スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Winny自体が悪なのか、感染する人が悪なのか?

 この問題は非常に難しいです。一概にどこが悪いという結論を出すことは難しいと思いますが、今回のWinny制作者の発言は示唆的です。

 ・「Winnyは悪くない。悪いのはウイルスであり、感染する人だ」--開発者の金子氏(CNET Japan)

 著作権法違反ほう助の罪で公判中のWinny(ウィニー)開発者、金子勇氏は3月11日、NPO法人ソフトウェア技術者連盟(LSE)大阪セミナーの席で会見を行い、「Winnyは技術検証のために開発したもので、ウイルスによる情報漏えいは予想外の事件」と語った。

 この日のセミナータイトルは、「実践プログラミング講座 ~Winnyの技術とその到達点」。前半は金子氏の会見が中心。後半で金子氏がWinny技術について語り、弁護士が情報漏洩対策について講演した。


情報漏えい対策など「Winnyを良くするアイデアはあるが、身動きが取れない」と語る金子勇氏
 最近になり数多く報道される、Winnyによる公文書などの情報漏えい事件の報道について、弁護側は「Winnyは優れたソフトウェア。最近、Winnyそのものがウイルスであるかのように報じられているが、Winnyの機能を理解した上で報道してほしい」と語った。

 金子氏も「ウイルスによる情報漏えいは残念で、私にとって予想外の事件だ。問題なのはWinnyではなく、ウイルスを作った人、ネットワーク上に流す人、そして感染する人」と話す。情報を漏えいさせないためには、「PCを共有しないこと、(データを)家に持って帰らないこと、悪質なプログラムを実行しないこと、そしてWinnyを理解できない人は使わないこと」が有効と述べた。

 金子氏は、Winnyを改良し、情報漏えいを防ぐことも技術的には可能と主張する。しかしながら同氏は、Winnyを200回以上バージョンアップしたことが問題視され、著作権法違反ほう助で起訴された原因のひとつになったとして、今後Winnyの改良を行わないことを警察側に誓約したという。そのため、「対策すると、バージョンアップになってしまう。Winnyをより良くするアイデアはあるが、今は身動きが取れない」と語った。


 少なくとも言えるのは、「Winny自体はただのファイル共有ソフトウェアで、ウィルスやワームなどを作成した人が悪いのだ」と言う事実だけです。

 ところで、結果的にファイル共有ソフトを利用してウィルスの拡散は非常に多く日常茶飯事になっています。多分exe形式のファイルは半分以上がウィルスに感染していると言っても良いのではないでしょうか。

 しかし、それをもってファイル共有ソフトが悪だと断言することは出来るでしょうか。私はそのような断罪行為に対して不当なものだと思わざるを得ません。もしファイルを共有するという行為が不当なものと判断されるとしたらインターネットというもの自体の存在意義が問われることになります。ご存じの通りインターネットには匿名の部分多くあります。なぜインターネットが普及したかについてここで議論するつもりはありませんが、不特定多数に自己の著作物を知らしめる能力が非常に優れているからこそ今の発達があるのは疑問の余地がないことがと思います。しかし、不特定多数に知らしめるということは知る側にとって見れば匿名の存在との関係を持つことになります。その人を信用できるかどうかは完全に知る側に責任があるのは当然の成り行きでしょう。

 そう考えれば、ウィルスを受信してしまったとしてもそれは受信者の責任になるはずです。いつの時代も便利なものはそれに伴うリスクを甘受しなくてはなりません。それが今のインターネットには欠けているのではないでしょうか。

 そろそろ「インターネットは便利なもの」という短絡的な発想をやめたらどうでしょう。確かにインターネットは便利なものです。しかし、手段である以上そこに有用な情報もあれば危険な情報もあるわけで、それぞれ自分の責任において使用するという単純な理屈を一人一人がよく考える必要があるでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年03月13日 IT トラックバック:- コメント:5

こんにちは。

P2P爆発の先駆的なものを悪とするなら、何が善?使う人の使用方法だけであり、それにつきると思います。極論で言えば、包丁は料理に使うといいですが、人殺しに使うと?ってなりますからね。

2006年03月13日 テツ URL 編集

winnnyで落とした後にファイルの中身を検証するソフトがあるんだよね。それを使っていればそんな目に会うことはないのにねえ...

2006年03月13日 worldwalker URL 編集

 両方、バカタレ。
 元々、教師がパチンコ中とかに通信簿盗まれたりする国。
 少しは意識しろよ。
情報社会なのに。orz

 家に情報持ち帰るな。家で仕事するな。(極端だけどね)

2006年03月13日 どらっへ URL 編集

どんな道具だって、使い方を間違えれば(あるいは正しい使用法を無視すれば)問題が起こるのは当たり前。
刺殺事件が起こるたびに「刃物の販売を禁止しろ」と言うか?
撲殺事件が起きるたびに「バットの販売を中止しろ」と言うか?
問題があるのは利用する側であって、道具じゃない。

つうかこの問題って、善悪の問題じゃなくてセキュリティーに関する知識レベルの問題じゃないか?
Winnyで情報を漏らす程度の奴は、絶対他のウィルスやトロイに感染してるって。
キンタマ対策なんて、他のウィルス対策よりも楽でしょ?
アーカイブは解凍する前にチェックする。.exeファイルは実行する前にチェックする。
こんなの、セキュリティーの基本じゃん。

それに、Winnyが無くても、情報は漏洩すると思うね。
情報がほしければ、パソコンごと盗んじゃえばいいんだから。
実際、顧客名簿が入ったノートPCを紛失した例もあるし。

結局の所、情報漏洩なんてのはヒューマンエラーにすぎないわけですよ。
P2Pソフトがどうこう言う前に、初心者向けセキュリティー対策講習会でも受けたら? って思いますけどね。

2006年03月14日 you URL 編集

nyのウィルスを無料で駆除するワクチンを無料配布している企業があるようです。
おっしゃるとおり、P2の可能性を閉じるような叩き方には、反対です。

2006年03月14日 super_x URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。