スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

6カ国協議開催よりも北朝鮮の制裁を継続すべき

 北朝鮮に話し合いの場を与えても無駄なだけなのがなぜ分からないのでしょう。中国は北朝鮮にそれほどのメリットを感じているのでしょうか。

 ・対北制裁一時停止 中国、米に要請も 6カ国協議再開へ期待(産経新聞)

 【北京=伊藤正】中国を非公式訪問した北朝鮮の金正日労働党総書記が、胡錦濤国家主席との首脳会談で、核問題の六カ国協議継続に同意したことから、協議再開への期待が高まってきた。北朝鮮が「(再開の)難関」としている米国の対北朝鮮金融制裁問題をどう処理するかが焦点で、北京の外交筋によると、中国側は来週訪中するゼーリック米国務副長官に、制裁の一時停止を打診する可能性があるという。

 金総書記が帰国した後の十八日に中朝双方が発表した首脳会談の内容には、「双方が六カ国協議での積極的成果を肯定し、引き続き協議のプロセスを共同して推進、核問題の究極的な平和解決に寄与することで一致した」との部分が中国側発表にないなど、微妙な違いがあった。

 ポイントは、北朝鮮側が「難関」(中国側は「困難」)と表現する金融制裁問題の克服について、北朝鮮側が「中国との共同努力で」としているのに対し、中国側はこれには直接応えず、「北朝鮮を含む六カ国の共同努力」を強調したことだ。

 中国外務省の孔泉報道官は十九日の定例記者会見で、「協議のプロセスに複雑な要素をもたらした」金融制裁問題に関し「六カ国の共同努力」の必要を指摘、十八日に中国の武大偉外務次官、米国のヒル国務次官補、北朝鮮の金桂寛外務次官の各六カ国協議首席代表が会談したことを確認した。

 孔報道官は「各国が大局を重視、相互に尊重し十分な意思疎通によって」問題の解決を図るべきだとし、「中国側の提案に基づき、各国が適切に処理するよう希望する」と述べ、既に何らかの解決案を米朝双方に提示したことを明らかにした。

 十八日の中米朝三者会談について、ヒル次官補は「中国側とはいい話し合いができたが、(協議再開に)進展はなかった」とだけ述べ、具体的内容は明らかにしなかった。

 外交筋によると、中国は、米側が問題にしている資金洗浄(マネーロンダリング)や偽ドル札製造などの犯罪行為の再発防止を北朝鮮が確約するのと引き換えに、米側が制裁を解除するという調停案を示したもようという。

 しかし、北朝鮮の犯罪行為は六カ国協議とは関係ないとする米国の態度は硬く、局面打開には至らなかったようだ。

 昨年十一月の第五回協議後中断したままの六カ国協議の再開には、中国は議長国としての威信がかかっており、金正日総書記の訪中を招請、異例の厚遇をしたのも、金融制裁問題で北朝鮮の態度軟化を期待したとみられている。この点について首脳会談でのやりとりは明らかではないが、協議継続の同意を取り付けたことは成果と中国側はみている。

 当面、中国側は二十三日に訪中するゼーリック副長官に、中朝会談の詳細を伝え、米側にも大局に立って、協議再開のために一定の譲歩を求めるとみられている。


 前の記事も書きましたが、中国が北朝鮮のウランなどの資源を欲しがっているとすれば納得は行きます。しかし、中国の「議長国としての威信」にこだわっているとすれば中国は「単純な国」ですね。

 靖国問題も「中国の威信」のために反対しているとすれば、問題は単純なように見えます。しかし実際には中国がそれだけの理由で反対していると思っている人はいないでしょう。

 今回の「中国の6カ国協議再開の意思」についても何らかの取引材料(北朝鮮政権を存続させる意味)があると捉えるのが普通だと思います。ちなみに私は、「北朝鮮の資源」と「偽札製造の共犯であるという点を隠したい」と言うのが金融制裁解除につなげるための理由と思っています。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年01月20日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

あの国の辞書にその文字は無い。

ここに来て6カ国協議の議題を核に特定していたことが、怪我の功名のような事になってきました。あくまで6カ国協議とは別に議論すべき。

国内マスコミは中国を北朝鮮と世界を繋ぐ説得者であるという姿勢を改めるべき!偽札、核の秘密開発を北の単独犯と見るのはあまりにも人が良すぎかもね。

2006年01月20日 あきら URL 編集

中国は国際舞台での悪役の役割を北朝鮮に求めてるんだろう。北朝鮮がいることで自国が悪の帝国NO.1ではなくなるのだから(笑)

2006年01月21日 worldwalker URL 編集

あきらさん、
中国と北朝鮮が偽札製造で繋がっている可能性はかなり高いと思います。

worldwalkerさん、
そうですね。汚れ役は北朝鮮がしてくれるわけですからこんな便利なことはありませんね。

2006年01月21日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。