スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Appleの新製品は何を目指しているのか

 日々のニュースを追っているようなエントリを書かないようにしていたので、この記事は何だと思う人もいるかもしれませんが、これはただの紹介だけではなくて思うところがあったので多少書かせてもらうことになりました。  一応お約束で、参考にした記事から紹介します。

 ・アップルから「Intel Mac mini」や「iPod Hi-Fi」が新登場(CNET Japan)

 ・Appleの「謎の新製品」、まずはIntel Mac miniから(IT Media)

 今回の新製品発表では「Intel Mac mini」と「iPod Hi-Fi」が発表されたわけですがどちらもそれほど大きな発表ではなく、失望した人もいるのではないでしょうか。私も多少の期待はあっただけに残念な気持ちが多少あります。

 特に「Intel Mac mini」についてですが、AppleはIntelのCPUをメインストリームに採用するのを出来るだけ先送りしている印象を受けます。(実際そうなんでしょうけど)最近の巷の話題は「DOS/VでMacの起動は出来るのか」もしくは「MacでWindowsは動かせるのか」というところに集まっています。この盛り上がりを見ればまだまだメイン機種に採用したくない気持ちは分かります。

 しかし、今後IntelのCPUを全てのMacに採用する予定があるのならばもうそろそろ脇から攻めないでメインストリームにも採用したらどうでしょうか。

 また、もう一つの発表である「iPod Hi-Fi」ですが、なぜかAppleが消極的になってきているような印象を受けます。iPodが音質が悪いというのは今まで散々言われてきたことで、だからこそあの値段があるので、多くの人は値段とデザインで買っていたはずです。
 もちろんiPod Hi-Fiは音質の改善だけでなく、「個人用携帯プレイヤー」から「家庭のメディアプレイヤー」としての脱却を目指したものかもしれません。このような思想はIntel Mac miniにも感じられるのですが、どうしても中途半端さというかイメージ先行で煮詰められていない感じがします。

 これが入学・就職シーズンにあわせるだけの話題づくりで終わらなければいいのですが・・・。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年03月01日 iPod、Mac、Apple トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。