スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

民主党は「中国脅威論」に党内を統一できるのか

 前原代表は頑張って民主党を変えようとしていると感じるのですが、先行きは厳しそうですね。

 ・「中国脅威論」を党見解に 民主・前原代表が指示(産経新聞)

 民主党の前原誠司代表は11日午後、共同通信論説研究会で講演し、自らが主張する「中国脅威論」を踏まえた対中認識を党見解として取りまとめるよう松本剛明政調会長に指示したことを明らかにした。

 前原氏は対中認識について「党内では『脅威』とは違う意見があるのも事実だが、(自分は)『現実的脅威』という言葉を語り続けていきたい」と言明。同時に「中国の現状認識について、党内で統一した考え方、コンセンサスを持てるような議論を(松本氏に)お願いしている」と述べた。

 9月の代表選に積極的にかかわる意向を示している小沢一郎前副代表に対しては「立派な政治家で指導を仰がなくてはいけない一人だ。できれば機会を持って話をさせていただきたい」と会談を呼び掛けた。


 前原氏の考えは靖国神社参拝に関する意見を除いて概ね賛成なのですが、問題は民主党がその考えに統一されていないところです。自民党は小泉総裁によって党内の考えを統一することが出来ましたが、民主党は前原代表の考えにあわせることが出来るのでしょうか。

 前原代表の考えは考え方としては保守のカテゴリーだと思います。そしてそのカテゴリーは自民党の方が同調できる人が多いと思います。民主党自体が「アンチ自民党」として結束して作られたにもかかわらず自民党と同じ考えの人が代表をしているというのは皮肉な話です。

 私は民主党に「中道左派」路線で進んでもらいたいと思っています。昔の社会党のように「まず反対ありき」の路線ではなく、きちんと国民に説明できる政策を提示できれば支持してくれる人は多いはずです。今前原代表は「中国脅威論」など外交面で強調されるところが多いですが、主張が分かれるのは本来内政面です。小泉首相のように規制緩和や「小さな政府」を目指す方向と、社会保障を充実させる(その代わり自民党以上に増税することになりますが)方向に分かれてもいいと思います。

 民主党は今のままでは右派と左派が分裂する可能性もありますね。さらに言えば昔の政党ごとに分裂してしまう可能性もあるのかもしれません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年01月12日 政治 トラックバック:- コメント:5

旧社民党の左巻きが多すぎるから(笑)菅直人や鳩山兄の言動も最近は恐ろしいくらい左旋回しているし。

2006年01月12日 worldwalker URL 編集

とりあえず、菅と鳩山と小沢いらない

2006年01月12日 SSI URL 編集

worldwalkerさん、SSIさん、
私もそう思います。小沢氏に関しては、昔は尊敬していたんですが、最近はまったく変わってしまいましたね。

2006年01月13日 さいごう URL 編集

 昔は小沢氏を信用してましたが・・・一有権者として騙された気分ですよ。

2006年01月13日 どらっへ URL 編集

昔は「日本改造計画」を読んで、この人に首相になってもらいたいと思った時期もありました(苦笑)

2006年01月14日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。