スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Google中国は言論統制ではなく、言論封鎖です

 「六四天安門事件」を検索したら何も出てこない、「法輪功」を検索したら批判サイトしか出てこない。こんな検索がまともな検索エンジンとして役に立つのでしょうか。

 ・「天安門事件」「法輪功」サイト見つからず――中国版Googleの検閲実態(IT Media)

 Google中国版の検閲問題をめぐり、米国に本拠を置く中国の人権擁護団体Human Rights in China(HRIC)が2月2日、中国版Googleの検索結果を米国版などと比較した報告書を公表した。「リーダーシップを発揮するのは今からでも遅くない」としてGoogleに方針転換を訴えている。

 HRICは、中国版のgoogle.cn立ち上げ翌日の1月26日、米国版のgoogle.comと台湾のgoogle.com.twで中国語と英語を使って複数の用語を検索し、上位10件の結果を比較した。

 例えば「六四天安門事件」を検索すると、米国と台湾のGoogleでは1989年の天安門事件について解説したサイトが出てくるのに対し、中国版では事件について直接記したサイトは表示されず、検索結果のリンクの大部分は機能していないか存在しないWebサイトにつながっていたという。

 「法輪功」の検索では、米国と台湾のGoogleでは法輪功のサイトが表示されたが、中国版では法輪功批判のサイトが表示され、法輪功のサイトは出てこなかった。

 実験ではいずれも中国国外からアクセスしているが、国内から利用した場合は一層の制限がかかるはずだとHRICは解説。また、天安門事件なども英語の「Tiananmen」で検索するとさまざまな結果が出てくるが、中国のユーザーの大部分は英語は使わないと指摘している。

 「GoogleはMicrosoftやYahoo!に続き、オンライン人口が増大する中国に足場を築く狙いで中国政府の要求に屈した」とHRICは批判している。


 先日Googleの中国版検索サイトを立ち上げた件についてエントリにしましたが(参照)こんなにひどいと使えないでしょう。
 
 しかし中国はこんなことをしないと政権が維持できないくらい弱体化していると見ることも出来ます。そして強烈な弾圧はその分強い反発を生みます。中国は天安門事件に匹敵するような民主化運動がいつあってもおかしくないでしょう。世界が望む「中国の民主化」は意外に早く訪れるかもしれません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年02月06日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

このコメントは管理者の承認待ちです

2006年02月06日 編集

 グーグル使いの私には失望を通り越して泣ける。
 お前の魂はどこへ行った。

2006年02月06日 どらっへ URL 編集

愚ーグル?
グルなんでしょうねえ。

2006年02月06日 おいどん URL 編集

こんばんは。
一言で片づけてしまいました、すいませんm(_ _)m反省してます。
でもそうですよね。
こんなことでしか保てないのなら、情けなすぎます。

2006年02月06日 テツ URL 編集

worldwalker さん、
I think so ,too.

どらっへ さん、
日本でもこんなことをされたら誰も使わないですけど。ちなみに私もGoogleメインです。

おいどんさん、
座布団一枚!

テツさん、
いえいえ、私もはっきり言ってこんなに情けないとは思ってもいなかったです。Googleのポリシーって何なんでしょうね。

2006年02月06日 さいごう URL 編集

糞Google!糞中国共産党!中国の人権問題は何時になったら解決できるでしょう(>_<)江の野郎、胡の野郎早く死んでくれないかなっ!!後九割り以上の中国共産党が死ねば世界が平和になるだろう!死ね!死ね!

2006年12月04日 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。