スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

イランの核問題、安保理付託へ6カ国合意


 中露が同意し安保理付託が決定したものの、実際にイランに対する制裁は先送りにするという何とも微妙な決定になりました。

 ・イランの核、安保理付託で一致…6か国が共同声明(読売新聞)

 【ロンドン=飯塚恵子】イランの核開発問題をめぐる米英仏露中の国連安保理常任理事国、ドイツの6か国外相による協議が30日(日本時間31日朝)、ロンドンで行われ、イラン核問題を国連安保理に付託することで一致し、共同声明を出した。

 声明はただ、「安保理が3月までは行動を起こさない」方針を打ち出しており、対イラン制裁問題に関する論議は先送りされる可能性が強いと見られる。

 安保理付託は2月2日の国際原子力機関(IAEA)緊急理事会で決定される見通しだ。

 核燃料に関する研究活動を再開したイランに対し、安保理付託を目指す米英仏と、慎重な露中の姿勢の違いが表面化していたが、核問題解決に向け、IAEA定例理事会が開かれる3月までの“猶予期間”を設けることで妥協が成立した模様だ。


 米政府高官は協議後、「イラン核問題で初めて、常任理事国5か国が全く同じメッセージをイランに送ることになる」と語った。



 ・イラン核問題を安保理付託 6カ国外相が合意(産経新聞)

 イラン核問題をめぐる米国やロシアなど国連安全保障理事会5常任理事国とドイツの6カ国による外相会合が30日夜(日本時間31日朝)から31日未明までロンドンで開かれ、核問題を安保理に付託することで一致し、共同声明を発表した。2月2日からの国際原子力機関(IAEA)緊急理事会で付託決議を採択する。

 2002年に発覚したイラン核問題は経済制裁などの権限を持つ安保理へ舞台を移し、新たな局面を迎える。強硬姿勢を見せていた米欧は当面、イランに対する制裁を科さずに外交解決の時間を与える方針を示し、付託に慎重だったロシアと中国の説得に成功した。

 イラン側は付託が決まればウラン濃縮などを再開するとしており、反発は必至だ。6カ国は、安保理での行動は3月6日からのIAEA定例理事会まで待つことでも一致。イランにとっては3月の定例理事会がウラン濃縮関連活動の停止を受け入れるかどうか事実上の最終期限となる。

 定例理事会に先立つ2月16日には、イランのウランをロシアで濃縮するとしたロシアの妥協案をめぐり、ロシアとイランの2国間協議が予定されており、核問題を外交的に解決できるかどうかの節目となりそうだ。

 ロイター通信によると、ロシアと中国の外交団が近くテヘランを訪問し、ロンドンでの6カ国外相会合で合意された安保理付託方針について説明、イランにウラン濃縮関連活動凍結などの譲歩を求める。

 米政府高官によると、付託後の安保理の具体的行動については合意が得られなかった。

 高官は会合終了後、一部記者団に「ロシア、中国の同意は非常に重要」と強調。イランは国際社会の「1つの声」を真剣に聞き、核開発を断念するよう求めた。米欧は、イランが1月10日に核燃料研究を再開したことで、核問題を安保理に付託すべきだとしてIAEA緊急理事会の開催を求めていた。(共同)



 ・イラン核問題:6カ国外相合意に玉虫色の解釈(毎日新聞)
  
 【ロンドン小松浩】イラン核問題に関する1月30日の米英仏独中露6カ国外相合意を巡り、事実上の「付託」とみる米国に対し、ロシアが拘束力の弱い「報告」と受け止めるなど、解釈になお違いのあることが明らかになった。常任理事国がイラン問題の安保理協議で一致することを優先したため、玉虫色の合意になったとみられる。2日からの国際原子力機関(IAEA)緊急理事会の決議文は、微妙な表現となる可能性もある。

 IAEAは、憲章3条(国際平和・安全を脅かす行為)と同12条(保障措置協定違反)に該当する行為を安保理に報告するよう義務づけられており、これを「付託」と呼ぶ。一方、情報提供などにとどめるような報告は「付託」と区別する。後者の場合、安保理の審議は必要ではない。

 6カ国外相声明は、イランの行為とそれに関連する過去のIAEA決議を安保理に報告すると表明した。イランは既に昨年9月のIAEA理事会決議で3条、12条違反とみなされているので、今回の安保理への報告は「付託」と解釈することが可能になる。米政府当局者は「今週末のIAEAで付託されると考えている」と語った。

 だが、正式な付託にした場合、制裁論議に進むことを嫌うロシアは、安保理には付託でなく「報告」する、との立場をとっている。中国もロシアに近いとみられる。

 結局、6カ国外相合意は、欧米に対して実質的な付託と解釈できる余地を残し、中露は形式上は「報告」にとどまると解釈できるものとなった。理事会筋は「重要なのは常任理事国がイラン問題の舞台をIAEAから安保理に移すと一致したことだ。付託でも報告でも、3月からは安保理が動き出すということで違いはない」と述べた。一方、イランは付託も報告も同じだと、強く反発している。


 ちなみに毎日新聞の記事を見てもらえると分かりますように、ここだけは「付託」ではないと書いてあります。どちらにしろイランに制裁が行われることは今後も含めて当分無いでしょう。もし中露が賛成するような条件が満たされれば別ですが。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年02月01日 中東情勢 トラックバック:- コメント:4

何日か前からブログ復帰しました。
さいごうさんのブログはすごくシンプルで見やすくセンスがいいですね(・∀・)
また よろしくお願いします。

2006年02月01日 羅威たん URL 編集

羅威たんさん、
お久しぶりですね。これはテンプレートなので自分でデザインした訳ではないんです(苦笑)

それでは今後ともよろしくお願いします。

2006年02月01日 さいごう URL 編集

イラン代表の国連でのインタビューを見た。このままではおわらないような気がする

2006年02月02日 worldwalker URL 編集

安保理付託ということになれば、絶対に報復行動に出るでしょうね。
問題はイランの国内が一枚岩ではないということですね。今後大統領派がどこまで強気に出られるかが焦点になるでしょうね。

2006年02月02日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。