スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Google、「Gmail Chat」を公開

 中国では何かとネガティブな話題で盛り上がってしまうGoogleですが、それでも先進的な企業であることには変わりありません。願わくば中国から撤退するか検閲を外して欲しいものです。

 それはともかく、今回はGmailに付属する形での新サービス、「Gmail Chat」が公開されました。

 ・グーグル、「Gmail Chat」を公開--ウェブメールとIMを統合(CNET Japan)

 Googleは米国時間2月6日に「Gmail Chat」という新サービスを公開した。このサービスでは、Gmailのページからワンクリックでインスタントメッセージ(IM)を送信したり、アドレス帳に登録した相手がオンライン状態かどうかを確かめたり、チャットのログを電子メールメッセージの形式で保存したりすることができる。

 Gmail Chatに含まれる「Quick Contacts」は、連絡先のリストを「Google Talk」の仲間リストと同期されるほか、最も頻繁にメッセージをやりとりする相手の名前やその人物のオンラインステータスを自動表示する。そして、オンライン状態にある相手の名前をクリックするとブラウザのなかにチャット用のウインドウが表示される。

 Gmail Chatのユーザーは、保存したチャットログを後から簡単に検索できるほか、前もって「記録に残さない("off the record")」というオプションを選んでおけば、その相手とのやりとりを一方の側でしか保存しないような設定も行える(互いに記録に残すことを選べば、やりとりは保存可能になる)。

 Gmail Chatが利用できるのは、Internet Explorer 6.0もしくはFirefox 1.0以降の各バージョンで、いまのところインターフェースは英語のみの表記となっている。

 Google Talkのチャット機能はGmailに統合されるが、音声チャットを行うユーザーはGoogle Talkのクライアントソフトをダウンロードする必要がある。

 Nielsen//NetRatingsによると、米国のウェブメール市場でGmailは現在第4位につけており、Google TalkはIM市場で第7位につけているという。

 Yahoo Mailでも、Yahoo Messengerの連絡先リストに登録された相手のステータスを表示したり、そのままチャットを始めたりすることが可能なほか、音声チャットも行える。またユーザーは音声メールをチェックして、Yahoo Mailから音声チャットを始めることも可能だ。また、America Onlineの「AIM Triton」では電子メール、IM、SMS、それに音声/ビデオチャットの各機能を統合したサービスが提供されている。


 基本的にこの記事を見た限りでは競合他社のサービスとそれほど変わらない気がします。

 やはりGmail自体がベータ版ですし、まだまだこれから新しい機能が付加されていくのでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年02月07日 IT トラックバック:- コメント:3

全IT企業が中国ビジネスから撤退するくらいの英断ができないものかねえ (´д`;)
Google マイクロソフト インテルAMD Yahoo!

2006年02月08日 worldwalker URL 編集

 関係ないですが、中国が崩壊する時に誰が一番受難を受けるんでしょうかね?
 その時は近いのに。

2006年02月08日 どらっへ URL 編集

worldwalkerさん、
そんなに中国市場は魅力的なんでしょうかね。それが不思議です。


どらっへさん、
結局貧しい人は体制が変わろうとも当分は貧しいままだと思いますよ。

2006年02月08日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。