スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

キッズgooサーチは言論統制なのか?

 「mumurブルログ」さんのところや「アジアの真実」さんのところで紹介している「キッズgooサーチ」について私も気になったので調べてみました。  まずは自分のブログを検索結果に表示させるため、ブログ名を検索してみました。

 その結果ですが、

 「 新聞記事・ニュース批評@ブログ 」の

検索結果 を 278 件発見!


 うーん、少ないながらも検索結果には表示されているようです。しかも一番最初には自分のブログが出ています。それでは次にリンク先に行ってみます。

 「ごめんね。ページがひょうじできません

でした。」



キッズgoo上では、検索結果からジャンプするページを表示する際、プログラムにより表示を制御(フィルタリング)しています。このため、ページによっては、キッズgoo上で表示されない場合がございますのでご了承ください。
→フィルタリングについて


 ガクッときましたね(笑)フィルタリングの前に「URLリスト」で排除されているところもあるようですが、そのような事態にはなっていませんでした。(まあ、こんな中小のブログがリストにはいるわけはないですが)しかし、フィルタリングされてしまったのはなぜなんでしょう?別に子供が読んでも恥ずかしくない内容を書いているつもりですが、何がいけないのでしょう?

 ちなみにキッズgooの機能の概要には以下のように書かれています。

 1. 安全の確保
子どもたちに少しでも安心してインターネットを活用して欲しいという趣旨から、キッズgooサーチではプログラムによる自動フィルタリング機能を取り入れております。これにより、子ども向けのサイトだけでなく、幅広いサイトを検索対象とし、子どもたちが閲覧できるようになっております。
実際には、43億ページを対象に、私どもが安全であり見せたいと考えるサイトを中心に表示できるよう「URLリスト」を用いて実用性を担保した上で、「キッズgoo」以外のページにジャンプする瞬間にもう一度、このフィルタリング技術を適用しております。
2. わかりやすいインタフェース
教育の最前線の先生方やユーザインタビューの結果を反映し、子どもが直感的に使いこなせる、子どもにやさしいユーザインタフェースを実現しました。
3. 国内最大規模(だから、実用的)
gooと同一の、国内最大規模のWWWデータベース(43億URL)が検索対象です。
4. 漢字⇔ひらがな変換機能
「漢字ひらがな変換機能」を搭載しました。サーチ結果 やコンテンツに含まれる漢字表記に、ふりがなを振ることができる機能です。子どもの読解能力に応じて、「ふりがななし」「ふりがなあり」を選択できます。「キッズgooサーチ」を使って検索すれば、子どもたち自身の力で読むことができるサイトが増えます。
(※ふりがな付与ができるのはブラウザがIE5.0以上の場合のみです。それ以外のブラウザでは、漢字の横に()カッコ書きでよみがなが表示されます。)
5. 国内最大のディレクトリ、「ジャンル別サーチ」
子ども向けサイトを、新たに収集⇒厳選⇒分類しました。【とっておき】ジャンルでは、「ひみつシリーズ」「しくみシリーズ」「ふしぎシリーズ」など、子どもの知的好奇心を刺激するサイトを幅広く用意しています。
6. コンテンツ
コンテンツは、5つのジャンルで提供します。オリジナル漫画やペーパークラフトのダウンロード、ゲーム性の高いコンテンツ、クイズやパズルなど、子どもの心を捕らえる様々な仕掛けを満載してメッセージを伝えます。



 とりあえず一番が問題になりますね。これが「思想統制」であるかどうかはまだ深く調べていないので分かりません(最初に紹介した2つの大手ブログでは数件紹介しています)。しかし、まず言いたいのはフィルタリングの内容をもう少しはっきりさせていただきたいです。その上で駄目なものかどうか判断したいと思います。

 追記:私が相互リンクしているブログの方の検索も勝手にやってみましたが駄目でした。(まだ全部はやっていませんが、ほとんど駄目です)
 もしかしたらブログ自体がフィルタリングの対象になっているのかもしれません。このあたりは引き続き調べます。

 追記2:色々とブログを調べているのですが、軒並みフィルタリングに引っかかります。やっぱりブログ全体をフィルタリングしているのかと思うと「A day in the life of Nagoya」さんのこの記事にブログでもフィルタリングに引っかからないものがあったそうです。どうも基準がイマイチ分かりませんが、何となく思想で選別しているのではないような気がします。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年03月18日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

オレんとこもダメだわ。
有害か? 
人畜無害だと思うんだが(笑)
http://ameblo.jp/worldwalker2/

2006年03月18日 worldwalker URL 編集

少なくとも人畜無害ではないでしょうね(笑)
捏造記事を作る韓国人にとっては有害でしょう(笑)

2006年03月19日 さいごう URL 編集

うちもアクセス解析を見た記憶では
以前、キッズgooからのアクセスを
見たことがありますが、今回
調べて見たらダメっぽいです。

gooのblogなら通るのでしょうかね(笑)

2006年03月19日 フレア URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。