 2006
Declaring that the war in Iraq can still be won, President Bush continued his effort today to convince the public that the war was necessary and worth the sacrifices involved.

He acknowledged that the war was cutting into the "political capital" that he claimed after his re-election in 2004. "I'd say I'm spending that capital on the war," he said.

During an hourlong televised news conference at the White House, Mr. Bush asserted that terrorist groups still wanted to use Iraq as a safe haven to launch attacks on the United States and that the continuing attacks on American troops and Iraqi security forces were part of an effort to drive the United States out of the country before a stable government could be established.

"If I didn't believe we could succeed, I wouldn't be there," Mr. Bush said. "I wouldn't put those kids there."

Vice President Dick Cheney echoed Mr. Bush's basic themes in remarks to a military audience at Scott Air Force Base in Illinois. "Progress has not come easily, but it has been steady, and we can be confident going forward."

Mr. Cheney said American troops and Iraqi forces trained by Americans "played a vital role in maintaining public order" following the bombing of a Shiite shrine in Samarra last month.

"There is no doubt that the situation in Iraq is still tense," he said.

Mr. Bush acknowledged that the length of the war, now entering its fourth year and the number of American deaths over 2,300, had contributed to his falling approval ratings and made Republican members of Congress nervous as the fall midterm elections approach.

"Nobody likes war, he said. "It creates as sense of uncertainty in the country. War creates trauma."

Mr. Bush once again refused to set any timetable for the full withdrawal of American troops from Iraq, saying any such decision will fall to "future presidents and future governments of Iraq." This seemed to suggest that American forces would be in the country until 2009.

Mr. Bush defended Defense Secretary Donald H. Rumsfeld, even though some critics have called for his resignation, citing his performance in handling the military occupation of Iraq. "I don't believe he should resign. He's done a fine job," he said noting that Mr. Rumsfeld had directed that fighting in Iraq and Afghanistan while reforming the structure of the military.

He denied suggestions that his administration came in office spoiling for a war in the Middle East as a way of stabilizing the region by injecting democracy. "I didn't want a war," he said. "To assume I wanted a war is just flat wrong."

Mr. Bush said he had sent a message to the leaders of Iran not to interfere with events in Iraq. He said the American ambassador to Iraq, Zalmay Khalilzad, had initiated contact with Iranian officials at his instruction.

"He asked whether or no it made sense for him to be able to talk to a representative in Baghdad," Mr. Bush said. "I said absolutely. You make it clear to them that attempts to spread sectarian violence or to maybe move parts that could be used for I.E.D. is unacceptable to the United States."

Roadside bombs known as improvised explosive devices, or I.E.D., have been responsible for many American casualties in Iraq, and there have been charges that insurgents using them were supplied from Iran.

The news conference came a day after Mr. Bush traveled to Cleveland to give a speech and answer questions about the war and other issues. Today, he said, "I can understand how Americas are worried about whether or not we can win."

He said most Americans wanted to see a victory, "but they are concerned about whether or not we can win."

The president again said he did not believe that Iraq was sliding into sectarian civil war, as a former Iraqi prime minister, Ayad Allawi, said over the weekend.

"We all recognized that there is violence, that there is sectarian violence," Mr. Bush said. "But the way I look at the situation is, the Iraqis looked and decided not to go to civil war."

He said an Iraqi government of national unity was in the process of being formed.

Mr. Bush also commented on domestic issues, acknowledging that his plan to revamp Social Security "didn't get done." He said that Congress was reluctant to address an issue of such political sensitivity and that it had to be addressed on a bipartisan basis.

He also rejected suggestions that amnesty be granted to illegal immigrants who have been working in this country for a long time and raised families here. Those people, he said, "have to get in line" to apply for legal status.


 ・ブッシュは勝てると言ってイラクの国防政策を推し進める(日本語訳)

 ブッシュ大統領は、まだイラクにおける戦争は勝利できると宣言し、この戦争は必要であり犠牲を伴ってでも価値があると国民に納得させる努力を続けている。

彼は、2004年大統領選挙の後に必要とした「政治的資産」が減少しているのを認めました。「私はその資産を戦争に費やしている」と彼は言いました。

ホワイトハウスの1時間に及ぶテレビの記者会見の間ブッシュ氏は、テロリストの集団が未だに米軍を攻撃してイラクの安全を脅かし、米軍とイラク治安部隊への攻撃は安定した政府樹立前に米国を追い出そうとする企みの一部だ、と断言しています。

「成功できると信じていないならそこにはいないでしょうし、彼らを置いて行きはしないでしょう。」

ディック・チェイニー副大統領はイリノイ州のスコット空軍基地で軍人の聴衆に対してブッシュ氏の基本的なテーマに基づいて講話しました。「進展は容易ではありません。しかしすでに安定していて前進することに自信を持っています。」

チェイニー氏は先月のサーマッラでのシーア派の神殿の爆撃に「治安維持に決定的な役割を果たした」米軍とイラク軍は米軍によって訓練されていると言いました。

「イラクの状況はまだ緊迫しているという認識に疑問は全くありません。」と彼は言いました。

ブッシュ氏は現在4年目で米国人の死者数2,300以上という戦争の長期化は彼の支持率を低下させ、米国共和党議会の議員達は中間選挙に伴い神経質になっていると認めました。

「だれも戦争が好きでない。戦争は不信感を生み、トラウマを生みます。」

ブッシュ氏はもう一度イラクから米軍の完全撤退に関する計画設定は「イラクの将来の大統領と政府」に影響すると言って拒否しました。このことは2009年まで米軍が駐留すると言うことを示唆しています。

イラクの軍隊駐留に関する彼の実績を元に何人かの評論家が国防長官のドナルド・H.ラムズフェルドの辞職を求めましたが、ブッシュ氏は彼を擁護しました。「彼が辞職するべきではありません、彼は良い仕事をしています。彼は軍事機構の再編に努めつつイラクとアフガニスタンの戦闘を指揮してきました。」

彼は民主主義を注入し地域を安定させるために中東で戦争に突入したのは現政権の失敗だという考えを否定しました。「私は戦争を好みません。私が戦争を好むという仮定は全くの間違いです。」

ブッシュ氏は、イランの指導者達にイラクのイベントを妨害しないようにとメッセージを送り、ザルメイ・ハリルザド在イラク米国大使に彼の指示の下、イラン当局と接触を開始したと表明しました。

彼はバグダッドで代理人と話して合意事項を作っても良いかと聞いてきました。「もちろんです。彼らによる宗派間の紛争を煽る行為やI.E.D.(即席爆発物)として使われる部品を移動させているであろうと言うことは米国にとって容認できないと明確に言明するように」と言いました。

I.E.D.(Improvised Explosive Devices)として知られている道端の爆弾はイラクでの大多数の米軍死傷者の原因となっています。そして、反乱軍の使っているものはイランから供給を受けているという告発がありました。

ブッシュ氏がクリーブランドに出張した翌日に、声明と戦争や他の問題に関する質疑のために記者会見が開かれました。「アメリカ人がどれだけ勝てるかどうかと言うことを心配しているか理解できます。」

「ほとんどのアメリカ人が勝利を見たがっている、しかし、彼らは私たちが勝つことができるかどうか心配しています」

大統領は元イラク首相(Ayad Allawi)が週末に言ったのと同じく、「イラクが宗派の内戦に陥っているとは思っていない」と再び言いました。

「私たちは皆、暴力が宗派の対立があることは認めています。しかし私の状況の見方はイラク人が内戦状態を選ばないであろうと言うことです。」

「イラクの政府による国内の統一はすでに形成される途上にあります。」

また、ブッシュ氏は国内問題に関して、社会保障制度を改革する彼の計画を「なかったこと」と認め、議会がそのような政治的過敏さのある議題を話し合うのは乗り気でなく、両党連立ベースで議論されなければならないと言いました。

また、彼は長い間この国で働き、家族を育てている不法入国者に執行猶予を与えるという提案を拒否しました。「それらの人々は列に並び、法的地位を求める手続きをしなさい」と彼は言いました。


 まあ、ニューヨークタイムズらしいちょっと批判的な記事です。イラクに関して今更撤退するのは意味のないことだと思いますが、かといってイラク国内の状態も無視できません。ブッシュ大統領はイラク国内の状況を誤認させる発言をしていますが、これはもちろん有権者対策であって実際にはかなり憂慮しているはずです。

 イラクのように民族・宗教がモザイクのように組み合わさった国に石油の利権という生々しいものが付け加えられているため、なかなか全てが妥協できるラインは引けないのでしょう。

 そして米国が感じるようにイランが裏で手を引いているというのは大きな問題です。米国は今の経済状態でイランを軍事制裁するのはさすがに厳しいはずですが、テロを根絶させたい米国にとってはイランへの「対話と圧力」(どこかで聞きましたね(笑))は重要課題のはずです。

 米国としては今非常に厳しい状況だと思うのですが、みなさんどうでしょう?
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年03月22日 中東情勢 トラックバック:- コメント:2

WBCに続きおもしろかったです。この問題もアメリカの思惑通りにことがすすまないということになりそうですね。次期大統領に任せるとは...。でもこういった一連の小野沸くが失敗となり、明らかになった場合には、日本の立場も滅多切りにされそうで恐ろしい...。

2006年03月22日 テツ URL 編集

今後のイラクは米国のコントロール抜きでは立ち行かないでしょう。
予想以上にスンニー派残党の抵抗が大きくて苦労しているようですが。

2006年03月23日 worldwalker URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。