スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

麻生外相、インドと「戦略的対話」設置で合意

 麻生外相はインドにもコネクションがあるとは聞いていましたが、今回の件でそれが事実だと言うことが分かりましたね。

 ・日印、「戦略的対話」で合意 人的交流を拡大(産経新聞)

 麻生太郎外相は4日午後、ニューデリーでアハメド外務担当国務相と会談し、両国外相が2国間関係強化を目指して安全保障問題などを協議する「戦略的観点からの対話」設置で合意した。東アジア共同体構想や国連改革なども協議し連携を深める方向で、アジア地域で政治、経済両面での台頭が著しい中国をけん制する狙いもありそうだ。

 日本は米国との間で既に外相による閣僚級戦略対話を開始している上、昨年11月にロシアのプーチン大統領が来日した際には同国との間の閣僚級「戦略的対話」の設置で合意している。

 また麻生、アハメド両氏は軍縮・不拡散に関する日本、インド外務省局長級協議を新たに開始することでも合意した。

 唯一の被爆国である日本と、核兵器を保有し核拡散防止条約(NPT)未加盟のインドとは、核問題をめぐる立場の隔たりが大きいが、「協力できる分野はあるし、イランや北朝鮮の核問題への対応など双方の考えが似通っている問題もある」(外務省幹部)として、不拡散分野で協力の可能性を探ることになった。

 国連安全保障理事会拡大問題では、ことし9月までの実現に向け連携していくことで一致した。今後3年間で両国合わせ留学生など4000人の人的交流を図ることも確認。自由貿易協定(FTA)を含む経済連携協定の可能性も検討することで合意した。


 日本はこれから中国よりもインドやオーストラリアと友好的に付き合うべきだと書いていますが、麻生外相はその通りに外交を進めてくれています。

 今後さらに「戦略的対話」が発展して共同訓練などを行えるほど防衛交流が発展していけば中国にとっても日本をもっと意識せざるを得ないでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年01月05日 国際 トラックバック:- コメント:7

92年と93年にインドに行きました。インドに行くとですね...下痢が止まらないんですよ。麻生さんは大丈夫かなあ。

2006年01月06日 worldwalker URL 編集

>worldwalkerさん
水には気をつけましたか?
(洗浄用水も要注意ですよ)
屋台でものを食べたりしませんでしたか?
ウェットティシューを常備してましたか?
自分で気をつけないと、外国に行けばそんなモンです。

まあ、香辛料のせいで……と言うのもあるかもしれませんが。
こればっかりは、食文化ですから。

2006年01月06日 you URL 編集

気をつけていましたが(笑)同行者全員が下痢でした。93年は92年よりはマシでした。慣れたのかな。中国には10数回行っていますが、一度も腹下しはありません。

2006年01月06日 worldwalker URL 編集

 ああ、『核』でインドが気に入らなかったのか。
 今までのそれはそれでか。
 でも、朝日は中国の核はOKなんだからいい加減なもんだ。

2006年01月06日 どらっへ URL 編集

朝日はそんなものですよ(笑)
それにしてもインドとは良好な関係を築いて欲しいものです。

2006年01月06日 さいごう URL 編集

 分かっちゃ居るんですが、突っ込みたくて仕方がなかったんですよ。

2006年01月10日 どらっへ URL 編集

突っ込みどころを真面目にコメントしてしまいました(苦笑)

2006年01月10日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。