スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日本・トルコ、中東和平推進で一致

 中東和平に日本がどれほど関与すべきなのかは微妙ですが、トルコとの友好関係が推進できたのは良いことだと思います。

 ・小泉首相、トルコ首相と会談…イラク医療支援など一致(読売新聞)

 【アンカラ=小林弘平】小泉首相は10日午後(日本時間同日深夜)、トルコ首相府でエルドアン首相と約1時間半間会談し、民主政権樹立に向けたプロセスが進むイラクの復興支援活動で協調することで一致した。小泉首相は「日本はイラクで病院建設などを行っている。トルコと(の協力で)医療支援活動ができる」と述べた。日本とトルコが協力してイラクの病院整備などを行うことを想定していると見られる。

 また、小泉首相は「日本とトルコは中東地域の平和と安定に関して共通の利益を持ったパートナーだ」と強調した。さらに、「両国が協力できることについては今後協議して具体的に詰めたい」と述べた。イスラエルのシャロン首相の緊急入院で不透明感が増す中東和平の進展に向け、日本、トルコ両国の政治対話の強化や情報交換を提案したものだ。エルドアン首相も「日本主導の活動に喜んで協力したい」と応じた。

 小泉首相は、トルコの欧州連合(EU)加盟について「加盟交渉に向けたエルドアン首相の改革努力を高く評価している。加盟交渉の円滑な進展を期待している」と述べた。トルコ国内で死者が出ている鳥インフルエンザ問題でも両国が協力することで一致した。


 私個人としては中東和平に日本があまりに関与しすぎると逆に墓穴を掘るのではないかと思っています。イラク復興支援は日本の国益から見ても行くべきであるし、まだ駐留しているべきだと思います。

 しかし、中東和平に日本がリーダーシップを取ることのどこに日本の国益があるのかをよく考える必要があります。確かに世界中が平和になることは良いことですが、中東和平に日本が主役として活躍することの必要性はよく考えた方がよいでしょう。

 ただ、取ることの友好関係が確認できたことは成果だったと思います。トルコは昔から親日的な国ですし、大事にしていくべき国だと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年01月11日 国際 トラックバック:- コメント:7

>中東和平に日本が主役として活躍することの必要性

原油の安定確保。
これ以外無いでしょう。

2006年01月11日 you URL 編集

日本が中東和平の主役になる必要はないと思うのですが・・・。

2006年01月11日 さいごう URL 編集

中国が石油確保に必死なのは中東に足場がないからですね。だからアフリカの中央部から南側を狙っている。石油の備蓄が5日分しかないからかなりヤバいみたいです。

2006年01月11日 worldwalker URL 編集

資源の問題は日本よりもかなり深刻でしょうね。同情はしますが、ガス田は渡せません(笑)

2006年01月11日 さいごう URL 編集

 資源だけは確保して欲しい。
しかし、リビアのカザフィ、前の国連での人権投票の件といい、調子に乗りすぎじゃない?

>ガス田

 渡しても良いけど、沖縄トラス沖でそのん十倍のガス田発見して、抑えられないかな。

 悔しがる奴等のツラが見たい。

2006年01月12日 どらっへ URL 編集

日本も中国もエネルギー問題は深刻です。今後このような対立は増えるでしょうから、今妥協すべきではないでしょうね。

2006年01月13日 さいごう URL 編集

 最悪の状況に陥った時の話です。

 取り合えず、ガス田を停止に追い込みたいですね。
 ああ、中国で内乱起きないかな。

2006年01月13日 どらっへ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。