スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

またまた中国の言論統制にMSが加担

 今日は久々に中国・韓国や防衛問題と違った話題でも書こうかと思ったのですが、読売新聞のサイトを見ていると気になってしまい、記事にしてしまいました。
 ・米MS、中国人ジャーナリストの人気ブログを閉鎖(読売新聞)

 【ニューヨーク=大塚隆一】米マイクロソフト社が、中国紙「新京報」の記者らのストライキを取り上げた中国人ジャーナリストのブログを昨年末に閉鎖していたことが分かった。

 ストに神経をとがらせていた中国当局からの要請に従った措置という。米紙ニューヨーク・タイムズなどが6日報じた。

 閉鎖されたのは、同社が中国で運営中のブログサービスを利用している人気ブロガー、趙京氏(30)のサイト。マイクロソフト社側の責任者は、「国際的な法にも現地の法にも従わなければならない」と釈明しているという。

 インターネット人口が急増している中国には米国の情報技術(IT)企業が次々と進出し、当局の検閲に協力するケースが相次いでいる。マイクロソフト社は昨年もブログサービスで「民主」「人権」などの単語の書き込みを禁止していることが分かり、国際的なジャーナリスト団体などから批判された。

 Microsoftは中国で言論統制していることは皆さんご承知と思いますが、日本においても言論統制の動きがあります。(参考)もちろん日本の場合は政府の指示ではなく、どちらかというとプロ市民の人たちの側に立っている気がします。

 それはともかく、今回の件はあらためて中国が言論統制を行っている証拠を示しています。中国人はこのようなことがあると自分のブログを正直に書くことができなくなってしまいます。こんな国が世界に影響力を持っていることが脅威以外のなにものでもないでしょう。日本は彼らの人権侵害についてもっと非難していくべきです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年01月07日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

ビル・ゲイツ、がっかりだよ。抗議して中国から撤退するくらいの骨っぽさがないのか。

2006年01月07日 worldwalker URL 編集

MSにしろGoogleにしろ中国の人口は魅力でしょうね。だからある程度の政府の指示には従ってしまう。

2006年01月07日 さいごう URL 編集

いかに巨大企業といえども、やっぱり国家の方針には従うしかないということでしょうか・・・

にしても、中国ほど規制してしまってはインターネットの意味がほとんどありませんよね。

2006年01月07日 はにゎ URL 編集

まさにその通りなんですが、中国はインターネットをも政府の主導下に置こうとしています。

2006年01月07日 さいごう URL 編集

 この事をネタにMSを攻めるべきだと思うよ。
 取り合えず、MSを手に入れられれば、中国の機密も盗めるんだから。
 しかし、金儲けの為なら何しても良いと思ってるなら、ビル・ゲイツも最低の人間だな。

2006年01月08日 どらっへ URL 編集

 それだけMSにとって魅力があり、妥協するだけの価値があると認めたのでしょうね。

2006年01月09日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。