スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日本による国産ロケットの意味

 今日は朝鮮新報からの記事を引用してエントリを書きます。最近はこういう形を少なくしようと思っているのですが、なかなか面白い題材だったので使って記事を書くことにします。

追記:「朝鮮新報」は韓国ではなくて北朝鮮のメディアであるとのご指摘をいただきました。失念しておりました。深くお詫びするとともに訂正させていただきます。(3/3)

 ・春・夏・秋・冬(3月2日付朝鮮新報)

 2003年以降、失敗続きだった情報収集衛星を積んだ日本の国産大型ロケット「H2A」などの打ち上げが今年に入って3回連続で成功した。「H2A」8、9号機(それぞれ1月24日、2月18日)、赤外線天文衛星「アストロF」を搭載したミュー5ロケット8号機(2月21日)がそれである

▼前者は気象、後者は宇宙観測に用いられるという。日本政府はもとよりマスコミも「商業化による受注増への対応能力を内外に示した」(朝日新聞2月18日付)などと、手放しの喜びようだった

▼が、「ちょっと待て」と言いたい。商業衛星の打ち上げとはいうものの「H2A」は核弾頭を付ければ核ミサイルに早代わりする。商業ロケットだとか何だとか日本政府がどう言おうと、他国から見ればミサイル開発の一環としか見れない

▼事実、日本政府は98年12月の閣議で「外交、防衛等の安全保障…に必要な情報の収集」のために衛星を打ち上げることを決定している。軍事用であることは明白だ。その口実にしたのが98年8月31日の朝鮮の人工衛星打ち上げ成功だった。当時、日本政府は弾道ミサイル発射実験だと強弁して制裁にまで踏み込み、対決姿勢を露にした

▼朝鮮政府は当時、それが平和利用もできれば軍事転用可能なことも否定しなかった。ロケットがその両側面を持ち合わせていることは常識でもある。要は、周辺諸国にいらぬ疑い、警戒心を持たせないようにすることだ。過去の清算を棚上げにし侵略の歴史を正当化。さらには自衛隊と米軍の一体化を急ぐ現在の日本の姿からはほど遠いが。(彦)


 意外とまともな認識をしているんだなぁ、と思っていたら最後のまとめ方がいかにも北朝鮮らしいです。一応最初に言っておきますが、この記事を使わせてもらいますが北朝鮮という国を批判するわけではありません。

 で、話は戻りますがロケットの開発がICBM(大陸間弾道弾)などの核兵器運搬技術と密接に繋がっていることは公然の話で秘密でも何でもありません。核兵器とは長距離を運搬できる技術(ICBMやSLBMなど)とセットになって運用することが出来なければ国際的な脅威とはなり得ません。核兵器が一般の兵器と画期的に違うのは「軍隊を大規模に展開しないでも迅速かつ大規模に相手を破壊することが可能である」と言う点です。ひとつのミサイルで都市を丸ごと破壊でき、しかも発射準備にそれほど手間がかからない、これほど費用対効果の高い兵器はないでしょう。(ABC兵器のBC兵器も費用対効果は高いですが)

 つまり朝鮮新報の記事の「ミサイル開発の一環」と言うところは確かに的を射ています。「核弾頭を付ければ核ミサイルに早代わりする」という理論の飛躍を大目に見ればまあ、彼らの言いたいことは理解できます。

 しかし、日本が本当に商業利用に限定してロケットの開発を進めていると思っているのでしょうか。確かに日本はロケットの利用を商業的にしか利用しないでしょう(情報衛星を除く)。しかし、日本が原子力開発を継続し核兵器運搬技術を研究し続けることは「日本が核兵器を製造しようとすれば技術的には難しくない」と言うことをアピールする意味も持っているのです。日本の軽水炉は核兵器の開発とは違いますが、軽水炉を製造する技術があって核兵器を作る技術はないと他国は見ないでしょう。ロケットも同様です。「別に他国がどう判断しようが日本は商業的にしか利用しません」というスタンスで十分に抑止力になっています。

 そこをふまえて、日本は防衛白書でも防衛力の透明化に努め、ロケットの技術をミサイル技術として転用もしていません。IAEAの査察も受けています。日本がミサイル開発をしようとしている意思がないことは明白ですが、理由を作り出すことはいくらでも出来ます。

 今回の記事の後半部分は結局「過去の歴史の精算」などという理論に変化しているためとても評価する気にはなりませんが、この部分をもう少し深く考察したものに差し替えればもう少しましな記事になったような気がします。(追記)なぜか北朝鮮(韓国もそうですが)は結論を反省や謝罪にもっていくのでしょうね。だからこそ論理が破綻してしまうのに。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年03月03日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

あの国とあの国に落としてやりたい。

2006年03月03日 worldwalker URL 編集

それは、亀に「腹筋を鍛えろ」とか蟻に「少しは休んだら?」と言うのと同じです。

2006年03月03日 you URL 編集

忙しすぎて死んではいませんか?

ロケット&飛行機製作反対!かなりの高所恐怖症だから。じゃあのらなきゃいいじゃんっていうお言葉が...そのとおり、いつも電車か自動車です。ロケットだったら、あまりにも高すぎて、ひょっとしたら大丈夫かも...。
ではでは。

2006年03月03日 テツ URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006年03月04日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。