スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日本政府、沖ノ鳥島で海洋温度差発電計画を検討

 最近は隣国にかすめ取られたりとか、不法占拠されたりといった話ばかりだったのですが、このように今ある領土を積極的に活用していこうという試みはこれからも続けて欲しいです。

 ・沖ノ鳥島で海洋温度差発電計画、経済水域確保図る(読売新聞)

 政府は、日本最南端の沖ノ鳥島(東京都小笠原村)周辺海域での海洋温度差発電の事業化に向けて、本格的な検討を開始する。

 独立行政法人・水産大学校と佐賀大が10日、海水温や海底の地形などに関する合同調査を開始する。この調査結果を基に実用性が確認できれば、2006年度中にも発電施設の設置場所の選定など、事業化に着手する。島の経済活動の一環とすることで、中国の「沖ノ鳥島は『島』でなく『岩』だ」との主張を退け、島周辺の排他的経済水域(EEZ)を確保する狙いがある。

 合同調査には、約20人が参加し、島全体の周辺の深さ約1キロまでの海水温の変化や水質、海底の地形、海流などのデータを収集する。3月までに報告書をまとめる予定だ。

 発電で得られる電力は、沖ノ鳥島での観測施設や滞在用スペース、製氷機などの漁業関連設備などに使うことを想定している。発電施設の建設費は数百億円規模となる見通しだ。

 海洋温度差発電は、気化しやすいアンモニア水を海面近くの温かい海水で蒸発させ、その蒸気でタービンを回して発電する仕組み。蒸気は、海底からくみ上げた冷たい海洋深層水で冷やしてアンモニア水に戻し、繰り返し使用する。

 インド沖合では既に、発電施設が建設されている。国内でも、鹿児島県の徳之島で九州電力が実証実験に成功した。

 沖ノ鳥島周辺は、海面と海底の水の温度差が年間を通じて20度前後あり、海洋温度差発電にふさわしい条件がそろっているという。


 海洋国家である日本にとって一つ一つの島が生命線です。それぞれ最先端にある島が何にも利用されていないというのは隣国からの格好の標的になります。特に沖ノ鳥島は中国から「岩」と不当な主張を受けているため、より積極的に利用する必要があります。

 さらに人が住める島々には自衛隊や海上保安庁を駐屯させる方がよいでしょう。レーダーなどを設置しておけば早期警戒にもなるし一石二鳥です。

 もちろんそうした諸々の措置の前に、国民がもう少し領土に対して認識を持ってもらえるように政府が説明、教育していく必要があると思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年01月04日 政治 トラックバック:- コメント:5

どんどんやってください。でもこれも大金がかかりそう。

2006年01月04日 worldwalker URL 編集

今やっている防波堤などもだいぶ金はかかっているんでしょうけど(苦笑)
まあそういう問題でもないかなぁと思っています・・・。

2006年01月05日 さいごう URL 編集

 でも、沖ノ鳥島が有る事の利に比べれば安い事です。

 石原は週3日しか出勤してなかったのでこのくらいの事は当然かもしれませんけど。

 こういうところ(領土についてのがめつさ)だけ、中国を見習うべきなのかも。
 かなり嫌な話ですか。

2006年01月05日 どらっへ URL 編集

中共向けODAをふんだんに振り向けて邁進せよ。
中共のODAは日本に向けた刃を作るのみ。
害務省&売国政治屋よ、国民はバカではないぞ。皆見ているぞ。

2006年01月05日 あ! URL 編集

どらっへさん、
確かにその通りです。
値段の問題ではないですね。

あ!さん、コメントありがとうございます
中国に渡した金は日本向けの武器の予算になっていることを認識しなくては。

2006年01月05日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。