スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国と日本の国力

 産経新聞で、中国の政府シンクタンクが世界各国の国力を比較して中国が日本を抜いて第6位になったと報じています。

 ・中国政府シンクタンク「総合国力、日本上回る」 技術や情報力は日本高く評価(産経新聞)

 中国政府直属のシンクタンク、中国社会科学院は6日までに「2006年―国際政治と安全保障」と題した報告書をまとめ、世界主要10カ国の総合国力を比べると、中国は日本を上回り世界6位になると発表した。中国は技術力や情報力などで劣るが、外交力や自然資源で日本を大きく引き離しているとしている。

 報告書は軍事力、自然資源など9項目を比較して数値化。その結果、米国の総合国力は90.7ポイントで2位の英国(65.0ポイント)に大きく差をつけた。中国は6位で59.1ポイント、日本は7位で57.8ポイントだった。

 3位はロシアで、フランス、ドイツが4、5位。8位以下にはカナダ、韓国、インドが並んだ。

 中国が日本を上回ったのは人的資源、軍事力など5項目。特に外交力では同盟国数や国連の地位、近隣諸国との関係などを勘案し、中国の78.2ポイントに対し日本は66.6ポイントと分析。中国が外交成果に自信を深めていることをうかがわせている。

 一方、日本については技術力、情報力、資本力などでそれぞれ米国に次ぐ世界2位と評価している。

 報告書はまた、世界と中国周辺の情勢について分析。小泉純一郎首相の靖国神社参拝などで日中関係の改善は短期的には困難とし「政冷経熱」が「政冷経冷」に変わる可能性もあると指摘した。(共同)


 基本的にそれほど異存はないのですが、相対的なものを絶対的に評価するあたりで違う考え方をする人も出てくると思います。

 それにしても一番印象的だったのは、外交力が中国と日本でそれほど離されていたのかという疑問です。確かに日本が安保理事国入りに対しての駆け引きは、日本の外交力の弱さと逆に中国の外交力の強さを思い知らされました。中国の「経済援助」と「拒否権」が特にアフリカ諸国に対して与えた影響が大きかったのでしょう。日本はあくまでも紳士的であることが外交なのではなく、中国の姿勢も時には見習う必要があると感じさせました。中国もこの件について大きく評価しているのでしょう。

 逆にちょっと疑問に思ったのは軍事力です。いつも中国は日本の軍事力が世界にとって脅威だと言い、中国よりも高い軍事費を使っていると言っています。その中国が軍事力で日本を上回るのはどう考えてもおかしいでしょう(笑)まあ、現実問題、軍隊同士を単純に比較すれば中国の方が強大ですが。(軍事力は単純に比較するだけでなく、事態対処能力で判断すべきだというのが私の持論です。その点を考慮すると日本と中国は同程度だと思いますが。)

 この結果に納得いかない方々も多いとは思いますが、私ははっきり言ってそのとおりだと思います。だからこそ日本は中国の国力自体に警戒するとともに、その中国の意思がどこに向いているのか常に監視し、その対抗策を練ることが今の外交にとって必要でしょう。日本の外務省のように中国と親しくするだけでは「外交力」が引き離されるだけではないでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年01月06日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:10

じゃあODAはもういらんな。

2006年01月06日 worldwalker URL 編集

 日本のODAが中国を通じて「中国の経済援助」として向かうとともに、「中国の軍事力」への一助となっている現実を見ると怒りがこみ上げます。

2006年01月06日 さいごう URL 編集

 自画自賛という気がする。
まあ、お二人の会話ではないが、ODA要らんね。ほんと。

 ついでに円借款も返してもらおうじゃない。

2006年01月06日 どらっへ URL 編集

金の貸し借りを一切無くしてしまいたいです。今後一切中国には金を出したくありませんし。

2006年01月07日 さいごう URL 編集

上海の高級高層マンションに、親子3人と祖母の計4人で住んでいる家庭の月収が7万円前後、日本なら赤坂あたりの家賃25万円の賃貸マンションに相当するのにね。日本でのここらへんに住んでる人の平均月収は60万円程度?もっと上かな…

つまり購買力平価の一部分ですでに9倍になっている。今の元の為替レート自体がインチキなんですよ!中国の軍事予算に対して、用地取得費や人権費のパラメータを是正したらいったい幾らになるのやら?
ちなみに中国には強制的に農地を売らされて離農した失業農民が4千万人もいるとか。選挙権のない彼らには政府に反対票すら入れられない。完全に「声泣き(無き)声」…

2006年01月09日 あきら URL 編集

コメントありがとうございます。非常に参考になりました。
中国は共産主義国家ですが、よく誤解されているのは一応「民主主義国家」であるということです。しかし、中国にはまだまだ発展途上国にありがちな「開発独裁」もしくは「権威主義的」な色合いが根強いのも事実です。
彼らが一人前の大国気取りでいるなら人権侵害をどうにかしないといけません。

2006年01月09日 さいごう URL 編集

自国に都合のいい項目を設定して、いかにも客観的な分析をしたかのように発表するあたりは流石です。
自己欺瞞も極まれりって感じだね。勝手に国家的自慰してろです。品格なさすぎ・・・・・・・http://blog17.fc2.com/image/icon/i/F9D7.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">

2007年02月09日 ヤジオ URL 編集

ヤジオさん、
コメントありがとうございます。
日本の外交が優れているとは思いませんが、それに関して中国が勝っていると判断するのは何の根拠だか分からないし、ランキングを発表するのは愚の骨頂だと思いますね。

2007年02月10日 さいごう URL 編集

日本がんばろう

2007年03月07日 キソ URL 編集

キソさん、
コメントありがとうございます。
日本は優等生に振る舞うことを意識しすぎて外交的にも強くでれないところがあった気がします。今後はもう少し解消されてくるでしょうね。

2007年03月07日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。