スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

宗教風刺漫画に見る欧州と中東の関係

 皆さんご存知かと思いますが、今デンマークの新聞がムハンマドの風刺漫画を掲載したことをきっかけに世界でイスラム教徒による暴動が起きています。この暴動は欧州と中東・アジアのイスラム教国の間の関係の縮図といえるでしょう。  事の発端は昨年の9月なのですが、そこからはほとんど記事が保存されていない(また、日本のメディアも紹介していない)ため、簡単に紹介した記事から引用します。

 ・中東怒り デンマーク紙「風刺漫画」 収拾めど立たず(産経新聞、Yahoo!ニュースから引用)

 【ロンドン=蔭山実】デンマークの保守系有力紙が、イスラム教の預言者ムハンマドを批判的に描いた風刺漫画を掲載したことに中東諸国が反発し、デンマーク製品の不買運動や大使館閉鎖などの外交問題に発展している。
 発端はデンマーク紙、ユランズ・ポステンが昨年九月、表現の自由に関する記事とともに掲載した漫画で、爆弾のついたターバンを巻いた預言者ムハンマドの姿などが描かれていた。偶像崇拝を禁止するイスラム教では預言者の姿を描くこと自体が許されておらず、まして戯画化することは「イスラム教への冒涜(ぼうとく)」にあたる。
 このため、直後から中東・イスラム世界では反発の声が巻き起こり、一月になってノルウェーのキリスト教系雑誌がこの漫画を転載したことから騒ぎはさらに拡大した。
 一部の中東諸国から謝罪要求の声が出たのに対し、デンマークのラスムセン首相は一月二十九日、宗教を愚弄(ぐろう)する行為を非難しつつも、政府が謝罪するいわれはないと突っぱね、今度はリビア政府が在デンマークの大使館の閉鎖を発表。サウジアラビアやクウェートも、その数日前に駐デンマーク大使の召還を命じるなど外交的な激震が走っている。
 一方、デンマーク製品ボイコットの動きもサウジやクウェート、イラクなどで広がっており、パレスチナ評議会選挙で圧勝したイスラム原理主義組織ハマスの活動家らがデンマーク国旗を燃やす騒ぎも起きた。
 中東世界の激しい反応に、中東に進出しているデンマーク企業の多くは頭を抱えており、ある大手食品会社の広報担当者は英BBCテレビに、「四十年かけて築いた中東への足場が、数日間で崩れ去った。このままでは営業停止も同然で、従業員を解雇しなければならない」と語った。
 ユランズ・ポステン紙は謝罪に応じたものの、事態収拾のめどは立っていない。


 そしてさらに今日の報道ではシリアのデンマーク大使館が放火されるなど、一向に沈静化の兆しを見せません。しかし、この事件を「イスラム教徒は野蛮だ」とか「欧州の新聞はモラルがない」、「この手の事件は日本人には理解できない」などと言って無視するわけにもいきません。

 私はこの問題の中にキリスト教徒とイスラム教徒の間の歴史的に作られてきた溝が大きく影響していると考えます。古くはルーツを同じくするこの二つの宗教ですが、十字軍など途中に数々の争いを経てつい100年ほど前には欧州に中東が支配されてしまいました。今でも中東は欧州に比べて産業は発展していないし石油がなければ貧乏国に成り果てるだけでしょう。そんな中東のイスラム教国に対して欧州は基本的には見下しています。

 アジアのイスラム教国(人口で言えばこちらの方が多いのですが)も基本的には同じです。石油や天然ガスといった資源に頼り、まだまだ先進国とはいえない国々ですから同じように見下すような態度になります。

 そしてその関係は「キリスト教」と「イスラム教」にも通じます。私はキリスト教とイスラム教のどちらが発展した形の宗教であるかと聞かれれば「イスラム教」と答えます。なぜなら「偶像崇拝」を徹底的に禁止しているからです。(この点を考えると日本は偶像崇拝もあり、多神教であるため宗教的には後進国と見られますが、それが人間の幸せに結びつくかは別問題です。結局どの宗教が良いかなんて人の好き好きの話です。)
 しかし、欧州の人たちはそう見ていません。キリスト教とその倫理観こそが正しく、それが万国共通であるかの様に振舞います。

 今回の風刺漫画はムハンマドを対象とするものでしたが、これがキリストを対象とするもの(一部の紙面にはそれもありましたが)が書かれていたらどうでしょう?嫌悪感を抱く人がかなりの数いるでしょう。また、仮にその皮肉を笑うことが出来たとしても他人に強制することは出来るでしょうか?そんなことは出来ないと思います。彼らは表現の自由の前に自己規制を行っているのに、いざ批判を浴びたら「表現の自由」を盾に譲ろうとしないのです。

 この問題が提起する事実は根深いと思います。中東に欧州の求める価値観を強制することが今のテロリズムの拡散に繋がっているとも言える訳ですから・・・。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年02月06日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

イスラム国家は、トルコ.エジプトに滞在しました。
あまり、いい印象のないイスラムデシタね。

ニュースで風刺漫画にエジプトで暴動を見て「暴動をやりたい放題」の国と冷ややかな意見です。

しかしデンマークの風刺漫画、なんでまた、そんなことをしたんだろう。

予言者マホメッドは顔を描いてはいけない、は、しれわたる事実じゃないのかね。

デンマーク国家が、見下したイスラムに、謝罪しないのは「キリスト教が、イスラムより格上」だから。

仏教の日本としては、どっちを応援しましょうかね。

2006年02月07日 sadakun_d URL 編集

イスラム教徒の民度がとても低いことが証明された。いくら風刺画が気に入らないからといって世界中で放火はないだろ。こんな宗教百害あって一利無しだ。

2006年02月07日 worldwalker URL 編集

sadakun_dさん、
はじめまして、
コメントありがとうございます。
私も多少の経験はあるんですが、はっきり言って分かり合える気がしなかったです(苦笑)
でも、欧米人はアジア人に対しても基本的には軽蔑していると思います。
やはりどちらに味方というより中立に努めたいです。

worldwalker さん、
今回の件については仰るとおりだと思います。しかし、その原因を作ったのは理解のないデンマークと欧州の人々です。
キリスト教徒にもう少し「寛容さ」が欲しいと私は思います。

2006年02月07日 さいごう URL 編集

 イスラムの人々は中韓よりもマシだと思いたい。
 でも、新聞紙の記事に対して、政府に文句を言い出す輩はどうにかしたい。

 双方に煽りたい勢力でも居るのかな?と邪推。

 私は仏教よりも神道の方が好きですね。
 聖書よりも諸世紀の方を見たいんですけど。(爆)
 キリストの言葉なんか、有り難くないし。

2006年02月07日 どらっへ URL 編集

いると思いますよ。
アルカイダなどは反米・反欧州の情勢を作り出すことが必要だと考えているようですし。

欧米は逆にイスラム教国は理屈では通じないと思わせることが今後のイランの核問題だけでなく、中東情勢に良い影響を与えるはずですから。

2006年02月08日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。