スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国は日本の金で基地建設-遺棄核兵器処理問題

 日本としては断固としてこの問題に取り組んで行かねばならないのですが、取り扱う新聞が産経新聞しかないのはさみしいですし、世論を動かすことも出来ません。

 ・遺棄兵器処理 中国、予定外の要求 大型変電所ヘリポート 軍事転用狙う?(産経新聞)

 中国での旧日本軍遺棄化学兵器処理事業をめぐり、中国側が当初の予定になかった大規模変電所やヘリポートの建設を要求していることが二日、明らかになった。処理施設建設予定地の吉林省ハルバ嶺は、ロシアや北朝鮮国境に近い地政学上の要衝。与党からは事業終了後に中国側が施設解体に応じず、人民解放軍の弾薬保管やミサイル格納などに転用する可能性を指摘する声が出ており、今春、現地調査に乗り出す方針だ。

 与党関係者らによると、中国側は新たにヘリポート建設を要求してきたほか、五万-七万キロワットの処理能力を持つ変電所の建設を非公式に打診。三十万-四十万発の化学兵器処理に必要な変電所は数千キロワット規模とみられており、中国側の要求は大幅に上回っている。

 また、ハルバ嶺を訪れたことがある関係者らの調査で、処理施設建設予定地の周辺道路や施設内の道路は、すでに数十トン級の戦車や装甲車が通行できるほど頑丈に舗装されていることが判明した。

 これに対し、日本政府は「処理施設の基本設計が完成する今年度いっぱいまで、所要電力量は分からない」(内閣府遺棄化学兵器処理担当室)と説明するだけ。舗装道路についても、「軍用車両が通行できるかもしれないが、あくまで化学弾を運搬する車両のためのもので、軍用車両の通行は想定していない」としている。

 施設建設を含む処理事業は日本側の負担で、少なくとも二千億円程度に上るとされる。内閣府の高松明遺棄化学兵器処理担当室長は産経新聞に対し、「化学兵器処理の終了後は施設を解体する」と説明しているが、現時点では「中国側の同意を得たわけではない」(遺棄化学兵器処理担当室)といい、事業終了後の施設解体をめぐる中国側との協議は妥結していない。

 一九九九年七月に締結した遺棄化学兵器に関する日中覚書は、日本が処理費用をすべて負担するだけでなく、処理の過程で起きる事故も日本がすべて補償する内容。このため、日本側が事業終了後に施設の引き渡しと解体を求めても、中国側が新たな遺棄化学兵器の発見などを理由に応じない可能性がある。

 昨年十一月に自民、公明、民主の議員団による現地調査が中止され、処理事業の実態は不透明なまま。与党はこうした状況を問題視しており、自民党の閣僚経験者らが中心となって今月中に有志議員による調査団を募り、雪解け後の現地入りを目指す。

                   ◇

【用語解説】遺棄化学兵器

 旧日本軍が中国に遺棄したとされる毒ガス砲弾など。1997年4月に発効した化学兵器禁止条約で、日本が原則的に2007年4月まで(最大で5年延長可)に処理する義務を負う。中国側は遺棄砲弾数を約200万発と主張していたが、最近の調査では30万-40万発と推定される。約9割が埋められている吉林省ハルバ嶺で焼却処理する。


 これだけのことがろくな調査もなしに行われていることが信じられません。国内では増税が噂され、国家の予算は国債の発行なしに成立することが出来ない国家がなぜ他国の軍備増強に手を貸さなければならないのでしょう。

 ただ、この記事が産経新聞でしか扱わないのが気になり、政府の担当窓口である「遺棄化学兵器処理担当室」を見てみました。そこにあった「最近の一部の新聞報道について(PDF)」は産経新聞のことを否定するような内容でした。しかし、具体的な説明はほとんど無く、サイト自体の更新も滞っているため、ここの内容の信憑性は低いものだと判断せざるを得ません。

 さらに遺棄化学兵器処理担当室は内閣府の機関ですが、実質は外務省の職員で成り立っているらしく、どうも中国よりというか現状を是認する文章が多いです。

 また、具体的に業務を行っている「株式会社 遺棄化学兵器処理機構」を覗いても具体的業務にどれだけの金が使われているのかほとんど分かりません。

 以上のことを勘案すると産経新聞の記事の方を信用しても良さそうですが、産経新聞の記事自体も最新の記事では「総事業費1兆円規模」といった記述が抜けており、ひょっとしたら事実の確認がないまま記事にされているのかもしれません。

 私は遺棄化学兵器処理問題が捏造であったりとか、存在しないと言っているのではありません。これを多くの人に知ってもらい、かつ問題意識を持ってもらうためには産経新聞以外の新聞社にも積極的に扱ってもらい、それぞれの記事を見て何が正しいか判断できる材料を提供して欲しいのです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年01月03日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

遺棄化学兵器に関する覚書。河野洋平一家は死んで詫びても足らんだろう。売国奴が日本国に及ぼした影響はとてつもなく大きい。

2006年01月03日 worldwalker URL 編集

 村山と河野がやった事だろう?

 戦争するよりも破棄した方がラクなんだから、自民党は知らないと言って、払わなければいいと思うけど・・・駄目なの?

 破棄しない理由が分からん。
 要らん世間体よりもムチャクチャな要求に応じる必要も、左記の両名の思惑通りにいく必要も無いのだから。

2006年01月04日 どらっへ URL 編集

worldwalkerさん、どらっへさん、
ここはとりあえず覚書を遵守するが、日本側の調査と照らし合わせ、業者は全て日本側の業者を使うことに合意させる必要があると私は思います。

2006年01月04日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。