スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

台湾、米国製駆逐艦を正式配備

 今月(12月)10日に到着していたキッド級駆逐艦が台湾海軍に正式に就役しました。

 ・台湾海軍に米製駆逐艦2隻を正式配備、作戦能力が向上(産経新聞)
 【基隆(台湾北部)=石井利尚】台湾が米国から購入したキッド級駆逐艦2隻が17日、海軍に正式配備され、北部の基隆港で陳水扁総統が出席して記念式典が行われた。

 中台の軍事バランスを考慮して、米ブッシュ政権が2001年に売却を承認した4隻のうちの2隻で、残りも来年中に引き渡される予定。

 2隻は「基隆」と「蘇澳」。それぞれ満載排水量1万500トンと台湾の軍艦の中で最大規模。先進の対空、対艦ミサイルを搭載、海軍の防空、海上作戦能力が高まる。

 500キロ以内の256の目標を探知でき、イージス艦に近い防御性能を持つ。4隻は台湾の地名がつけられ、「大陸名ではなく、台湾名を主力級艦にまとめて命名したのは初めて」(国防部)という。

 陳総統は式典で、中国海軍力の増強を取り上げ、防衛予算の対GDP(域内総生産)比を08年に3%(04年は2・5%)に引き上げる方針を表明した。


 ちなみにキッド級駆逐艦の排水量1万トン超という数字はかなりい大きいです。確か日本のイージス艦が8~9000トン程度ですし、日本の護衛艦で1万トンを越すものはなかったのではないかと記憶しています(違っていたら教えてください)。

 台湾としてはイージス艦を購入したかったらしいですが、米中の駆け引きにより「イージス艦よりは劣るが、それに次ぐ能力を持つ」キッド級駆逐艦の購入に至ったと聞いています。ちなみに10日の産経新聞の記事にはそこの経緯も多少は書かれていたので紹介します。

 ・米製兵器 調達予算案が難航 台湾、国民党に主導権(産経新聞)

 【台北=河崎真澄】台湾が米国から調達したキッド級駆逐艦二隻が八日、東部の蘇澳港に到着した。台湾国防部(国防省)が九日、明らかにした。ブッシュ米大統領が二〇〇一年四月に台湾への売却を承認した防御性兵器の一部。台湾の軍用艦では最大となる。しかし同時に承認を得ていた通常型潜水艦などの調達予算案をめぐっては、台湾側で立法院(国会)の審議入りが、野党の強い反発で連続して四十回も拒否される異常事態となっており、陳水扁政権の苦悩は深まっている。

 到着したキッド級駆逐艦の満載排水量は九五七四トンと、台湾海軍が従来保有しているラファイエット級艦などに比べて二倍以上の規模。対艦・対空ミサイル、対潜機雷や新鋭レーダーなどを装備しており、「防御面でイージス艦に近い能力をもつ」(軍事筋)とされる。来年中に同型艦がさらに二隻、台湾側に引き渡される計画だ。

 四年前にブッシュ大統領が売却承認した兵器で台湾が手にしたのはキッド級駆逐艦が初めて。調達費用は二〇〇三年度の年度予算で対応した。これ以外にも米国は中国の反対を抑えて、通常型潜水艦八隻、対潜哨戒機十二機、ミサイル迎撃用の地対空誘導弾最新鋭パトリオット「PAC3」六式-を認めていた。

 だが国民党は当初六千百八億台湾元(約二兆二千億円)に上った巨額な特別予算案を問題視し、一貫して審議入りを拒否。陳政権と与党の民進党側は、PAC3を通常予算に再編成するなどして最終的に三千四百億台湾元(約一兆二千二百億円)まで減額して交渉してきたが、六日の協議でも反対され、審議入り拒否は四十回に達した。

 空転が続く立法院と陳政権の対応の弱さにしびれを切らした米国防総省の高官は先に、「台湾に自己防衛の意思がなければ、米国に台湾防衛の義務はない」と警告、早急な打開を求めている。

 グアム島近海まで潜水艦を派遣、台湾海峡を隔てて七百基以上のミサイルを配備する中国との軍事バランスを維持するためには、残る承認済みの米国製兵器の調達が不可欠と、陳政権は主張する。しかし立法院で少数与党の陳政権は、独力で法案通過を強行できない弱みがある。さらに三日の統一地方選で国民党が大勝し、主導権は国民党に傾いた。国民党の馬英九主席は十二日に第二野党、親民党の宋楚瑜主席と会談し、懸案の両野党の合併問題を話し合う。合併が実現すれば国民党の影響力はさらに強まる。

 関係筋によると、米国側は潜水艦など残る兵器売却について水面下で国民党との協議を進めており、馬主席の訪米も非公式に要請した。兵器調達を軸とした対米関係調整でも、国民党がカギを握る展開となってきた。

                  ◇

 台湾の軍備調達問題で、日本を訪問中の国民党立法委員団(団長・江丙坤副主席)は九日、東京都内での記者懇談で、通常型潜水艦、P-3C対潜哨戒機、パトリオットミサイルについては、「年度予算の枠内での調達には反対しない」との考えを語った。民進党政権の特別予算案に関しては「調達コストが高すぎる」と批判した。


 台湾が進めようとしているミサイル防衛には、何重にもわたる兵器網が必要です。国民党が反対するのは予算的な問題でしょうが、たかだかキッド級駆逐艦2隻で防空網が完成するわけではないのはいくらなんでも気づいているでしょう。

 確かに巨大な予算を使いますし、既存の兵器体系とは完全に刷新していかなければなりません。しかも「盾と矛」はお互いに進歩していくので限りない予算が必要になります。

 しかし、ミサイル防衛を完成させなければ常に相手国の脅威にさらされることになるのです。もし、ミサイル防衛以外に自国を守る方法があるとすれば、「先制攻撃」か「対抗して核武装」しかないのです。

 日本は幸いにしてミサイル防衛に対する抵抗感は薄いですが、台湾の国民党は世論を意識するばかりにこのような考えになっているとしか思えません。

 今平和である陰には数々の兵器と軍隊(日本は自衛隊)、そして外交交渉があってこそであり、平和はただではないことを台湾人も日本人ももっと意識する必要があると思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年12月18日 国際 トラックバック:- コメント:5

台湾にもイージス艦を売ってやればいいのに。映画「亡国のイージス」は50点。

2005年12月18日 worldwalker URL 編集

 取り合えず、イージス艦が必要なのですが、最悪の状況を考えた場合、台湾に渡すのは無理でしょう。
 4隻なんてケチらずにもっと強化するべきかと。
 米機動艦隊が来る時間すら稼げないのでは話にならないですから。

2005年12月18日 どらっへ URL 編集

worldwalker さん、
「亡国のイージス」は原作は見たんですが、映画は見ていません。そんなによくなかったんですか?

どらっへさん、
とりあえずミサイル対処能力をつけないといけませんから、まだまだ足りないでしょうね。

2005年12月18日 さいごう URL 編集

「亡国のイージス」脚本がイマイチです。朝鮮人の女が出てくる必然性もない。
日本の役者勢ぞろいですが、もったいない。
「男たちの大和」の劇場券をもらったので見に行きます。

2005年12月19日 worldwalker URL 編集

最近は全然映画を見ていません。原作ばかりはよくよく読むのですが。
やっぱり原作の良さと映画の良さは比例しませんね。

2005年12月19日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。