スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

次期Windowsは「Windows Vista」に

「Longhorn」改め「Windows Vista」、次世代Windowsの正式名称が発表(gooニュース)

 米Microsoftは7月22日(現地時間)、開発コードネーム「Longhorn」と呼ばれていた次期Windowsの正式名称を「Windows Vista」としたことを発表しました。このWindowsは2006年にもリリースされる予定です。

 現在MicrosoftのWebサイトにはWindwos Vistaの専用ページが加えられており、カップルらしき男女のシルエットが霧の深い山上で遠くを見つめている画像が掲載されています。

 Windows Vistaの名称に採用された「Vista」は、goo辞書で調べてみると、「見通し」、「眺望」、「町並」、「予想」、「展望」、「回想」などの意味がありました。たぶん、WindowsXPで得られた経験(eXPerience)の上に新しい展望が開けるという意味で名付けたんではないでしょうか。

 Windows Vistaは、WinFxという今は.NET Frameworkを元にしたAPIを使うことになっています。そのため、最新のWinFXのために書かれたプログラムはXPを含めた今までのWindowsでは動きませんし、どの程度互換性を持たせるのかも分かりません。また、画面描画機構「Avalon」、そして非同期通信機能「Indigo」を新機能として追加しますが、WinFXの搭載に比べるとインパクトは薄いですね。

 ただ、前前から言われていた新ファイル・システム「WinFS」の搭載は今回見送られることが決定しています。

 こうやって見てみると、Windows Vistaは機能的に見て更に次のWindowsに向けた途中経過のように見えなくもないです。この新しいWindowsをMicrosoftがどのようにして売っていくかが見ものですね。
スポンサーサイト

2005年07月24日 IT トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。