スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

公私混同もいい加減にして欲しい

 政治が経済の足を引っ張っているのではなく、中国に依存しすぎている彼らの方が問題でしょう。

 ・「政治が経済の足を引っ張ってる」ユニクロ会長(ZAKZAK)

 「なぜ靖国神社に行くのか分からない。個人の趣味を外交に使うのはまずいんじゃないか」と憤るのは「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(56)=写真。「政治が経済の足を引っ張っている」と小泉純一郎首相を厳しく批判した。

 中国の工場と直接契約し、高品質の商品を低価格で販売するビジネスモデルを確立した柳井会長。「政冷経熱」といわれる日中関係の現状に危機意識は強い。「隣国として日中は抜き差しならない関係。この関係が破滅的になれば、日本という国だってなくなる可能性がある」と語気を強めた。


 安い製品を作るために中国に工場を移すことはかまいませんが、それで中国に依存しすぎるとこの人のように中国の利益で動く人間になってしまいます。

 経済のために政治があるというのは一面では事実ですが、政治は経済だけのためにあるのではありません。政治は日本という「国土」と「国民」を守るためにあるのです。日本の「国民」が「国民」であるためのアイデンティティを放棄する政策は採るべきではありません。

 彼が中国の利益を第一に考えるのはいいですが、それで政治を批判するのはお門違いというものでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年01月11日 靖国神社 トラックバック:- コメント:9

「基本的に反日国家である中国に進出すれば、こういう(外交不安定など)リスクが出るのは当たり前」というリスクマネジメントができてないだけじゃん。
自分の無能を棚に上げて、政治批判されてもねぇ……。

2006年01月11日 you URL 編集

っていうか、自分の利益のために言い切っちゃうとこがすごいなと思ったあたし。
賃金が安いからという理由で中国に進出して成功してる会社は、
日本の小企業をつぶす一因になってるとは絶対に思わない。
やらない奴が悪いみたいな?
彼らは日本の国力つぶしをしてることに気づかない、平成版エコノミックアニマルかも
と、新年早々、そういう会社にいる友達とケンカをしちゃいました~
ちなみに上のようなことを言ったら、「がちゃん」と一方的に切られました(苦笑)
プレゼントのお礼の電話だったのに・・・・言えませんでした

2006年01月11日 つき~というかあや URL 編集

youさん、
日本と価値観を共有する国でないことはわかっているはずなのに。自業自得でしょう(笑)

つき~というかあや さん、
結局自分の周り(特に金銭関係)しか重視できない人が多くなってしまったのが原因でしょうね。さみしいことです・・・。

2006年01月11日 さいごう URL 編集

社長は日本人じゃないと言う声多数。

2006年01月11日 worldwalker URL 編集

それは全然知らなかったです。

2006年01月11日 さいごう URL 編集

 私達(ジェネレーションY世代)が新しい日本を作りますよ。
 ちゃんと改憲してね。

 柳井さんとやらには出て行ってもらえば良いんじゃないですか?と強気な発言をします。
 老害のお陰でどれだけの被害を被ったか、解りゃしない。

2006年01月12日 どらっへ URL 編集

ユニクロが高品質で低価格のものを出すために魂を売ったのであれば許すことは出来ません。

2006年01月13日 さいごう URL 編集

ユニクロ社長の話を聞いて、「政治が経済のために存在するのではなく、それよりも大きな意味での国益を重視しなければならない」という感想を持ったのは、皆さんと同じです。しかし、この社長の言葉を、これだけで片付けてしまっていいのかな、と立ち止まってしまいます。本当の意味での国益を考えた外交政策を、今の日本政府、というより、小泉首相はなされているのでしょうか?まず、その具体的な指針が見てとることができないと、(わざわざ政府発表する必要はありませんが)、政治が経済活動をただ妨害しているようにも見えてしまうのです。

2006年01月16日 おかp URL 編集

おかpさん、
 おっしゃることは非常に分かります。中国との関係は「主従関係」か「敵対関係」しかありません。今までは中国に従いつつ経済的利益だけは享受してきました。しかし、そのひずみが靖国問題などに表れたり、それだけならまだしも国民の教育に表れてきています。

 南京大虐殺を無条件に信用する人が多く、先の大戦の責任は無条件に日本にあると思わせる教育が平気でなされています。

 そんな教育には興味がもてるはずもなく、子供たちはどんどん興味を失っていくか、自虐史観に縛られてしまいます。

 こんな日本を続けるのがいいと思う人は経済を重視する政策を支持してもらってもかまわないですが、私には納得いきません。

2006年01月16日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。