スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

これからマンション価格は上がるのか?

 先日路線価が発表され、都内の価格が上昇に転じたことが報じられています。

 それではマンション価格も上昇に転じるから今から買っておけば儲けられるかと言えばそうでもないです。
 今日はマンション新時代にこんな記事があったので、そちらにトラックバックさせていただきました。

 マンション価格の今後に見方分かれる、長谷工アーベスト調査

 アンケート結果によると、今後マンション価格が上昇に転じるか下降しつづけるかについて、まだ若干「徐々に上昇すると思う」という人が少ないものの、徐々に増えつづけているという結果になっています。

 上昇・下降の原因については、上昇するという理由が「地価・資材価格の上昇」で下降するという理由が「景気不安・供給過剰」というところが大勢のようです。



 私の個人的な考えは、「これからは立地によって下がっていくところと上がっていくところが分かれる」というものです。

 たとえば、駅徒歩5分と駅までバスで10分では価値が全く違うし、駅も便利な駅と不便な駅では価値が違います。

 また、居住環境が適したところが好まれるでしょうから、ターミナル駅までの時間が同じでも住環境に恵まれている(緑が多い、自治体から受けるメリットが多いなど)ところが地価にも反映してくるでしょう。

 供給過剰の地域は価格が上がりにくい地域になるでしょうし、売却するときにも非常に不利に働くため、避けた方が良いかもしれません。逆にマンションが少ない地域で需要が高ければ後々価格が上昇していく可能性もあります。

 また、資材価格が上昇しているという点については、私はマンション価格にあまり反映されない気がします。マンションの資材まで細かくチェックする消費者がどれだけいるか分かりませんが、建設業者としては資材の質を落として価格に反映させないようにする可能性が大きいと思います。

 まだまだ理由はありますが、価格は上昇・下降の二極化に向かっていくと言う説明は分かっていただけるでしょうか。

 今後マンションを買う人たちは価格が上昇・下降するリスクを考慮した上で買うべきですね。

◆参考になりましたらクリックお願いします◆

スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年08月06日 経済 トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。