スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国・唐国務委員の発言は少々フライングでしょう

 この発言はいくら小泉首相が中国側に信頼がなく、しかも9月には首相を辞任するのだとしてもやはりフライングでしょう。  まずは時系列でこの件に関して紹介します。

 ・小泉政権との関係改善に失望感…中国・唐国務委員(読売新聞)

 【北京=竹腰雅彦】中国の唐家セン国務委員(前外相)は8日、訪中した自民党の野田毅衆院議員(日中協会会長)と会談し、小泉首相の靖国神社参拝などで悪化した日中関係について、「小泉首相にはもう期待していない。在任中に好転する可能性は非常に少ない」と語り、小泉政権との関係改善に失望感を表明した。(センは王ヘンに「旋」)

 また、「長期的に着目してやっていかないといけない」とも述べ、「ポスト小泉」への関心を示した。

 唐委員は昨年12月末、自民党の逢沢一郎幹事長代理との会談では、関係打開のため、早期に日中外相会談を開くべきとの立場を示していた。

 一方、唐委員は、3月末で調整されている日中友好7団体代表と胡錦濤国家主席ら中国国家指導者との会見で、「(日中関係に関する)重要談話が発表される」と明らかにした。


これに対して官房長官の反論です。

 ・中国・国務委員の発言、安倍官房長官が不快感(読売新聞)

 安倍官房長官は9日午前の記者会見で、自民党の野田毅衆院議員(日中協会会長)と会談した中国の唐家セン国務委員(前外相)が、小泉首相の靖国神社参拝などで日中関係が悪化していることに関連し、「小泉首相にはもう期待していない」などと述べたことについて、「一国の指導者の発言としては不適切だ」と不快感を示した。(センは王ヘンに「旋」)

 安倍長官は、唐国務委員の発言について、「日中関係を重視すると表明している中国指導者の発言とも合致しない」としたうえで、「日中関係を未来志向で発展させていく方針に変わりはなく、胡錦濤国家主席をはじめとする中国側指導者も同様の立場と認識している」と強調した。


 さらに唐国務委員のこの発言に対する反論です。

 ・「全面的かつ詳細」と反論 唐氏発言で中国政府(共同通信)

 【北京9日共同】中国外務省の孔泉報道局長は9日、小泉純一郎首相に期待していないとした唐家セン国務委員の8日の発言に日本政府が反発していることに関連し「(唐氏発言は)大きな困難に直面している日中関係への中国政府の見方と主張を全面的かつ詳細に紹介したものだ」と述べ、反論した。
 安倍晋三官房長官は9日、発言について「一国の指導者の発言としては不適切だ」と不快感を表明していた。
 孔報道局長は、唐氏が8日の野田毅元自治相との会談で「A級戦犯を祭る靖国神社に日本の指導者が参拝することに断固反対した」と指摘。参拝が「日本と他のアジア諸国との関係を深刻に傷つけ、日中関係の基礎を破壊したことは周知の事実」とした上で、参拝中止で「日中間の政治的障害」を取り除くべきだと唐氏が訴えたと述べた。


 以上が今回の流れですが、私は明らかに内政干渉だと思います。まあ、靖国神社参拝を中止しろと言ってくること自体が内政干渉でもあるのですが。

 それはともかく小泉首相が9月には退陣するというのは周知の事実です。これに向けて国内では自民党の総裁争いや民主党のネガティブキャンペーン、国外ではこのようにポスト小泉を見据えてある程度の意思表示を始めています。この手の発言はこれから増えてくると思いますが、日本の政治家(特に自民党総裁候補といわれる人)は惑わされないで欲しいと思います。

 日本は今まで中国と米国の「今回のような」意思表示にあまりにも敏感になり過ぎ、国内の政治家達がこの二大大国の出先機関のような働きをしていました。個々の政策で中国や米国と強調しなければならない問題は多くあります。しかし、これからは親中でも親米でもなく、日本として筋の通った政策を提言してくれる政治家に期待していきたいと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年02月09日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

タイトルのとおりです。小泉首相
への期待云々の以前に彼ら自身の
過去の発言とも矛盾しているとの
指摘はまことに尤もです。それに
対する再反論の内容の無意味さを
見れば一目瞭然ですよね。『全面
的かつ詳細』ってさぁ、全面的か
どうかはともかくあの程度の内容
でどこが詳細???(笑)。

まさか、あの程度の見識が中国人
の“詳細”のレベル???。教科
書問題で外相が実際の記述内容を
全く知らないと放言しつつ文句を
垂れる国家だから、このぐらいは
しょうがないのでしょうかね?。

なんか、具体的な根拠はないです
けど、最近の中国を見てると経済
力がついたぶん政治家の質がそれ
に反比例して低下しているような
感じがするのは私の気のせいなの
でしょうか?。反日は決して今に
始まったことではありませんが、
以前の中国の指導者であればもう
少し“押しどころ”や“引きどこ
ろ”を心得ていたと思うのですけ
ど今の指導層にはそうした余裕が
全く見られません。だから余計に
小泉首相が癇に障る存在に見える
のでしょうけど・・。

なにはともあれ、官房長官には今
後も中国の馬鹿げた発言には毅然
かつ冷静な反論をお願いしたい。

2006年02月09日 雷電 URL 編集

何を言ってもかみ合わないのは間違いないが、言われたらきっちりと反論して行くことが大事です。日本は今まで相手の外交的な言葉を放置し過ぎていたから。

2006年02月09日 worldwalker URL 編集

雷電さん、
コメントありがとうございます。
中国の政治家の質ですが、最近は日本を敵視することで中国国内の不満をそらそうとしているように見えます。

worldwalkerさん、
どんどん反論しなければいけないところを今までしてこなかったからこそ中国が調子に乗っているのかもしれませんね。

2006年02月11日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。