スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国、朱成虎少将を処分し、発言を否定

 だいぶ前になりますが、朱成虎少将の発言は当時大きく扱われました。今回朱少将は処分され、あの発言が公式なものでないと改めてアピールしています。

 ・中国解放軍、核攻撃発言の朱成虎少将を処分(大紀元)

 【大紀元日本12月24日】中国人民解放軍はこのほど、台湾情勢に米国が軍事介入すれば中国は米国に対して核攻撃する用意があると発言したことで、国防大学防務学院院長・朱成虎少将に「行政記過」(過失を記録に残す)の処分を下したという。ロイター通信が伝えた。

 同通信によると、朱少将は「行政記過」の処分を受け、一年間昇進することができないという。報道は情報筋の話を引用し、「問題のある発言をしたが、処分を重くすると、米国に弱腰と思われてしまう」と当局の見解を紹介した。「行政記過」は五段階処分の中の2番目に軽い処分であるという。

 朱少将は今年7月、台海紛争が発生した際、米国が軍事介入すれば、中国は米国に対して核攻撃する用意があり、西安から東の都市が壊滅してもかまわないと発言、国際社会に大きな波紋を広げた。直後、中国外交部は朱少将の発言が「中国政府の立場を表すものではない」とのコメントを出した。

 朱少将のほか、中国解放軍の熊光楷副総参謀長も対米核攻撃について公の場で言及した。熊副総参謀長は1995年にも、台湾問題の中で核武器を使用する可能性があると述べ、「台北より、ロサンゼルスを心配したほうが良い」と発言した。香港紙は先日、66歳の熊副参謀長は正式に軍籍を離れたと報じた。


 中国は核兵器使用の可能性について否定はしていますが、実際に使わないわけではありません。この件では相手国を恫喝することに意味があったと言えるでしょう。目的が達成されれば、その発言はなかったことにする、典型的な恫喝外交ですね。

 朱成虎少将が自分個人の意見で言っている可能性はほとんどないでしょう。中国にそんな発言の自由があるとは思えません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年12月24日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

みんなが忘れたころに処分するんだなあ(笑)

2005年12月24日 worldwalker URL 編集

 問題は誰が書いたシナリオで、「誰が彼に発言させたか?」の方が問題かと。

 軍は何も思わんのかな? それとも、了承済みなのか。
そう言えば、こんな事いってたんだな。
 鳩山は覚えてすら居ないんだろうな。

2005年12月24日 どらっへ URL 編集

worldwalkerさん、
私も久々にこの名前を聞きました。

どらっへさん、
確かにそうですね。私は党本部がさせたものと思っていましたが、軍と党本部の間の確執という可能性もありますね。そのあたりが分かったら記事にします。

2005年12月25日 さいごう URL 編集

過去の日本がそうであったように・・・・民主主義国家から独裁国家を理解できない、また独裁国家から民主主義国家がどうやって行動するかもわからない。

党本部が対米、日対決の気風を国内で醸成すれば、解放軍内部ではそれが加速されて発展する。そして軍部の先鋭化に政府自身が追随しなければ命も危なくなる・・・この問題は小さな危険信号だと思います。

解放軍エリートといえども国際情勢をこちら側にいる人間ほどわかっていない。中国国内での情報をスタンスとして行動するものでは?ましてやエリート学校の先生ですからね。

2005年12月30日 あきら URL 編集

 あきらさん、
コメントありがとうございます。
 確かに軍部が先鋭化していくのは旧日本軍を見ても明らかですから、今回の件もそのような反応である可能性は否定できません。
 日本はどちらにしても中国という政府と人民解放軍の両者をよく注意してみていかなければなりませんね。

2005年12月30日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。