スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

三洋電機とノキア、携帯電話事業で新会社設立

 日本の携帯電話は特殊で国際的な標準からは外れていました。そのため、海外の携帯電話メーカーは日本に進出しにくく、日本のメーカーは海外に進出しにくかったのですが、第三世代の普及によって流れが変わりそうです。

 ・三洋電機とノキア、CDMA携帯電話事業で新会社設立へ(CNET Japan)

 三洋電機とフィンランドのノキア・コーポレーションは2月14日、CDMA携帯電話事業の新会社設立にむけて本格交渉に入ったと発表した。2006年の第2四半期に最終合意書の調印、第3四半期には新会社の運営開始を目指す。

 新会社の設立は、両社のCDMA事業を融合させることによる相乗効果と、グローバルCDMA市場における先導的な地位の構築が狙い。三洋からは高い技術開発力をベースにした中級機種における強みと、日本と米国におけるCDMA通信事業者との関係が、ノキアからは世界的に認知度の高いブランド力、商品供給体制、世界で60を超える通信事業者との関係が、新会社へもたらされるとしている。

 主要な事業部門は大阪、鳥取および米国カリフォルニア州のサンディエゴに配置され、両会社からの関連資産は、新会社に受け継がれる。


 日本の携帯電話は世界的に見て一部の機能は優れています。特に「着うた」、「デジカメ」などエンターテイメント性のある機能に特化している面が大きいのが特徴です。世界で普及している携帯電話は「Bluetooth」や「キーボード付」などビジネス向けには高機能な端末はあるものの、全般的にはコストの低い端末が売れ筋です。そこで今回のように世界的携帯電話メーカーの「販売に関するノウハウ」と日本のメーカーの「高機能・小型化に関するノウハウ」が活かされるような協力が今後増えてくると思います。

 今の日本では各キャリアがインセンティブをつけて「1円端末」だとか高機能な新型端末が2万円程度で売られたりしています。その結果回線数自体は飽和しかけているものの、新規契約数を各キャリアで奪い合う構図がずっと続いています。私はこのような状態は決して普通ではないと思います。販売奨励金にお金を使うなら基本料金・通話料金や新しいサービスの開発にお金をつぎ込むべきだと思います。すでに日本でも高機能なだけでは飽きられてきていますし。

 今回のような協力関係が促進されてインセンティブの廃止などの副産物が生まれればいいなぁと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年02月14日 携帯電話・PHS トラックバック:- コメント:5

日本での最初のノキアの機種(デジタルフォンのとき)はひどいデザインだったなあ(´д`;)
でかいし、機能性も日本製よりずっと劣っていた。今のはどうなんだろう。
http://www.ekanji.com/telephone/photo/501b.jpg
これはモトローラの古いやつ

2006年02月14日 worldwalker URL 編集

 この電話も懐かしいですね。今のノキアはいいと思いますよ。日本のようにエンタメ路線からは外れているのでローエンド機種扱いはされていますが、機能的には十分魅力的です。

 海外でのフルラインナップを見ると、まるでパソコンのような機種までありますね。

2006年02月14日 さいごう URL 編集

トラックバックありがとうございます。
早速見に来ました。
今回の発表は今後の動きがとても楽しみです。
日本の多機能携帯、ノキアの国際標準・携帯本体でビジネスが成り立ってるノウハウなど、お互いの長所が上手く合わされば日本の携帯業界がもっと楽しくなるのではないか?と期待しております。

それではまた遊びに来させていただきます。これからもよろしくお願いいたします。

2006年02月15日 Kjoe URL 編集

こんにちは。

ドコモを18年も使用してますが、早くポータビリティで別の会社へ移りたいです。もうすでにドコモへの任務は完了しているかな(笑)。

サンヨー製の電話ってありました?

2006年02月15日 テツ URL 編集

Kjoe さん、
わざわざありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

テツさん、
三洋はauの携帯電話をよく出しています。一応ドコモにも最近出しましたし、vodafoneにも昔は出していました。

2006年02月15日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。