スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Mac OS Xに今度はワーム?

 なんだか続々とMac OS Xの脅威が増してきています。まだまだ脅威と呼べるレベルではないのかもしれませんが、安全神話は崩れつつあるようです。

 ・Mac OS Xを狙うワームが出現--今度はBluetooth経由で感染(CNET JAPAN)

 Mac OS Xを狙うトロイの木馬が初めて発見され、専門家が注意を呼びかけた日の翌日、8カ月前に発見されていた同OSの脆弱性を悪用する新しいワームに対して警告が出された。

 ウイルス対策ベンダーのSymantecとF-Secureが米国時間2月17日に明らかにしたところによると、この新しいワーム「Inqtana」は、AppleのBluetoothソフトウェアにあるセキュリティー上の脆弱性を利用して感染を広げるという。Appleは、2005年6月のセキュリティーアップデート2005-006でこの欠陥を修正していた。

 Inqtanaは、Bluetoothを使って繁殖を試みる。同ワームは、コンピュータに感染すると、Bluetooth対応デバイスを検索する。そして、デバイスが検出されると、そのデバイスに自分自身を送付するとSymantecは語っている。

 SymantecとF-Secureによると、Inqtanaは「実証用」ワームだという。つまり、攻撃コード作成用のサンプルなため、感染しても、多くのユーザーに影響を与えることは考えにくいという。Inqtanaが実際にMacユーザーに攻撃を仕掛けた事例は報告されていない。さらにF-Secureによると、Inqtanaは特定のアドレスに固定されたBluetoothコンポーネントを使っており、今週には期限切れで動作しなくなるという。

 F-Secureは自社のブログで、「Inqtanaが何らかの脅威となる可能性は非常に低い」と語っている。

 しかし、Symantec Security ResponseのシニアディレクターVincent Weafer氏は声明のなかで、Mac OS Xを狙う悪質なソフトウェアのサンプルが2日間で2つも出てくることは、今後の流れを示すものかもしれないと述べた。

 「われわれは、攻撃者の関心はほかのプラットフォームに向かうと推測してきた。Mac OS Xを狙う2つの悪質なコードのサンプルが連続して登場したことは、今後の流れを示している。今回のワームは完全に機能するものではないが、ソースコードは容易に修正を加えることができ、攻撃者が今後出てきて被害を与える可能性がある」(Weafer氏)

 この新しいワームが発見された前日の16日には、「Leap」というトロイの木馬が見つかっていた。Symantecは、これら2つは同時時期に開発されたもので、InqtanaがLeapに対抗して開発されたものではないとの考えを示している。

 SymantecはMac OS Xユーザーに対し、OSに加え、ウイルス対策やファイアウォールソフトウェアも最新版にしておくよう推奨している。Appleは、自社のウェブサイトで安全指針を公開している。


 Macを使う人の中には使い勝手やお洒落さがいいという人の他に安全だから使う人もいます。しかし、今後はそんなことは言っていられなくなるでしょう。それにしてもウィルスやワームを作る人は執念深いんですね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年02月20日 iPod、Mac、Apple トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。