スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

イラク首相、現在のイラクを語る

 WBC中に記事を書くのはつらいです(涙)今日もワシントンポストからです。今回はイラクの首相が寄稿していた記事を使いました。

 ・My Vision For Iraq(washingtonpost.com)

By Ibrahim al-Jafari
Monday, March 20, 2006; Page A15

BAGHDAD -- The elections last December in Iraq were a monumental stage in my country's history and a testament to the courage of its people, who refuse to bow to any dictator or terrorist. As the wheels of democracy have begun to turn in Iraq, the people's wishes are becoming clearer and their representatives identified. To this end I am humbled and honored to be chosen by my coalition to lead Iraq's first democratically elected full-term government.

My government's first challenge will be to stifle the terrorism that has plagued our country and defiled the name of Islam. While we are making good progress in expanding and developing Iraq's security services, the war against the terrorists cannot be won by military means alone. It is paramount that all Iraqis work together to build a democratic, free Iraq.

Since I took office, I have sought to bring every community into the political process. I refused to marginalize the Sunni Arabs after the January 2005 election boycott, ensuring they made up over a fifth of the cabinet.

Sidelining Moqtada al-Sadr's group from the Governing Council was a mistake. Had it been integrated into the political process back then, long before the formation of the Mahdi Army, events would have turned out differently in the south. I corrected this policy and brought Sadr's group into the democratic process. This inclusive approach resulted in the huge nationwide turnout for the December elections and a parliament that truly reflects Iraq.

During my term as elected prime minister, Sadr's group has not attacked any coalition troops. Furthermore, Sadr and several Sunni leaders are now catalysts for maintaining the peace in Iraq, calling on their followers not to retaliate against terrorist provocations, which aim to ignite civil war.

Unfortunately, we have suffered setbacks during the past year. The most troubling was the discovery of prisoner torture in an Interior Ministry jail in November. As soon as I learned of these despicable acts I formed an investigative committee made up solely of Sunni leaders, and I await its findings.

The long-term solution to this problem will be multifaceted. We must ensure that all security forces receive proper training and that there is a chain of command that holds commanders and officers responsible for such abuses. In addition, the various militias that fought Saddam Hussein's regime honorably must be fully integrated into Iraq's security forces without concentrating any particular group into any one division. Finally, we need to strengthen the country's nascent judiciary, which suffered years of coercion and corruption under the former regime, to guarantee its independence and impartiality.

The other major challenge my government will face is reviving Iraq's economy. Iraq has been drowned by decades of Baathist socialist policies that have made millions reliant on government handouts. We must encourage entrepreneurship and enterprise, while establishing adequate safety nets for the less privileged.

Economic rehabilitation also requires some tough and unpopular changes, such as the reduction in government subsidies for gasoline that my administration began a few months ago. Such steps can be made only by a popular government that has the trust of the people. My administration has the political capital to be able to bring about these necessary changes.

Ultimately, I will work to secure the reality of a democratic, liberal, peaceful Iraq -- a beacon for freedom in the Middle East. This is not merely a wish but an article of faith. Having lived in London for the majority of my years in exile, I appreciate the importance of liberty for both guaranteeing democracy and ensuring human development.

I am hopeful that with Iraqi determination, and the support of the multinational force, we can defeat the terrorists and make Iraq the first democratic Arab country. I believe in working toward a peaceful, stable and nuclear-free Middle East, where Iraq is not the rogue state that it was under the previous regime.

The road ahead will be tough, but the Iraqi people have demonstrated their bravery, determination and resolve. The world should not falter at such a crucial stage in history.

The writer is prime minister of Iraq.



 ・私のイラクへの展望(日本語訳)

 バグダッド--去年12月のイラクの選挙は、歴史上重要な位置にあり、独裁者やテロリストを拒否する国民にとって勇気の証明でした。民主主義の車輪がイラクで回転し始めたとき、人々の願いは明らかになり、彼ら国民に選出された議員達はその願いに気付きました。この選挙が終わり、イラクを最初の民主的政府に導いてくれた国々に対して光栄に思います。

政府の最初の挑戦は、我が国を苦しめイスラムの名を汚したテロの沈静化でしょう。イラクの治安部隊を広域に展開し充実させても、軍事力だけでテロリストに勝つことは出来ません。すべてのイラク人が民主的で、自由なイラクを造るために尽くすのが一番です。

就任して以来、私はあらゆる勢力を政治のプロセスに呼び込もうとしました。2005年1月の選挙ボイコットの後、スンニ派アラブ人を除いて組閣するのを阻止し、彼らを内閣の5分の1以上に取り込みました。

政府運営評議会からムクダター・サドルのグループを除いたのは失敗でした。それがマハディ軍の構成のずっと前から政治勢力として存在しており、南部では軍とは別に集会を行っていました。私は、この方針を修正し、サドルのグループを民主プロセスに組み込みました。この包括的なアプローチにより、12月の選挙での多くの国家的投票者数を出し、本当のイラクを反映する議会をもたらしました。

私が首相として選出された期間、サドル派はどこの多国籍軍も攻撃していません。その上現在サドル派と数人のスンニ派の指導者がテロリスト挑発に報復しないように呼びかけ、イラクの治安を維持するための重要な存在になっています。

残念ながら、私の内閣は昨年苦い経験をしました。最も厄介だったのは11月の内務省刑務所での囚人拷問の発見でした。これらの卑劣な行為を知るとすぐにスンニ派指導者のみで構成された調査委員会を作り、調査結果を待っています。

この問題に関する長期的解決方法は色々あるでしょう。すべての治安部隊に適切な訓練を受けさせ、指揮官と将校に指揮の乱用を阻止する系統を作らなければなりません。さらに、サダム・フセインの政権と戦った様々な民兵の特定のグループをひとつの組織として存在させず、全てをイラクの保安部隊として完全に統合しなければなりません。最終的に、私たちは、前政権下で何年もの強制と不正を受けた司法権を強化し、その独立と公平を保証する必要があります。

政府が直面するもう一方の主要な難局はイラク経済の再生です。イラクは何十年間も政府の援助に頼るバース党の社会主義的な政治のおかげで弱体化しました。私たちは企業家と企業を奨励し、特権がないように適切なセーフティ・ネットを構築しなければなりません。

経済復興は、私の政権が数カ月前に始めたガソリンのための国庫補助の減少などのようにさらに厳しく不評な変化を必要とします。このようなステップは国民の信用を持つ政府にこそ可能です。私の政権には変化を起こすのに必要な政治的後ろ盾があります。

最終的に私は中東の自由の道しるべである「民主的・寛容・平和なイラクの現実」を保証するために働くつもりです。これは単なる願望ではなく信条です。 亡命で人生の大半をロンドンで過ごして私は民主主義を保証し人間の発達を確実にする自由と言うものの重要性に感謝しています。

イラクの決断および多国籍軍の支援によって、我々はテロリストを破りイラクを最初の民主的なアラブの国にすることができるのを期待しています。私はかつての政権下のような無法国家でなく、平和で安定し核兵器のない中東に向かって働くことを信条にしています。

道は険しいですが、イラクの人々は勇気・決断・解決を示しています。世界は歴史上そのような正念場でためらうべきではありません。

この記事の作者はイラクのジャアファリ首相です。


 うーん、この人が書いているほどイラクの治安は回復していないと思います。さらにこの人自体が次の政権での地位が怪しくなってきているくらいですからこの記事自体の内容はよく注意してみるべきでしょう。はっきり言えば宣伝ともとれます。

 私は美しい言葉で飾らなければならない現実は、「そんな言葉が必要なほど正反対な状況」にあると思っています。この場合もイラクがそんな状況を乗り切っていたならこんな言葉はいらないはずですから。

 関係ない話かもしれませんが、日本の周辺で「我が国の国防費の詳細は透明化されている」と言い切る言葉にも似たようなところがあると思いますね。

 それはともかくイラクの情勢は「治安が不安定」と言う状況のまま安定しているようです。

 追記:書いたあとで思ったのですが、周辺国の話とイラクの首相の話は「美しい言葉で飾らなければならないことは、本当は正反対な状況」と言う点だけで一致しているだけで、イラクの首相を過小評価しているわけではありません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年03月21日 中東情勢 トラックバック:- コメント:1

イラクの中では少数のスンニー派とフセインがイラクのあらゆるものを牛耳っていたんだから実際民衆の恨みはすごかったでしょう。今は掃討されたスンニー派の抵抗がかなり激しい。

2006年03月22日 worldwalker URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。