スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

スカイプ、とうとう中国政府の要求に屈しフィルター処理へ

 これでまた中国の言論統制の動きがはっきりしました。やはり中国の人権に対する考え方は国際的な非難をしていかなければならないでしょう。

 ・「スカイプ」、中共に屈服、敏感文字をフィルター処理へ(大紀元日本)

 【大紀元日本1月20日】インターネット電話サービスを提供している「スカイプ・テクノロジー」社(※2005年8月にEBAY社が買収)はこのほど、自社のサーバーで、中共政権が要求しているフィルター(※見せたくない内容、与えたくない情報を含むサイトを閲覧できないようにする機能)をかける処理について、「(要求に)応じるしかない」と説明した。スカイプの香港側のパートナー「TOM」は現在、「ダライラマ」「法輪功」などの文字に対しフィルターをかけている。それに対し、人権団体は「中共政権とのビジネスをとるのか、言論の自由、人権を守るのかという選択なのだ」とコメントした。

 米誌「ビジネス・ウイーク」の12日付報道によると、スカイプは香港の「TOM」を通じて、中国のネット通信事業に進出する考えを示したが、TOM社の経営トップは中国で事業を展開するなら、北京側に都合悪い敏感文字のフィルターを約束しないと中国への進出は不可能と伝えたという。TOM社は、「赤い資本家」として知られている李嘉誠氏の会社で、中共政権と深いパイプを持っている。

 初めスカイプの経営陣は拒否したが、結局、中共政権の条件を丸飲みにしてしまい、詳細については二社共にノーコメント。敏感文字は「法輪功」「ダライラマ」を始め、中共政権にとってはもっとも避けたい文字が含まれているという。人権団体は昨年、ヤフーが中共政権に顧客のメール記録を渡したため、民主活動家が逮捕されたことがあり、今回の件は今後、中国の言論自由、人権問題をさらに悪化させると懸念を示している。


 スカイプについては以前(去年9月)に当ブログで記事にしました。(「中国でスカイプ制限(禁止)の動き」参照)中国政府は自分の目の届かないところで使用される通信機器などには非常に気を使うらしく、メールなどにも検閲が入っているところも多いらしいです。

 日本はこんな国と隣国であることを不幸であると思わざるを得ません。直ちに中国に対し国際的に人権侵害の非難を上げていくべきです。ただ、アフリカを中心に民主主義が徹底されない(時によって人権侵害となる)状況は多く見られます。中国は自己の政府の人権侵害を正当化するためにアフリカなどと協力し合う場面が散見されます。アフリカ諸国の場合はまだ民主主義が成立するほど民度が発展していないし、経済的にも自立できていません。

 しかし、中国は今や世界に影響力を行使できる国です。自分たちでも先進国の仲間入りをしたと発言しているような国ですから、そのような理屈が成り立たないことをよく認識させる必要があります。そのため、日本は中国の人権侵害とアフリカ諸国の現状をよく峻別して非難の声明を出すべきです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年01月21日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。