スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

イランと日本の立場は?

 個人的にはイランの核兵器が中東に与える影響を考えると中止させるべきですが、日本はどのような立場をとるべきなのでしょう?

 ・イラン外相、来日へ調整 麻生氏が核開発中止を説得(産経新聞)

 政府は14日までに、イランのモッタキ外相を2月下旬に日本に招き、麻生太郎外相との会談を行う方向で調整に入った。国連安全保障理事会への付託が確実な情勢となっている同国の核関連研究の中止を直接説得するのが目的。実現すれば、モッタキ氏の来日は就任後初めてとなる。

 イランの核開発問題をめぐっては、今月中にも国際原子力機関(IAEA)の緊急理事会が開かれ、安保理に付託される方向。このため、今後の展開次第では来日が困難になる可能性もある。

 日本は、イランと伝統的に良好な関係を保ってきた上、現在はIAEA理事会議長国でもある。このため「状況が緊迫している時だからこそ、対話を閉ざすべきではない」(外務省幹部)として、核問題解決に向け独自の役割を果たす構えだ。

 麻生氏は会談で、日本の企業連合が権益を獲得したイランのアザデガン油田の開発についても、早期の事業開始に向け意見交換する方向だ。

 日本は、昨年8月に強硬派のアハマディネジャド政権が発足して以降も、同9月に町村信孝外相(当時)がニューヨークでモッタキ氏と会談。同12月にはテヘランで外務次官級協議を開くなど、政府高官による対話を続けている。

 モッタキ氏は1995年から99年まで駐日大使を務めた知日派。昨年8月に外相に就任した。(共同)


 この問題で一番の問題は「イランは日本の石油輸入先国第3位」であるといいことでしょう。違うエントリーでも書きましたが、日本にとってエネルギー問題は深刻です。特に石油を安定的に確保できることは非常に重要です。

 イランの核兵器疑惑が安保理に付託されることによりイランへの国際的な風当たりは強くなります。日本がイランから引き続き石油を輸入す続けるには現政権が安泰である必要があります。と言うことは必然的に日本は、「核開発を断念させるとともに国際社会に信用を取り戻すために橋渡しをする」ことが役目になります。

 日本が安保理に掛け合って話し合うことは難しいですし、ひょとしたらロシアや中国と協調しなくてはならないかもしれません。この問題は日本にとって非常に難しい解決方法を迫られるかもしれませんね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年01月14日 中東情勢 トラックバック:- コメント:5

両サイドバーにチェンジしましたね。
片側だと入りきれませんからね。
私も随分前から両サイドバーです(欲張りで、リンク多すぎですが)
イランの問題、これからの展開が気になります。
欧州はその気みたいですが、ご指摘のように、産油国ですから慎重に進めて欲しいと思います。

2006年01月14日 KNTY URL 編集

昔、イスラエルがイラクの核施設を破壊したように、今度はイランをやるだろう。

2006年01月15日 worldwalker URL 編集

 取り合えず、ソフトランディングさせる為に『孤立』させてはいけない気がします。
 関係を継続すべきだと思いますよ。
 石油は重要。

 曲がり間違ってもイランの核が日本を狙うことは無いと思いたいですので。

 そのためにもイスラエルには釘どころか、杭位打ち込んでおいた方がいい。
 「馬鹿な真似はするな」位はイラン、イスラエルともに言って置くべきですね。

 取り合えず、シャロンが倒れたのはイランにとっては+・・・なのか?

2006年01月15日 どらっへ URL 編集

いまや石油輸入国に転落してしまった中国に対して「世界の安全保障を握っているのはオレだ!ってことを忘れんな」というメッセージをアメリカが、ヨーロッパが大きな声で言う機会でもあります。
産油国であれば、消費国にとって重大事・・・アッこれって日本も同じジャン。

2006年01月15日 あきら URL 編集

KNTYさん、
わざわざありがとうございます。
日本は本当に微妙な立場ですね。

worldwalkerさん、
結局イスラエルが動くと中東全体が動いてしまうので、それを避けたいから安保理に付託されたのでは?と思います。

どらっへさん、
その時期を狙ってそれぞれが動き出したとも言えるのではないでしょうか。イスラエルには正直動いてほしくないですね、今のタイミングでは。

中国はイランからも石油を輸入してたはずなんですよね。だから中国は仲裁する可能性もありますね。

2006年01月15日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。