スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国、在上海日本総領事館の外務省員に働きかけ

 まだこの記事を読んだだけなので、他の事実を知っているわけではないのですが、こうしたことが明るみに出るのは数少ないですね。

 ・外務省、ウィーン条約に違反と中国を批判…館員自殺で(読売新聞)

 昨年5月に自殺した中国の在上海日本総領事館の男性館員が、中国側から外交機密に関する情報提供を強要されたとする遺書を残した問題について、鹿取克章外務報道官は28日の記者会見で、「中国側公安当局者により、ウィーン条約上の義務に反する遺憾な行為があった」と発表した。

 外務省は自殺直後から複数回、中国政府に抗議し、事実関係の究明を求めたが、中国側からの回答がない状態が続いている。

 外務省はこれまで、館員の死亡は認めていたが、「遺族の意向があり、詳細は話せない」としていた。だが、館員自殺に関する報道を受け、改めて遺族に相談し、了解を得て発表した。

 鹿取報道官は中国側の「遺憾な行為」の内容を明らかにしなかったが、「(受け入れ国は)領事官の身体、自由、尊厳に対するいかなる侵害も防止するため、すべての措置をとる」とするウィーン条約に中国側が違反したと指摘し、情報提供の強要が事実だとの考えを示唆した。

 これに対し、中国外務省は定例会見などで、「日本側の報道は根拠がなく、事実とは合致しない」と反論している。

 関係者によると、館員は、公電の通信技術を担当する電信官だった。電信官は、公電の内容や暗号の仕組みを把握しているため、「各国の情報機関や公安関係者が、情報を得ようと接近することが多い」という。

 事件を受け、首相官邸は外務省に対し、在外公館などで機密情報が漏れないよう、情報管理体制の強化を指示した。外務省は本省職員や在外公館の館員らに、情報管理や私生活上の注意を改めて徹底する方針だ。

 また、外務省が報道を受けて初めて事実関係を公表したことを問題視する声も出ている。自民党の甘利明政調会長代理は「外交はあらゆる権謀術数が用いられる世界だ。外務省は脇が甘く、対応も遅すぎる」と批判している。


 まあ、大使館員に対する働きかけなど日常茶飯事でしょうし、やっていないのはそれこそ日本だけでしょう。そんなことはいいのですが、自殺してしまった大使館員はどのような理由があったのかわかりません。ただ、こうした仕事をするには精神が弱かったのでしょう。謹んで冥福を祈りますが、外務省はこんなことを二度と起こさないようによく教育を行っていただきたいです。

 ただ、もし中国が自殺しなければならないほど追い込んだとすればそれは追及しなければなりません。ここのところの事実関係がわからないので少々私の考えもまとまらないです・・・。

 とりあえず、人間誰しも弱みは持っているのでそれに付け込まれたときに自殺することだけはやめてもらいたいです。死者に鞭打つようで心苦しいですが、自殺することですべての責任を放棄しています。国家に奉仕している人にはもう少し責任感を持ってもらいたいです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年12月28日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

 自殺するくらいなら、全部捨てたつもりで刺し違えて欲しかったものです。
・・・ご冥福を祈ります。

2005年12月28日 どらっへ URL 編集

妻子を残して、死ぬほどのことはないだろう。生きかたは他にもあるのに卑怯だよ。

2005年12月29日 worldwalker URL 編集

・家族に売春がばれる=一家離散の危機
・外交官が売春したとばれる=日本外交官の質が疑われる&自身の外交官としての資質が疑われる
・脅しに屈して機密を漏らす=自分は安泰だが、日本の情報がだだ漏れに

上記のような事柄を考えて、自殺という結論に至ったと思われる。
売春自体を責めるならともかく、自殺に関して他人がとやかく言うことじゃない。
少なくとも中国のご用聞きをしてるような政治家よりは、ずっと責任感が強いんじゃないか?

2005年12月29日 you URL 編集

Youさん、彼の妻子に対してもそのように言えますか。外交官である前に夫であり、父である。外交官を辞めても生きる道はある。人はどのようにでも生きられるんですよ。彼は日本にとっては一公務員だが、彼の妻子にとってはたった一人の夫であり父親だったはずだ。

2005年12月29日 worldwalker URL 編集

 皆さん、コメントありがとうございます。

 一応今回の件でもう一度考えてみたんですが、やはり自殺が良策だとは思えません。また新しい記事を書いたので、そちらにも自分の考えを書きました。

2005年12月29日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。