スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国の国防費についてどう見るか

 中国の国防費に付いて日本国内では脅威の根拠とする論調が大きいです。3月5日付産経新聞で2006年の国防予算がまた二桁の伸びを記録したことが報道されています。多少遅くなったのですがこの中国の国防予算について若干書いてみたいと思います。  まずは産経新聞の記事ですが、

 ・中国、国防予算14.7%増、4兆円超 18年連続2ケタ成長(産経新聞)

 【北京=野口東秀】中国の第十期全国人民代表大会(全人代=国会)第四回会議を前に、姜恩柱報道官が四日記者会見し、二〇〇六年の国防予算が前年実績比14・7%増の二千八百三十八億元(約四兆千百億円)になることを明らかにした。十八年連続の二ケタ成長(当初予算比ベース)で、「中国脅威論」に拍車をかけそうだ。五日開幕の全人代で提案、審議される。

 国防費は、前年当初予算比では14・5%の伸び。財政支出に占める割合は7・4%とほぼ例年並みだが、実績比は〇五年の伸び率12・6%と比べ高い伸び率を示した。

 姜報道官は国防費の伸びについて、▽軍人の給料・福利の増加▽国際的な石油価格上昇による軍用燃料費の増加▽人材確保への投資増▽(戦闘能力向上のための)一部装備関連経費の増加-の四点を理由に挙げた。

 中国は海空兵力の近代化を急速に進めるなかで、優れた人材の確保や教育・訓練を強化しており、国防費増の要因の一つになっている。この背景には、東アジアにおける日米安保協力の強化や米軍の太平洋戦力の増強に対抗すべしとの軍部からの圧力がある。また、胡錦濤政権は、台湾の陳水扁政権の「独立」志向を牽制(けんせい)する上で、国防力の増強は不可欠としており、米国などからの「中国脅威論」には「内政干渉」との立場をとっている。

 姜報道官は、昨年の国防費の国内総生産(GDP)に占める割合は、1・36%で、米国の3・6%などと比べ、「世界的にも低水準」と強調したが、弾道ミサイルや空・海軍の兵器調達費は科学研究費に計上されており、「実際の軍事費は公表額の二、三倍に達し、米露に次ぐ軍事大国」(米国防総省報告)とみられている。


 この二桁成長というのがあまり想像できない人のために日本の防衛費と比較してみますと、日本は平成8年から四兆八千億円から四兆九千億円の間を推移しています。伸び率で言えばプラスマイナス5%以内と言うところでしょうか(マイナスもあることに注意)。ちなみに安保理事国の国防費の状況は以下の参照の通りです。

 ・「各国国防費の推移」(平成15年度防衛白書より)

 米国の国防費の伸びはアフガニスタン、イラクへの戦費がかさんでいることが容易に想像できますが、ロシア・中国の国防費の伸びはいかに大きいか分かると思います。

 さらに中国は自国の国防費の伸びについて、「国防費の増額は、国家の安全と領土の(防衛の)ためのもので、いかなる国の脅威になるものでもなく、まして世界及び地域の安全に挑戦するものではない」であるとか、「国防費の伸びは適度なもので、主に軍人の給料や福利厚生に充てられている」などとして脅威にはならないことを強調しています。
 参照記事:「中国「軍縮白書」発表、「国防予算は透明」」(中国情報局)
     :「軍幹部が国防費の増額を主張「脅威にはならない」」(中国情報局)

 しかし本当にそうでしょうか。中国のインフレ率は約5%前後で推移しています。そのまま人件費に転嫁することは出来ませんが、この5%の約3倍も国防費が伸びている理由にはならないのは明白です。さらに福利厚生について充実しているのならその証拠についてアピールしなければ周辺国の誤解は解けないでしょう。

 ちなみに日本の方が国防費(防衛費)が未だに高いという現状があり、そこを中国は指摘しますが、このペースで成長が進めば来年には国防費(防衛費)が日本と同程度になることは明白です。

 今回は中国の武力行使の事例や武器輸出の状況についてエントリには書きませんでしたが、中国はいかに脅威であるかについてまたの機会にエントリにしたいと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年03月05日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

中国共産党政府は周辺地域をどんどん侵略したいんだろうなあ。チベットや中国西域のように。まあ、いちばん欲しいのは台湾だろうなあ。台湾の外貨準備高が魅力。

2006年03月05日 worldwalker URL 編集

共産国の軍事大国がやった戦争に、雌雄を決する堂々の戦争なんて歴史のどこにもない。あるのは弱いものイジメと火事場泥棒さながらの対日戦争ぐらい?
あとはドイツとの自衛戦ですか…それも中途からはあのとおりですがね。

わたしは台湾がアメリカ、日本と事実上の関係を保っている限り、中国は手を出さないと考えている楽観派の一人です。

気を付けないといけないのは、日本が戦前もった「真珠湾を攻撃すればアメリカは講和に動く」と考えた当時の日本のように、独裁国家から民主国家がどう動くかは100%わからないということなんです。この問題でイラクは失敗し、イランも続くでしょう。中国はどうでしょうね。

2006年03月09日 あきら URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。