スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国で批判記事を書くと殺されます

 今更ながら中国の言論統制はひどいものです。ネット上の言論統制には何度か触れましたが、現実にあるものはもっとひどいものです。

 ・報道巡り副編集長が警察幹部らの暴行受け死亡…香港(読売新聞)

 【香港=吉田健一】中国浙江省台州市で昨年10月、警察の批判記事を掲載した地元紙「台州晩報」に不満を抱いた地元警察幹部らが同紙の呉湘湖副編集長(41)に暴行を加える事件があり、同副編集長は今月2日、暴行による肝不全などが原因で死亡した。

 4日付の香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストが報じた。

 台州晩報は昨年10月、運転免許発行の際に警察が市民から不当に現金を徴収しているとの記事を掲載。翌日、警察幹部が部下の警官数十人を引き連れて同社を訪れ、呉氏に暴行した。

 事件後、この幹部は警察を解雇され、共産党内の役職もはく奪されたが、刑事処分は受けておらず、遺族や同紙関係者からは不満の声が上がっているという。


 こんな国が民主化だとか言っている時点で信用なりません。不幸なことにこの中国は核兵器を保持し、世界でも有数の軍事力を持っています。さらに言えば周辺国に平気で侵攻し、人権弾圧を行っています。イランよりも中国の方が世界平和に対する脅威だと思うのは私だけでしょうか。

 そしてさらに不幸なのは日本が中国の隣国だということです。こんな中国に付き合わなくてはいけない日本の立場に同情してくれる国があっても良さそうですね。欧州がロシアの脅威におびえたように日本も中国を脅威として着々と対応していかなければならないでしょうね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年02月04日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:10

22世紀の人口分布図を想像すると恐ろしい。そのときは生きていないだろうが。

2006年02月05日 worldwalker URL 編集

おはようございます。

中国人に友人がたくさんいます。
留学生として日本に来たときに仲良くなった人たちです。彼らは、本当に中国へ戻ることを恐れ、拒んでいました。中国なんて所詮共産国と同じだと...。日本へ来て、まともな教育を受ければ、すぐに日本を愛してしまう中国人が大勢になると。
母国を捨てたいという気持ちはわかりませんが、それぐらいひどい国なんだと思いました。
今でもメール交換してますが、彼らは日本の愛国心を持っていますね。いつも親を捨てて帰りたいと言っています。ただ、留学しているときに、許嫁に面倒を見てもらっていたためにそれができない理由の一つもあるらしいです。で、許嫁はどっぷり中国愛国心です。
では。

2006年02月05日 テツ URL 編集

worldwalkerさん、
そのころは世界人口の3分の1くらい(ひょっとしたら半分?)は中国人になっていたりして(笑)
でも本当に笑えない話ですね。

テツさん、
コメントありがとうございます。
確かに中国は今のままでは愛国心など生まれないでしょうね。すでに中国という国家は、一部の人間しか利益を享受できない巨大な怪物になっているのかもしれませんね。

2006年02月05日 さいごう URL 編集

 上海ガニは凶悪で生態系を壊すらしいです。
 ほんと、中国公安の姿そのまんまですね。
 真の平和の為に中国共産党は地上から消えなければならないです。

2006年02月05日 どらっへ URL 編集

以前のように中華思想や軍事力だけならまだしも、経済的国力もついてきた昨今では日本の対応はますます難しくっていきますね。恐らく中国政府自身が経済をコントロール出来ないほど、中国経済は世界を席巻していくんじゃないですか?ただ、残念ながら、中国無しで日本経済も成り立たなくなっていくのも現実。ほとほと、「龍が天に昇る」のをただ口を開けて見るのは歴史認識のことよりずっと私にとっては侮辱的です。

2006年02月06日 ザキオっす! URL 編集

 上海や主要都市はともかく、地方では今冬、2億人が凍えているそうです。
 結局、富を集中しているだけにしか過ぎません。
 オリンピック後まで持つか見ものです。

 まあ、それまでに中国共産党が倒れるのがいいのですが・・・

2006年02月06日 どらっへ URL 編集

どらっへさん、
中国の貧富の差は段々激しくなっています。私にはもう今すぐにでも爆発しておかしくないと思えるのですが・・・。

ザキオっす!さん、
この前はありがとうございました。
私は今後日本の進むべき道としては、「中国に民主化要求を突きつけるための国際的圧力作り」と「中国に依存しない経済環境作り」の二点が重要だと思います。
私個人としては日本はまだまだ中国に負けはしないと思っています。(軍事でも経済でも)

2006年02月06日 さいごう URL 編集

アメリカも信用ならないし、日本はどうしたいいんでしょうね?「日本人よ!しっかりせねば・・・」「ずるがしこい奴らに騙され」ないようにね。幾ら中国国内でも一部の人間に富が集中しようともその一部っていうパイが大きいからね。侮れないの事実。事項減少していく日本の将来は心配ごとばかりかな・・・

2006年02月07日 ザキオっす! URL 編集

これからの高齢化社会に社会の中枢を担うのは団塊ジュニアの世代だと思います。
私も入っているのですが、その世代が日本という国を愛すことが出来たなら、これからの日本の運命は明るいと思っています。
 何はともあれ教育が重要ですね。

2006年02月07日 さいごう URL 編集

馬鹿なことを言わない!阿呆殺されかも

2007年06月28日 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。