スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

韓国人のビザを免除したのは外務省

 もしこれが本当なら外務省はさらに汚点を残したことになるでしょう。

 ・日本政府はなぜ韓国人のビザを免除したのか(朝鮮日報)

 韓国に対する日本のビザ免除措置は政治的な面と経済的な面が考慮されたものだと伝えられた。

 まず日本は独島、教科書問題、小泉首相の靖国神社参拝などにより悪化した韓国との関係を解消するため今回の措置を取ったものと見られる。日本警察など法務当局は今年1月までも完全な免除に否定的だったという。1年ずつ免除の期間を延長する現行の方法で数年間状況を見守るべきだという立場を堅持してきた。

 しかし駐韓日本大使館と外務省を中心に梗塞した韓日関係を解消すべきだという意見が強く持ち上がった。結局、小泉首相が政治的な負担を甘受し、直接今回の決定を仲裁したと日本側の消息筋は伝えた。しかしこの段階でも最後まで反対する勢力があったという。

 韓国の観光客を狙う日本地方自治団体の影響力も強かった。昨年1年間、日本に出国した韓国人の数は190万人。これは2004年の174万人に比べ20万人近く増えた数だ。昨年3月から期限付きでビザを免除した影響が大きかった。今回の措置には、ゴルフやスキー、温泉など日本への旅行客の増加を期待する側面もあると見られる。


 外国人犯罪のうち中国人を除けば韓国人の比率は非常に高くなります。さらに各種統計には在日朝鮮人(韓国人)は含まれない事が多く、実際にはどれほどなのかは分かりません。

 それにしてもそんな韓国人を安易にノービザにする外務省はどうなんでしょう。警察庁、法務省などは反対していたというのだからやはり治安上の懸念はあるはずです。これでまた日本の治安が悪くなります。

 追記:外国人の犯罪を国別にした表を警察白書から引用しました。

 外国人の犯罪

 引用元:平成14年警察白書(http://www.npa.go.jp/hakusyo/h14/h14index.html
 ※左が件数、右が人員です。

 これをご覧の通り、韓国人の犯罪件数は中国に比べると少ないですが、韓国人の多さは目立ちます。そしてこれは在日朝鮮人(韓国人)は含まれないため、含めた場合にはもっと多くなるでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年02月07日 政治 トラックバック:- コメント:5

 ノービザ反対。
即時停止を求める!
 渡航禁止でも生ぬるい!

 なんか、麻生さんまで言い出したとか書いてあるけど、嘘だよな?
 嘘だといってくれ。(涙)

2006年02月07日 どらっへ URL 編集

おはようございます。

これは目を疑いました!
なんでー?
韓国人のプチぼったくりも増加傾向にあります。いざとなれば、訳のわからん言葉使って...欺くアホな店があったりとか。
あ?そういう店に行く日本人もアホですからしょうがないか...。
もっぱら酒好きな私はバーですが、この前、中国人が経営するバーがあってビックリしました。

では。

2006年02月08日 テツ URL 編集

将来、朝鮮人の犯罪が問題になっても誰も責任をとらないよ。そんな無責任な国に我々は住んでいるんだから。

2006年02月08日 worldwalker URL 編集

福岡は凄いことになるんだろうなぁ。(汗)
国土交通省の方針からすればこうなる予感はしておりましたが、契約社員みたいに一年ごとに更新という形にすべきでしたね。

2006年02月08日 tsubamerailstar URL 編集

どらっへさん、
 この韓国人が日本で犯罪件数が多いかどうかについての資料が数多くあり、判断が非常に難しいようです。
 麻生さんはそのうちの一部を見て判断されたようですが、真意はわかりませんね。


テツさん、
全ての韓国人が悪いと言っているわけでは決してないのですが、いろいろな統計を見ても韓国人の犯罪は際立っていると思えます。とりあえず今決めなければならないという理由がわかりません。

worldwalker さん、
本当に治安が悪化すると思います。警察だけで大丈夫でしょうかね。

tsubamerailstarさん、
コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
私も一時的に様子を見るだけならかまわないと思うのですが、いきなりこの決定は厳しいと思います。

2006年02月08日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。