スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日朝国交正常化交渉再開、日朝協議で合意

 25日、日朝協議によって国交正常化交渉が再開されることが決まりました。

 ・日朝正常化交渉再開へ「来月末めど」で合意(読売新聞)

 【北京=尾山宏、竹腰雅彦】日朝政府間協議は25日、北京市内の日本、北朝鮮双方の大使館で2日目の協議を行い、拉致、安全保障問題、国交正常化の三つのテーマについて、来年1月末をめどに並行協議を開始することで合意した。

 2002年10月の第12回交渉以来途絶えていた日朝国交正常化交渉は、約3年3か月ぶりに再開される見通しとなった。ただ、拉致問題をめぐる日朝間の主張の隔たりは大きく、今後の協議の行方は予断を許さない。

 25日の協議は2回の休憩をはさみ、計約3時間に及んだ。その結果、〈1〉日本人拉致問題〈2〉核・ミサイルなどの安全保障問題〈3〉「過去の清算」を含む日朝国交正常化――の3分野で協議の場を設けるという11月の前回協議での日本側提案について、北朝鮮が受け入れる意向を表明した。日朝双方が今後、日朝平壌宣言や今年9月の6か国協議の共同声明に基づいて、対応することも確認した。

 各協議の出席者は、拉致問題は審議官級、安全保障問題は局長か審議官級、国交正常化交渉は大使級とする。国交正常化交渉には、日本側からは原口幸市・担当大使が出席する予定だ。三つの協議は、来月25日前後から北京で1週間程度開く方向で調整する。

 今回の協議で北朝鮮側は当初、拉致問題は「解決済み」との従来の姿勢を繰り返したが、最終的に「拉致問題を含め未解決の懸案については、誠意を持って努力し、具体的な措置を講ずる」と約束したという。

 日本側は、生存している拉致被害者の帰国や真相究明、拉致実行犯の引き渡し、横田めぐみさんのニセ遺骨が渡された経緯の説明、拉致の可能性が指摘されている「特定失踪(しっそう)者」に関する情報の提供などを求めた。北朝鮮側は、新たな情報などは示さなかった。

 外務省の斎木昭隆アジア大洋州局審議官は協議後、記者団に対し、「拉致問題の協議の場で、速やかに拉致問題の解決を改めて迫っていく。そういう足場はできている」と語った。

 北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)外務省副局長は、「拉致問題は解決済み」との従来の立場について、「変えた、変えないという問題ではない。日朝それぞれの立場がある。今後の協議で調整する」と記者団に述べた。ニセ遺骨問題については、専門家の協議を行いたい考えを示した。


 国交正常化交渉が再開されたといっても日朝の立場には依然として隔たりが大きいです。結局北朝鮮にはぎりぎりのところでいつも買わされている気がします。日本は国交正常化が前提の交渉を続けるのではなく、彼らの態度が今までのようであればいつでも経済制裁に移行するつもりで交渉に臨むべきです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年12月26日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

どうせ無駄だよ。話の通じる相手じゃない。実力行使しか方法はない。

2005年12月26日 worldwalker URL 編集

これほど話の分からない相手も珍しいですね。

2005年12月27日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。