スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

イスラエルの近況について

 昨日はダイアルアップが急に切断され、記事が消えてしまいましたが今日は大丈夫です(笑)

 今日もまたしてもワシントンポストからです。イスラエルはもうすぐ選挙を控えていますが、その件に関しての社説です。

 ・Israel's West Bank Choice(washingtonpost.com)
Wednesday, March 15, 2006; Page A18


THE GOOD NEWS about Israel's election campaign is that it has become a clear referendum on whether Israel should unilaterally withdraw from up to 90 percent of the occupied West Bank and evacuate thousands of Jewish settlers -- and that the parties favoring this "disengagement" are leading. For decades the issue of whether to yield or keep occupied territory has been obscured in Israeli politics by debates over how to respond to terrorism, or whether Palestinian partners in the "peace process" can be trusted. The winner of the past two elections, the now-disabled Prime Minister Ariel Sharon, was deliberately vague about his plans for the West Bank, saying only that "painful compromises" might be necessary.

Now his successor, acting Prime Minister Ehud Olmert, has courageously laid out a specific plan to redraw Israel's borders. In interviews last weekend, he said he would rapidly complete the system of fences and walls Israel is constructing near its boundary with the West Bank and, within four years, retreat behind it, effectively annexing most of Jerusalem and the largest blocs of settlements but dismantling those that lie beyond the fence. Though the plan falls short of the territorial concessions Israel once offered in negotiations with Palestinians, it mandates a giant practical step toward the creation of side-by-side Jewish and Arab states.

Mr. Olmert's principal opponent, former prime minister Binyamin Netanyahu, is saying with equal clarity that Israel should not carry out such a unilateral withdrawal. "The question today is who will cede territory and who will hold on to territory," he said recently. That's as black-and-white a choice as an electorate could wish for. And so far, polls are showing that Mr. Olmert's Kadima party will finish first in the March 28 vote by a wide margin, while Mr. Netanyahu's Likud party may win fewer than 10 percent of the seats in parliament.

Israeli elections, however, are notoriously unpredictable: Kadima's support has been slowly but steadily eroding since Mr. Sharon was disabled by a stroke early this year, and recent polls have shown a rising number of undecided voters. So it's not surprising that Mr. Olmert would have ordered yesterday's sensational raid on a Palestinian prison in the West Bank, in which Israeli forces captured six militants accused of murdering a right-wing Israeli minister in 2001. True, Palestinian leaders invited the intervention by suggesting that the ringleader of the group would soon be freed, and U.S. and British monitors withdrew from the prison minutes before the raid, reportedly because of their own objections to security arrangements. But this was an act tailored for Israeli voters, some of whom will be as pleased by the predictable expressions of Palestinian and international outrage as they are by the roundup of bad guys.

The Bush administration is wisely keeping a low profile as it watches these electoral and military adventures. Once a new government is formed, however, President Bush may find that the West Bank offers one of his greatest remaining foreign policy opportunities. If elected, Mr. Olmert will certainly depend on U.S. support for his withdrawal plan, and so the administration will have an important opportunity to press for adjustments that could make possible the eventual creation of a stable Palestinian state. In the meantime, it's not necessary to accept the details of Mr. Olmert's platform, or condone preelection military raids, in order to hope that Israelis will choose the course he has put forward.



 ・イスラエルのヨルダン川西岸地区に関する選択(日本語訳)

2006年3月15日水曜日ページA18

イスラエルの選挙キャンペーンに関する良い知らせは、90パーセント以上が占領されているヨルダン川西岸地区からイスラエルが一方的に撤退し、何千人ものユダヤ人移住者を移住させるべきかが国民投票になり、「撤退」の賛成派がリードしていることです。何十年間もイスラエルの政治は、テロリズムにどうやって応じていくか、「和平プロセス」におけるパレスチナ人パートナーは信用に足るかという議論によって、占領された土地を譲るのか維持するのかどうかという議論が隠れて来ていました。過去二回の選挙の勝者(現在重体であるアリエル・シャロン首相)は「苦痛な妥協」が必要だとだけ言ってヨルダン川西岸地区に関する計画は故意に曖昧のままでした。

今彼の後継者(エフード・オルメルト首相代理)は勇敢にもイスラエルの境界線を引き直す計画を披露しました。先週末の会見で彼はフェンスの外にいる移住者を取り除く一方で、事実上エルサレムの大部分と移民の大部分を占領するため、ヨルダン川西岸地区の境界線近くにイスラエルが建築しているフェンスと壁を急いで完成させると言いました。その計画はイスラエルがかつてパレスチナ人との交渉で譲歩して提供するはずだった部分より下回っていますが、その提案はユダヤ人とアラブ人それぞれの国家建設にとって大きく実用的な一歩となります。

オルメルト氏の主要な対立候補ベンヤミン・ネタニヤフ元首相は、明確にイスラエルがそのような一方的な撤退を実行するべきでないと言っています。 「今回の問題(争点?)はだれが領土を割譲し、そして、だれが領土をしっかりと維持するかということです。」と彼は最近言っています。それは選挙民がような白黒の選択です。そして、今までのところ世論調査では、3月28日の投票でオルメルト氏の与党カディマが大勝し、その一方でネタニヤフ氏の野党リクードは議会で議席の10パーセント未満しか得られないとする結果が表れています。

しかしながら、イスラエルの選挙は周知のように予測できません。シャロン氏が今年早々脳出血で重体になって以来、カディマの支持はゆっくりですが着実に減少しています。そして最近の世論調査ではまだ決めていない有権者が激増しました。したがって、オルメルト氏が昨日ヨルダン川西岸地区の扇情的なパレスチナ人刑務所の襲撃(イスラエル軍が2001年に右翼のイスラエル閣僚を殺害し起訴された6人の過激派を捕らえた件)を命令したのは驚くべきものではありません。本来、パレスチナのリーダーはグループの首謀者がすぐ解放されように調停を求め、米国と英国の監視員は安全協定に破り襲撃の数分前に刑務所から撤退しました。しかし、これは(悪ガキの集まりと同じような)パレスチナ人と国際的な予測できる怒りに喜びを感じるであろうイスラエルの有権者達のに合わせたものでした。

ブッシュ政権はこれらの選挙と軍事的冒険を見て賢明にも反応を出していません。しかしブッシュ大統領は新政府が出来上がれば、ヨルダン川西岸地区が彼の外交政策の中で大きな功績のひとつになるかもしれません。もし(オルメルト氏が)選出されるなら、彼は確実に撤退計画に対して米国のサポートを必要とするでしょうし、ブッシュ政権は安定したパレスチナ国家創設を可能にする調整を求める重要な機会を持つことが出来るでしょう。まずはイスラエル人がオルメルト氏の進めたコースを選ぶのを望むのであれば、彼の公約の詳細を受け入れ選挙前の襲撃を容認するのは必要ありません。


 一応補足のためですが、記事中に出てきた襲撃事件の新聞記事(日本語版)を掲載しておきます。

 ・イスラエル与党、優位に パレスチナの対立深まる(共同通信)

 【エルサレム15日共同】イスラエル軍がパレスチナ刑務所包囲作戦で、パレスチナ解放人民戦線(PFLP)のサアダト議長らの早期拘束に成功したことで、イスラエルのシャロン首相の与党カディマを率いるオルメルト首相代行は下旬の総選挙に向け治安面で得点を挙げ、優位な立場を強めた。
 パレスチナ側では、アッバス自治政府議長の支持基盤のパレスチナ解放機構(PLO)主流派ファタハと、イスラム原理主義組織ハマスの対立がさらに深まる兆しが出ている。
 イスラエル観光相暗殺の首謀者とされるサアダト議長は、米国などの調停でパレスチナ刑務所に収容されていたが、イスラエルでは自国で裁判にかけるべきだとの強い不満がくすぶっていた。


 とりあえず中東和平に関しては与党に勝ってもらわないと進展しないと思います。その上で米国はイスラエルに対して貸しを作っておこうというのでしょうね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年03月16日 中東情勢 トラックバック:- コメント:1

>>昨日はダイアルアップが急に切断され、記事が消えてしまいました...

オフラインで作成、保存してからつないだ方がいいでしょうね。

昔、落合信彦氏のモサドの本を読んで、すごい情報機関があるもんだと目を丸くしました (@_@;)

2006年03月17日 worldwalker URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。