スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

小泉首相は北方領土返還に取り組む意志はなし

 昨日は北方領土の日でした。毎年この日になると小泉首相には落胆させられます。日本の政治のトップに立つ人間が政府主催の「北方領土返還要求全国大会」に参加しないというのはどういうことでしょう。

 ・北方領土大会 首相欠席、代読なし 答弁準備を優先(産経新聞)

 小泉純一郎首相は七日、東京・九段会館で開かれた政府など主催の「北方領土返還要求全国大会」を欠席した。衆院予算委員会での答弁準備を優先させたという。昭和五十六年の大会発足以来、首相欠席は今回で四回目。小泉首相は昨年も風邪のため欠席、山崎正昭官房副長官(当時)が首相あいさつを代読したが、今回は代読も見送り「極めて異例」(外務省関係者)の大会となった。

 ロシアのプーチン大統領が北方領土支配の正当性を主張するなど対日強硬路線を強めているだけに、ジャーナリストの櫻井よしこ氏が大会に先立つ討論会で「非常に誤った政治的メッセージをロシアに与える。日本政府の領土問題に対する姿勢が甘くみられる」と指摘するなど、大会出席者からは批判や落胆の声が噴出した。

 小泉首相以外のケースでは、平成元年に竹下登首相(当時)が訪米のため、十年には橋本龍太郎首相(同)が長野冬季五輪開会式出席のため、それぞれ欠席したが、首相臨時代理出席やメッセージビデオの上映で首相の「決意」を発信した。

 この日の大会には関係団体や政府、与野党関係者約千五百人が参加した。千島歯舞(はぼまい)諸島居住者連盟の萬屋(よろずや)努副理事長は「首相の口から決意を聞かせてもらいたかったのに残念だ」、歯舞生まれの父親に代わって参加した千葉市の会社役員、菊地園子さんも「首相にみんなの声を直接聞いてもらいたかったのに」と肩を落とした。

 この後、出席した閣僚から「大会をきっかけに粘り強く領土返還のために、さらに声を大きくしていきたい」(小池百合子沖縄北方担当相)、「(元島民の)高齢化の状況を踏まえ積極的に取り組んでいきたい」(麻生太郎外相)との決意が示された。首相は同日夜、欠席について、記者団に「予算委員会の状況をみてほしい。担当閣僚に託したんだ」と釈明した。


 小泉首相は靖国神社参拝に関しては中国・韓国に対して譲る気はありませんが、その他の外交政策を見ると、どちらかといえば譲歩が目立ちます。この北方領土に関しても小泉政権時代全く進展していないといってもいいでしょう。
 
 日本はロシアに対して対等に話が出来る人脈が少ないのは事実です。いたとしても鈴木宗男議員のように譲歩ばかりが目立つ議員ばかりです。これからはロシアにも物怖じせず話すことの出来る政治家が欲しいです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年02月08日 国際 トラックバック:- コメント:6

小泉さんはいろいろといい仕事をしたけど、中途半端なものも多かったし、北朝鮮とロシアに対する態度はダメだった。小泉さんのやり方、ベクトルだけ決めたら、役人やブレーンに丸投げと言うやり方の限界だったんだろうなあ。

2006年02月08日 worldwalker URL 編集

遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます!
先月ロシアのマリンスキー歌劇場管弦楽団のコンサートを聴きにいって、「くるみ割り人形全曲は久々だなぁ」とご機嫌だったのですが、翌日プログラムを見たら、日露国交正常化50年目での文化交流云々・・・・とありました。
芸術に国境はありませんが、返すべきものはちゃんと返せよてな感じですね。(汗)

2006年02月08日 tsubamerailstar URL 編集

 『お前はもう死んでいる』
by ケンシロウ

 小泉、そんな状態になりましたね。
 皇室典範もいい加減だし。
 全部、いい加減でした。

 小泉よ。お前に生き残る道はもう、北朝鮮への経済制裁しかない。
 さっさと、やれよな。

2006年02月08日 どらっへ URL 編集

worldwalkerさん、
小泉さんは派閥を無くしてくれましたが、小泉首相が退陣するとまた復活するでしょうね。
結局小泉政権ってなんだったんでしょう。


tsubamerailstar さん、
こんばんは、
ロシアは日本を非常に見下していますが、日本側もちゃんとした交渉の出来る人を育成していなかったことが今の日露関係になっているのではないかと思います。

どらっへさん、
(笑)
本当にそうですね。拉致被害者の帰国も政治的なパフォーマンスにしかなっていませんから。

2006年02月08日 さいごう URL 編集

後世の歴史家は小泉政権をどのように評価するんでしょうね?結果はどうであれ、日本史上で意義のある、またターニングポイントとなった政権でしょうね。「小泉政権を機に日本は斜陽の時代に進んでいった」なんて教科書に残るようなことにならないように我ら団塊ジュニアは頑張れねばなりませんね。(抽象的ですけど)

2006年02月10日 ザキオっす! URL 編集

ザキオっす!さん、
いつもありがとうございます。
小泉政権は色々と変革していったのかもしれませんが、最近は官僚による反動が出始めていますね。
私の感想ですが、後世には目立たないかもしれませんが、次の首相は小泉首相の尻拭いが大変だなぁと思います。

2006年02月11日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。