スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

韓国よ、今北朝鮮に対話は必要ないぞ

 はっきり言って韓国が北朝鮮にすり寄る態度には飽き飽きしていますが、米国まで巻き込もうというのはちょっと無理があるでしょう。

 ・韓国提案に米は難色 朝鮮半島「平和メカニズム」(産経新聞)

 昨年12月に訪米した韓国の鄭東泳(チョン・ドンヨン)統一相(当時)が、6カ国協議の閉塞(へいそく)状態を打開し、朝鮮戦争休戦協定に代わる朝鮮半島の「平和メカニズム」に関する協議開始につなげるため、米国と北朝鮮、韓国の3カ国による新たな枠組みを立ち上げるよう提案、米側が難色を示していたことが16日、分かった。複数の米韓関係筋が明らかにした。

 米財務当局の金融制裁の影響で第5回6カ国協議再開のめどが立たない中、南北交流を促進する韓国政府が新たな対話の場を提起した。最終的には中国を含めた4カ国の協議に結び付けたい意向とみられる。

 しかし、制裁措置を理由に6カ国協議再開を拒む北朝鮮に反発を強める米国が、協議を通じた「完全核放棄」実現を最優先させる原則論を堅持、米韓間の温度差が表面化した格好だ。

 米政府筋によると、韓国与党ウリ党の実力者でもある鄭氏は先月20日にゼーリック国務副長官と会談したほか、ライス国務長官とも短時間会談。こうした接触の中で、朝鮮半島和平の当事国である3カ国が参加した新たな協議開始の必要性を訴え、理解を求めた。

 しかし、米側は核放棄実現が先決との考えから早期の協議開始に難色を表明。米韓外交筋によると、鄭氏の提案については「韓国政府内でも意見が分かれている」といい、米朝対話促進による平和メカニズム構築に積極的な韓国統一省が米側の感触を得ようと「アドバルーン」を上げた可能性もある。


 今北朝鮮の動向を握っている国は中国と米国です。(日本が加われないのは外交姿勢に問題があると思います)中国と北朝鮮はお互いに利用し合っているため、利害が一致している限り中国は北朝鮮に宥和政策を採り続けるでしょう。

 米国は北朝鮮の現体制がアジアの安定にとってふさわしくないと思っているものの、中国との距離をあまり離したくないため極端な敵視政策に出られないのでしょう。

 今のところこの関係の中に韓国が入る余地はありません。(日本がもしはいるとすれば、「金融制裁」で米国と協調するかもしくは「経済制裁」でより対決する姿勢を明確にするかしたときでしょう)今の北朝鮮と統一することが出来ると夢のようなことを韓国は考えているようですが、北朝鮮も含めて現実的に可能であると考える国はいません。最近の韓国は影響力もないのに中国と米国の間で揺れる「木の葉」のようです。コウモリは動物にも鳥にもなれなかったことを韓国はよく認識する必要があるのではないでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年01月17日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

米国当局者は南朝鮮を当時国とみなしていない。

2006年01月17日 worldwalker URL 編集

 ダイ・アナザー・デイでもカヤの外の韓国。
 これがハリウッドの認識。
勿論、韓国人は日本人の意識の外の存在。

 しかし、蝙蝠とはよく言ったもので。
 的確です。

2006年01月18日 どらっへ URL 編集

worldwalkerさん、
同じ朝鮮半島の国ですが、日本よりも影響力は薄いし、関わらせたくないでしょうね。

どらっへさん、
北朝鮮が悪の枢軸なら韓国はそれにもなれない中途半端な国ですね。

2006年01月18日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。