スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

上海領事館員の自殺について(2)

 やはりというかほぼ予想どおりだったのですが、中国からの反撃によって泥仕合のようになってしまいました。

 ・「遺憾な行為あった」総領事館員自殺で外務省が反論(読売新聞)

 中国の在上海日本総領事館の男性館員が2004年5月、中国側から外交機密に関する情報提供を強要されたとする遺書を残して自殺した問題で、外務省は1日、改めて「死亡の背景には、現地の中国側公安当局関係者による、領事関係に関するウィーン条約上の接受国の義務に反する遺憾な行為があった」とする声明を発表した。

 外務省の声明は、在日中国大使館が31日に、「事件の責任を中国側に押しつけようとしている」などとして、日本側の対応を非難する声明を発表したことに反論したものだ。

 中国大使館が声明で、「日本側は、館員が職務の重圧のために自殺したと表明」したとしているのに対し、「日本側がそのような立場を表明したとの事実はない」と否定。「この事件は中国政府関係者といかなる関係もない」との中国側の立場についても、「我が方として受け入れられず、そのような中国側の立場は最近の中国外交部報道官の記者会見における発言を通じて承知しているが、それ以前に中国政府から本件の事実関係について説明を受けたとの事実もない」としている。


 もうこうなってしまうと、事実を公表する以外に事態の打開はあり得ないでしょう。外務省の対応はある程度公表できる事実をつかんでの上でのものであると期待したいです。

 一応週刊誌レベルではこの件についての事実関係はある程度はっきりしています。

 ・中国当局が脅迫か…上海総領事館員の首吊り自殺
   ホステス使い色仕掛け(ZAKZAK)


 この週刊誌の記事は多分事実でしょう。しかし、それを外務省が正式に中国に抗議してしまうとこの領事が自殺までした意味が無くなってしまいます。(すでに週刊誌に公表されたことで意味を失いつつありますが)だからこそ外務省は今回自殺した方のプライバシーを暴露しない形で中国の工作活動がはっきり証明されるような事実をつかんでいると予想していました。

 まだまだこの件については途中経過だけですが、外務省はそうした証拠を掴んでいないまま公表に至ってしまったのではないかと思えます。このまま中国に押し切られてしまえば今回の自殺が浮かばれません。外務省はもう少し駆け引きというものを学んだ方がよいでしょう。こんな外務省のために働こうとする人たちがかわいそうです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年01月01日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

安部さんが言ってるんだから、なにか考えがあるのだと思うが。あの幹事長とは違うでしょ。

2006年01月03日 worldwalker URL 編集

外務省の対応の悪さに相当怒っているみたいですね。

2006年01月04日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。