スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日経、東アジア共同体の意味を解説

 日経の記事なんですが、中身は非常によく分析されていて、読み応えのある記事でした。

 ・中国主導で徘徊する「東アジア共同体」という妖怪
~「EU」とはいかに条件が異なるかを整理せよ~(日経新聞)


 実態のない東アジア首脳会議の宣言

 またまたこんな実感を味わわされた。マルクスが『共産党宣言』で共産主義を評した表現への陳腐な連想ではあるが、その主体の奇々怪々ぶりが同様なのだ。名称だけはだれもがわかったように口にするが、その正確な実態はだれも語らない。実態を知ろうとすれば、するほどわからない。まさに妖怪なのである。十二月十四日にマレーシアの首都クアラルンプールで開かれた「東アジア首脳会議」での主題とされた東アジア共同体というテーマを追ってみての感想だった。

 東アジア共同体というのは、文字どおりに受けとめれば、日本にとっても国家の根幹を変えてしまう一大構想となる。言葉のごく表面をなぞっただけでも、日本が中国や韓国と同じ一つの共同体になるというのだから、日本という国にはとてつもない変化が起きることになる。本来なら国民レベルでの広範な議論の末に決められる方向づけである。ところが小泉純一郎首相は二〇〇二年一月にシンガポールでの国際会議でごく気軽にこの東アジア共同体の構想を中国や韓国の首脳の提唱に応じる形で唱えたのだった。 

 今回の初の東アジア首脳会議に先立っては東南アジア諸国連合(ASEAN)十カ国の首脳会議が開かれ、さらにASEANプラス日中韓三国という十三カ国の首脳会議が開催された。いずれの会議の場でも東アジア共同体が主テーマの一つとして議論された。ところが同共同体の構想をどう進めていくかの方法をめぐっては具体的で詳細な意見が活発に述べられたものの、肝心の共同体のあり方についてはだれもなにも具体論を述べないという奇妙さだったのだ。

 2.あまりにも異なる中国と日本の思惑
 3.政治経済体制が異なるアジア諸国は「連合」できない!
 4.反日意識の強い中国・韓国との連合は不可能!
 5.共同体づくりは「目的」ではなく「プロセス」?
 6.真の狙いはアメリカのアジアへの影響力を弱めるキャンペーン


 日経新聞はたまにこのような記事を書いたりしますね。基本的には親中記事が多いですが、なかなか一筋縄ではいかないところが日経新聞の難しさではありますね。よく見てみると産経新聞の論説委員の記事ですから当たり前ですね。

 新聞記事としては記事の量が多いですが、内容的には読んでみて損はないと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年12月22日 国際 トラックバック:- コメント:3

共同体と言うが実際は国同士の損得や利害だけでつながっている事が多い。本当に中がいい国と国は簡単には思いつかない。あえて言うなら日米か。まあ、それも小泉さんとブッシュさんの個人的友情によってつながっている。日本は隣国とは仲良くできない宿命だしね(笑)

2005年12月22日 worldwalker URL 編集

 親の敵と手を組む事は出来ない。
 私達のろくでもない親だった「大日本帝国」。
 それの臨終間際に財産だけ持って逃げた火事場強盗や、死んだのを良い事に、罪を擦り付けた連中と和解など出来ない。

 ロクでも無くても親は親はなのだから。それが日本人の美徳。

2005年12月22日 どらっへ URL 編集

worldwalker さん、
日本は昔から大陸や半島の国々とそれほど仲良くはなっていませんね。なったのはせいぜい遣唐使、遣隋使の時くらいでしょうか。

どらっへさん、
私は大日本帝国は悪いところもありましたが、全てが悪いとは思っていません。ましてそのときの国際情勢から見れば、アジアに日本中心の経済圏を作ろうとしたことに正当性は存在したと思います。そうでもしなければ他の帝国主義国がブロック経済化していく中で生き残れなかったでしょうから。

2005年12月24日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。