スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Macにもウィルスが出現、安全神話が崩れる

 Macならウィルスには感染しない、そんな思いを持っていた人は考えを改めなければならないでしょう。Macユーザーはウィルス対策ソフトをインストールしていない人がほとんどですが(ソフト自体がないという話も)、これからは気をつけなければいけませんね。

 ・初のMac OS Xウイルスが出現(IT Media)

Mac OS Xを標的とした初のウイルス「OSX/Leap-A」はiChatで感染する。「Mac OS Xに対するマルウェアの脅威が現実であることが示された」とSophos。
2006年02月17日 08時00分 更新
 Mac OS Xを標的とした初のウイルスが出現した。セキュリティ各社の情報によれば、このウイルス「OSX/Leap-A」(別名OSX/Oompa-A)は、インスタントメッセージング(IM)のiChatで感染する。

 SophosやF-Secureによれば、Leap-Aに感染すると、iChatに登録された友達リストあてに「latestpics.tgz」という名称のアーカイブファイルが送りつけられる。これを開くとウイルスが実行されるが、表面上はJPEGアイコンを装い、無害なコンテンツに見せ掛けられている。

 Leap-Aは感染したコンピュータ上で過去1カ月に使用したアプリケーションの一覧を作成し、各アプリケーションの実行ファイルを自らに置き換えてしまう。元のファイルは同じファイル名でリソースフォークに保存し、アプリケーションを開くとまずワームが起動し、その後リソースフォークから元のアプリケーションを実行する仕組みになっている。

 Sophos上級技術コンサルタントのグラハム・クルーリー氏は「Macユーザーの中には、Mac OS Xにコンピュータウイルスは寄生できないと信じている向きもあるが、Leap-AによってMac OS Xに対するマルウェアの脅威が現実であることが示された」と解説している。


 Macは約10年前に使っていました。使い心地はまあまあ良かったのですが、ソフトと周辺機器の種類が少ないので結局Windows(そのころは95)に変えました。当時はなんて使いにくいOSなんだろうと思っていたんですが、Windows98、Windows2000と進化していくうちにだんだん慣れてきました。
 
 話はそれましたが、Macはウィルスがなく、初心者でもそのあたりに気を遣わなくて良いところも長所と言えました。しかし、これからはWindowsと同じように気を遣わなくてはなりません。やはりベースをUNIXに変えた影響もあるのでしょうかね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年02月17日 iPod、Mac、Apple トラックバック:- コメント:2

こんにちは。
マックにもウィルスが....私もかなり昔、頂いたマックをメール専用にしてました。今でも業界の友人はそうしているみたいです。
インテルマックは欲しいのに...。
残念。
いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願い致します。

2006年02月18日 テツ URL 編集

どうもありがとうございます。
Macはウィルスがないからこそ使う人もかなりいたはずですよね。その人たちはどうするのでしょう?

ちなみにFC2はアドレスの「blog17」部分がひとつのサーバになっているらしいので速度低下がほとんどないそうです。最近は機能も充実してきてお勧めですよ。

2006年02月18日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。