スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

北朝鮮偽札製造は嘘?本当?

 米紙による北朝鮮の偽札報道は誤報であったと朝鮮日報が報じています。

 ・国家情報院「米紙の北偽札報道は誤報」 (朝鮮日報)

 第17回南北長官級会談が始まった13日午後、統一部担当記者団に国家情報院当局者が電話をかけた。

 米ロサンゼルス・タイムズに掲載された、北朝鮮のニセ紙幣に関する記事の真相を説明するためだった。ロサンゼルス・タイムズはこの日、ニセ紙幣の図案作成を担当したという脱北者の話を引用して「北朝鮮は25年前から100ドル紙幣を偽造してきた」「平壌近郊の大規模な造幣工場で、日本から輸入した機械と香港製の紙、フランス製のインクを使い、ドル紙幣を偽造してきた」「ドル紙幣偽造には資金稼ぎだけでなく、反米感情を煽るためであった」などと報じた。

 この国家情報院当局者は「記事に出てくる脱北者は、北朝鮮で造幣関連の仕事をしたことはない」と話した。またこの脱北者が、昨年韓国のある報道機関に同じ内容の証言ををしたが、その後うその証言だったとして撤回した人物であったことも判明した。この国家情報院当局者は「現在、脱北者の中で北朝鮮にいた時に造幣関連の仕事をした者はいないものと把握している」と語った。

 政府関係機関が記者側の要請を受ける前に海外マスコミの報道について真相を説明するのは極めて異例なことだ。


 この報道が嘘であったにしろ、本当であったにしろ韓国の人間がうそをついています。

 しかし、このような報道を大々的に報じた以上ロサンゼルス・タイムズに真偽の確認をしなければいけないはずですが、そのような形跡はありません。ひょっとしたら彼らが勝手に報道しただけのようにも見えてしまいます。

 どちらにしろ韓国のマスコミのレベルが分かるような記事ですね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年12月14日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

今回の報道は虚偽だったかもしれないが、北朝鮮がニセドル札を組織的に偽造している事実は変わらない。IRA幹部の逮捕や、世界各地での北朝鮮船員のニセドル札所持でそれはあきらかである。
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/contents/special/050624.html
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H15/1505/1505021print.html
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/12/05/20051205000004.html
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/13/20050513000001.html
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/701493f0f7cdbd7c13eec4bfa23ae9e3

2005年12月14日 worldwalker URL 編集

 この記事で何も触れていませんが、偽札を組織的に作っているとは思っています。問題はそれをこのような記事でそらそうとする韓国マスコミです。

 彼らがいかに信用できないかを知ってもらいたかったんです。

2005年12月16日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。