スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

また北朝鮮のわがままが出ました

 今日二度目の北朝鮮ネタです。同じ記事に入れようと思いましたが、これだけでも大きなことなので別出しにします。

 ・北、ミサイル凍結を破棄 日朝協議 平壌宣言を空文化(産経新聞)

 四日から八日まで北京で行われた日朝政府間協議で、北朝鮮側が平成十四年の日朝平壌宣言に明記されている「ミサイル発射のモラトリアム(凍結)」を破棄する意思を日本側に伝えていたことが十日、わかった。複数の日朝外交筋が明らかにした。北朝鮮には、日本側の目を核・ミサイル問題に向けさせることで拉致事件をかすませるとともに、経済支援を引き出す狙いもあるとみられる。同宣言を事実上空文化するもので、政府は今後、より厳しい対応を迫られそうだ。

 先の日朝協議は拉致問題、国交正常化、核・ミサイル問題の三つの議題を並行して行い、核・ミサイル問題は七日午前に協議された。

 日朝外交筋によると、日本側は席上、核兵器と核開発計画の一切の放棄に加え、弾道ミサイルの全面廃止を要求した。しかし、北朝鮮側はこれを拒否するとともに「ミサイル発射のモラトリアムはないと思ってほしい」と通告、いつでもミサイルを発射する用意があるとの立場を示した。

 日本側は日朝平壌宣言の履行を迫ったが、北朝鮮の態度は変わらなかったという。

 日朝平壌宣言には「(北朝鮮は)ミサイル発射のモラトリアムを二〇〇三(平成十五)年以降も更に延長していく意向を表明した」と明記しており、日本政府関係者は「北朝鮮は宣言を破棄する意思を明確にした」と警戒感を強めている。

 拉致事件解決に背を向け続ける北朝鮮が、ミサイル問題を引き合いに一層強硬な姿勢に出たことで、日本国内では経済制裁などの「圧力」を求める世論が高まるのは必至だ。

 麻生太郎外相も十日の記者会見で、北朝鮮に対する「圧力」に関し「役所(外務省)の中でこれとかあれとか案が出ているのは確かだ」と述べた。

 北朝鮮の核・ミサイル問題については日米中などの六カ国協議でも協議されており、北朝鮮がミサイル発射凍結を拒否する姿勢を示したことは、協議の行方にも影響を与えそうだ。

 北朝鮮は平成十年、「テポドン1号」(射程約二五〇〇キロ)の発射実験を行い、ミサイルの一部が日本上空を通過して太平洋に着弾している。


 この件は一つ前の記事と連動していて、日本の経済制裁を牽制する意味で出されたものだと思います。北朝鮮にとって唯一使える手段が「核兵器による恐喝」です。

 それにしても北朝鮮は日朝平壌宣言の履行を何度も迫ったのに今度は自分から破棄ですね。全く信じられない人たちです。もうこうなったら日朝平壌宣言は日朝ともに破棄しましょう。こんな宣言があるからこそ北朝鮮を甘やかすことになるんです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年02月11日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

 皇室典範改定と同じくらいあいつの失態です。
 さっさと経済制裁し、あの世への扉を開いて差し上げましょう。
 死人は死者の国に居るべきです。

2006年02月13日 どらっへ URL 編集

守るべき約束を破棄することが得意ですね。経済制裁ではもう足りないのかもしれません。

2006年02月13日 さいごう URL 編集

中国が日米から「軍事的な脅威」というレッテルを貼られて、国際的に難しくなってきたので必ずこうなると思ってました。
北朝鮮はしばらくこの「こわもて路線」を続けるでしょうね。小泉政権が9月に終わって誰が継承するかにかかってますが、日米が中国を脅威と見なくなって、ついでに「台湾は国内問題」という指針をとれば北朝鮮は大人しくなるでしょう。いや・…もしかしたら崩壊するかもね。
中朝は表裏一体と見れば動きが読めると思います。靖国参拝などで中国政府のメンツを持ってやったりすれば、拉致問題でも進展が期待できるとか・…
ガス田問題、拉致問題、ミサイル・核、靖国参拝など個別案件としてみるよりも、今はやりの「特定アジア」問題として広く捕らえたほうが良いかも。
つまり北朝鮮にとって拉致が外交カードであるように、中国にとって北朝鮮そのものが外交カードなのではないでしょうか?

2006年02月14日 あきら URL 編集

北朝鮮が中国の外交カードというのは面白い見方ですね。しかも実際にそのような動きをしているわけですし。

まあ、北朝鮮にとってはそれしか生きる道がないのでしょうが・・・。

2006年02月14日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。