スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

首相も官房長官もご乱心か?

 首相と官房長官が「Winnyを使わない方が良い」、こんなことを国民に呼びかけるのは愚の骨頂としか言いようがありません。

 ・ウィニー使わない方がいい 首相、情報管理呼び掛け(産経新聞)

 小泉純一郎首相は15日夜、政府がファイル交換ソフト「ウィニー」を使用しないよう国民に呼び掛けたことに関し「情報管理については注意してもらわないと(いけない)。その(データ流出の)危険性があるなら使わない方がいい」と述べ、国民に協力を求める考えを示した。

 ウィニー使用の法規制の必要性については「専門家の間で検討してほしい」と述べるにとどめた。さらに、2月に発覚した海上自衛隊のデータ流出に関し、海自の管理態勢を「よく点検してほしい」と強調した。官邸で記者団の質問に答えた。

 安倍晋三官房長官も同日午後の記者会見で「(ウィニーを通じた)機密の漏えいを非常に深刻に受け止めている。国益にとっても大きな問題で、国民生活にも悪い影響を及ぼしていく可能性がある」と強調した。

 安倍氏はこの問題に政府全体として取り組み始めたきっかけは、海自のデータ流出であることを明らかにした。



 ・安部官房長官が国民に異例の呼びかけ--「パソコンでWinnyを使わない」(CNET Japan)

 「情報漏えいを防ぐ最も確実な対策は、パソコンでWinnyを使わないこと」--。「Winny」を介した情報流出事件が頻発する中で、安部晋三内閣官房長官が3月15日の記者会見でWinny使用について、国民に注意を呼びかけている。政府高官がこうした発言をするのは異例の事態だ。

 安部官房長官は、Winnyを経由した情報漏えいについて「政府機関として再発防止のための対策を進めており、重要インフラ事業者に対しても所轄省庁を通じて注意喚起をする」ともコメントしている。

 安部氏の発言を受け、内閣官房情報セキュリティーセンター(NISC)でも、地方公共団体を含むインフラ事業者や国民に対しての注意を喚起している。

 NISCではWinnyで流通するファイルは誰が作成したのかもわからないファイルであり、悪意のある者がWinny経由で感染するウイルス「Antinny」を紛れこませることは簡単なため、ファイルの実行は非常に危険だと説明する。

 また、最新のウイルス対策ソフトやOSを使用していても、Antinnyには亜種が多く、最新のウイルス対策ソフトが対応していないも数多くあるほか、AntinnyはOSのセキュリティホールと関係なく感染する。そのため、確実にAntinnyに感染していないと言えるようにするには、OSをクリーンインストールする必要があるとした。

 さらに、家族と共同でPCを使用している場合、自分がWinnyを使用していなくても家族がWinnyを使用していないか確認するようにするなど、対策を呼びかけている。


 首相や官房長官の真意を聞いたわけではないのですが、こんなことを言うようでは政治家としての技量を疑います。

 世の中では信じられない速度でネットワークへの依存度が高まっています。一昔前までは携帯電話すらなく、その携帯電話にメール機能が付加されたのも十年弱というちょっと前の時代です。インターネットの普及は携帯電話の普及と同程度の昔でしょうが、PCが一人に1台になり、家庭でのブロードバンドが当たり前という時代になったのはつい数年前ではないかと思います。

 これからインターネットはどうなっていくかを考えたときに「明るい未来」(すなわち今よりより多くの機能が実現され、より多くの活躍の場を与えられる)を想像する人は多くても、逆を想像する人は少ないでしょう。

 そしてそのインターネットの未来を考えたとき、ファイルの共有は乗り越えていかなければならない課題です。どの程度のセキュリティを保証するのか、どこまで不特定多数とのファイル交換を実現させるか、こうした問題は今避けることが可能だったとしてもまた出てくる問題です。

 色々なサイトでWinnyのことを例えを使って説明しています。私はそのような例えはともかくとしてWinnyは単なる道具でしかないと思っています。その道具を使わないようにするのではなく、危険を排除する方向に進むのが本来のあり方であると思います。

 政治家の語る言葉に未来を感じられなければその政治家は信頼できません。これが私の持つ唯一の「政治家に対する指標」です。そう言った意味で首相と官房長官の言葉には未来が感じられなかったです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年03月16日 政治 トラックバック:- コメント:6

私事ですが、個人的に使うPCと仕事(自営なので)PCは当然のようにわけています。モノや仕組みはこの先どんどん便利になっていくでしょう。その時必要になるのが、クルマで言うところの運転マナーではないでしょうか。
仕事場にマイPCを持ち込む、仕事を持ち帰らないと間に合わないからデータを持ち帰って自宅PCで終わらせる…といった事をするときにユーザーはWinnyをインストールしてあればこんな事態になるリスクを当然わかっていたはず。
だから「仕事で使う事が考えられるPCにはWinnyのようなリスクのあるプログラムは入れないほうが良いに決まっている」というには自分には正論と思えます。

2006年03月16日 あきら URL 編集

単純に「首相や官房長官まで「使わない方がいい」なんて言うソフトなら、使わない方がいいんだな」と鵜呑みに出来る人間には、きわめて有効な警告だと思いますよ。
逆に「そんなこと言っても、便利だし使いたい」と思うような人間は、ちゃんとした知識を持ってるんじゃないでしょうか?

まあぶっちゃけ、首相と官房長官の発言は「馬鹿はWinnyを使うな」という意味にとらえればいいかと。

2006年03月16日 you URL 編集

 使わない奴は最初から使わないし、使う奴は誰がなんと言うと使う。
 それだけの話。
首相や官房長官が言ったから使わないと言う奴は脳味噌腐ってる気がする。
 自分で考えろ。それが『人間』。
考えない奴は『奴隷』か『都合のいい道具』と言われても仕方がない。
 これを機会に自分で考える事をお奨めする。

 故に発言自体に意味が、効力がない。

2006年03月16日 どらっへ URL 編集

結局、たいした知識もなく使う人間が、警察とか自衛隊とかに多かったということでしょうか。
しかし、お役所の情報管理に対するあのモラルの低さは・・・

Winnyであろうがなかろうが、機密情報を外部媒体に移して持ち出した時点で、紛失だってあるし、盗難だってあるわけで。
なんの根本的解決もできないものなのでしょうか。

2006年03月16日 はにゎ URL 編集

自己責任なのに、未熟な知識で使って結果的に被害に遭う人たち(笑)

あんまり知識も無いのに公的に発言する政府関係者 _| ̄|○

どっちもダメだね。

2006年03月17日 worldwalker URL 編集

大手のウイルス対策ソフトを入れておいても被害にあう可能性はゼロではないですね。パターンファイルは頻繁に更新されてはいますが、確実に新種をひっかけてくれる保証はないし。

2006年03月17日 おいどん URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。