スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

朝日新聞よ、おまえこそ黙っていろ

 私はあまり皇室の問題に発言しようと思わないのですが、今回朝日新聞の社説で出された記事には唖然としました。皇位継承問題にどうこうと言うつもりはないのですが、朝日新聞には少しだけ言わせていただきます。

 ・寛仁さま 発言はもう控えては(朝日新聞社説、リンクは明日には切れていると思います)

 皇位継承のあり方をめぐり、天皇陛下のいとこにあたる寛仁(ともひと)さまの発言が相次いでいる。

 昨年、会長を務める福祉団体の機関誌に随筆を寄稿したのに続き、月刊誌「文芸春秋」などでインタビューに応じた。さらに産経新聞と、同社が発行する雑誌「正論」にインタビューが載った。

 初代の神武天皇から連綿と男系が続いているからこそ皇統は貴重なのだ。戦後に皇籍を離れた元皇族を復帰させるなどして男系維持を図るべきだ。いずれもそうした趣旨の発言である。

 小泉首相から皇位継承のあり方を諮問された有識者会議は、女性天皇やその子の女系天皇を認める報告書をまとめた。政府はこの報告書に沿って皇室典範の改正案を準備中だ。

 寛仁さまの発言は、この報告書や首相の方針に異を唱えるものである。

 だれを天皇とすべきか。皇位継承は天皇制の根幹にかかわる問題だ。国民の間で大いに論議しなければならない。

 皇族にも様々な思いはあるだろう。自らにかかわることだけに当然だ。だが、それを外に向かって発言するとなると、どうか。改めて考える必要がある。

 当事者である天皇や皇族がどう考えているのかを知りたいと思う人もいるだろう。自由に話をさせてあげたらいい、という人もいるにちがいない。

 皇太子妃の雅子さまが体調を崩したときに、私たちは社説で、心のうちを率直に語ったらどうかと主張した。

 しかし、今回の一連の寛仁さまの発言は、皇族として守るべき一線を超えているように思う。

 寛仁さまはインタビューで「皇族は政治にタッチしないという大原則があります」と述べている。その大原則に反するのではないかと考えるからだ。

 憲法上、天皇は国政にかかわれない。皇位継承資格を持つ皇族も同じだ。

 寛仁さまは皇位継承については「政治を超えた問題だ」と述べている。歴史や伝統の問題ということだろう。

 しかし、天皇制をどのようなかたちで続けるかは国の基本にかかわることで、政治とは切り離せない。まして、いまは政府が皇室典範の改正案を出そうとしている時期である。

 たとえ寛仁さまにその意図がなくても発言が政治的に利用される恐れがある。それだけ皇族の影響力は大きいのだ。

 天皇は日本国民統合の象徴だ。国民の意見が分かれている問題では、一方にくみする発言は控えた方がいい。これは皇族も同じである。

 天皇陛下は記者会見でたびたび女性天皇や皇位継承について質問されたが、回答を控えてきた。皇太子さまも会見で質問されたが、やはり答えなかった。

 おふたりとも、憲法上の立場を考えてのことにちがいない。

 寛仁さまひとりが発言を続ければ、それが皇室の総意と誤解されかねない。そろそろ発言を控えてはいかがだろうか。


 私はこの件に関して、朝日新聞の意見に明確に反対するとともに寛仁親王殿下の発言は今後とも保障されるべきだと思います。理由については以下の二つが主なものです。



1.天皇陛下が発言することはあまりにも反響が大きすぎ、「国政に関すること」に抵触する可能性があるため、寛仁親王殿下が個人の意見として発言されている。

2.皇位継承は皇室典範の定めるところであって、皇室自体が関与出来る話ではないが、皇族の一人として意見を述べる機会は与えられるべきである。


 朝日新聞は自分たちの意見を匿名で書きたい放題に書き、相手方を徹底的に貶します。もちろん誹謗・中傷にあたらない限りはいくら発言しようと自由ですが、相手方の基本的人権を認めようとせず、議論に値しない理由で罵る記事には不快感を催します。
 
 朝日新聞はこのような記事を書く暇があったら自分自身の品性を磨く努力をしてみたらどうなんでしょう。少なくとも署名記事を増やしてみたらもう少しまともな記事が増えると思いますよ。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年02月02日 朝日新聞 トラックバック:- コメント:5

誰がどう見ても日本の新聞じゃないな。中国と朝鮮寄りの記事しかないんだから、実際。

2006年02月02日 worldwalker URL 編集

|自らにかかわることだけに当然だ。

と書いておきながら当事者に
口をつぐめというのは
いただけませんね。

2006年02月02日 フレア URL 編集

 色んな勉強を兼ねて、日経を1週間試し読みする事にしました。
 朝日と違って見てて多少落ち着きます。
 馬鹿な投稿欄無いし。

 ほんと、この件は寛仁親王殿下の発言を容認すべき。
 だって、関係者であり、当事者の一人。
 我々、国民はともかく、売国新聞朝日が口にしてよい問題ではない。

 朝日、永遠に黙っていろといいたい。
 変えられないなら、せめて、日経取ろうかと模索中。

 さっき、朝鮮総連の税の免除、無効と報道出た。

2006年02月02日 どらっへ URL 編集

皇太子妃の雅子さまが体調を崩したときに、私たちは社説で、心のうちを率直に語ったらどうかと主張した。

 しかし、今回の一連の寛仁さまの発言は、皇族として守るべき一線を超えているように思う。

しかしもなにも、どうみても朝日の主張のほうが一線越えてるだろ。

2006年02月02日 trq URL 編集

worldwalker さん、
朝日新聞はやはり朝日(ちょうにち)新聞ですね。

フレアさん、
朝日新聞は捏造記事のときも反省しなかったくらいですから自分に甘く他人に厳しいメディアですね。

どらっへさん、
個人的には日経新聞はそれほど悪くないとは思いますが、基本的に毎日新聞と同じようなものだと思います。
でも、株価などに割くページが多いので興味のない人はつまらないですよね(苦笑)

trqさん、
コメントありがとうございます。
 寛仁親王殿下の発言には賛否両論あります。しかし、皇室の後継者に関する問題に皇族が発言できないのはおかしいと思います。
 朝日新聞の件はこのような考え方を超えて全く賛成できないものです。彼らは今まで自分達が何を行ってきたか胸に手をあてて考えてもらいたいです。

2006年02月02日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。