スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

民主党前原代表発言に朝日新聞、社説で反論

 こんなところで面白い記事が見れるとは思ってもいませんでした。朝日新聞のサイトへのアクセス数の貢献になるのは嫌なのですが、あまりにも面白い記事なので皆さんに見ていただきたくて紹介しました。

 ・前原発言 外交センスを疑う(朝日新聞社説)

 前原代表は、民主党をどこへ導こうとしているのか。耳を疑う発言が米国発で届いた。

 いわく、原油や物資を運ぶシーレーン(海上交通路)防衛のうち日本から千カイリ以遠については「米国に頼っているが、日本も責任を負うべきだ」。このため「憲法改正と自衛隊の活動・能力の拡大が必要になるかもしれない」。

 さらにミサイル防衛や、周辺事態になるような状況で「集団的自衛権を行使できるよう憲法改正を認める方向で検討すべきだ」と踏み込んだ。

 これまでの自民党政権も踏み出さなかった、米軍などとの共同軍事行動の拡大論である。「対米一辺倒」と批判する小泉政権をも飛び越えて、いっそう米国に寄り添う政策を示したことになる。


 代表になって初の訪米で、ワシントンのシンクタンクで講演した際の発言だ。前原氏は、自民党の国防族議員から「われわれよりタカ派」と言われることもある。日米同盟を重視する姿勢をアピールしたいと勇み立ったのかもしれない。

 「民主党の目指す国家像と外交ビジョン」と題した講演である。聴衆はこれが民主党の路線と受け止めたに違いない。

 だが実際には、前原氏の発言は党内の議論をなんら経ていない。あまりに唐突で突出した内容に、党内には戸惑いや反発が広がっている。ほくそ笑んでいるのは、憲法改正をにらんで「大連立」をもくろむ小泉政権の側だろう。


 前原氏は最近、「代表でいることが目的ではない。安保・憲法の議論はあとさき考えずにやる」と語ったことがある。党内の亀裂を恐れず、明快な主張でリードしていくという決意のように見える。

 それにしても、まずは党内で説明し、論議する努力は必要だ。代表になって間もなく3カ月がたつのに、前原氏が党内論議を試みた形跡はない。これでは独断専行と言われても仕方ない。

 もうひとつ、気になる発言が講演にあった。中国の軍事力は「現実的脅威」であり、「毅然(きぜん)とした対応で中国の膨張を抑止する」などと語ったことだ。

 小泉政権でさえ、無用の摩擦を避けようと、首相が「中国脅威論はとらない」と言い、麻生外相が「中国の台頭を歓迎したい」と語るのとは大違いだ。


 中国に対して弱腰と取られたくないのだろう。だが、肝心なのは威勢の良さではない。首相の靖国神社参拝でずたずたになってしまったアジア外交を、民主党ならこうしてみせるという、外交政策の対立軸を示すことである。

 韓国に関しても、竹島や教科書問題についての盧武鉉大統領の態度を手厳しく批判したこともある。その結果、希望した訪韓さえできない始末だ。

 日米同盟は何より大事。中国には毅然と対する。だから民主党が政権をとっても自民党と変わりませんよ、心配はいりません。そう米国に言いたかったのだろうか。ならば、自民党政権のままでいいではないか。


 やはり集団的自衛権の話からいくのは朝日新聞としては当然でしょうね。それにしても集団的自衛権なんてものを自衛権の中で区別するのは日本ぐらいではないでしょうか。(もちろん軍隊の保持を認めていないのも日本ぐらいですが)国を守るために必要であれば他の国と共同して作戦を行うことぐらいは安全保障上の常識です。ミサイル防衛だって厳密に言えば日本だけで防衛しているわけではないでしょう。

 いまさら集団的自衛権で憲法改正論議を振り出しに戻すのは無理があると思わないのでしょうか。まあ、だからこそ朝日新聞なのかもしれませんが。

 そして後半部分は靖国問題でこじれた対中関係を元に戻すのが民主党の役目だと言い切っています。私のような一個人でやっているブログでもそんな断言はできません。政党が政策を決定するのは選挙民(世論)のニーズがあってこそです。前原氏が独断で安全保障政策を決定したとすれば民主党内で何らかの問題が起こるでしょうが、結果的に世論がついてくれば追認する形になるでしょう。(そうならなければ民主党自身が支持を失うだけです。)こうした政党と選挙民(世論)の関係を無視して、朝日新聞が民主党の意見をリードしていると思わせるような発言は傲慢さを感じますね。

 相変わらず朝日新聞の社説は突っ込みどころ満載です。

追記:KNTYさんから前原代表が中国で首相の靖国神社参拝を否定する発言を行ったとの情報をいただきました。

 ・日本民主党党首、「日本指導者が靖国神社参拝を中止すべき」(中国国際放送局)

 中国訪問中の日本民主党の前原誠司党首は11日北京で、「日本指導者が大局から、靖国神社参拝を中止すべきだ」との態度を表明しました。
 これは、前原誠司党首が中国の唐家セン国務委員と会談した際、述べたものです。前原誠司党首は更に、「日本民主党は日中友好の政策を堅持し、中国の平和発展を支持する。民主党は中国側と共に、関係分野の対話を積極的に行い、相互信頼の関係を絶えず深め、両国関係を一日も早く健全な発展の軌道に乗せることを推し進めていきたい」と述べました。

 これに対し、唐家セン国務委員は、「当面、中日両国関係が困難にぶつかっているが、両国の政党と政治家は歴史や未来及び両国民に責任を負う態度を取って、中日友好協力の大局を積極的に擁護すべきである」と示しました。


 前原氏の靖国神社参拝に関する考えは10月に行われた党首討論の時にも同じようなことを言っていました。だから彼が単純な「中国脅威論」を持っているわけではないとは思います。

 それにしてもこの件だけをとっても民主党の意見が右にぶれたり、左にぶれたりしているのが分かりますね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年12月11日 政治 トラックバック:- コメント:5

中国国際放送局の記事で、前原代表が「日本指導者が大局から、靖国神社参拝を中止すべきだ」と言ったそうです。
ソース
http://jp.chinabroadcast.cn/151/2005/12/11/1@53760.htm

2005年12月11日 KNTY URL 編集

 どうせ憲法改定までの辛抱。
要らなくなったらポイ。必要ない。
 改定の条件が半分になったら、公明もポイ。これでよし。

2005年12月12日 どらっへ URL 編集

朝日の斜説(笑)
http://www.f8.dion.ne.jp/~ryotak/LOVELOG_IMG/200501225d6e61af.jpg
http://images-jp.amazon.com/images/P/4062722674.09.LZZZZZZZ.jpg

2005年12月12日 worldwalker URL 編集

前原氏には足りないようにも思いますが
まあ、今までより多少マシということで。

2005年12月12日 フレア URL 編集

KNTYさん、
記事をつかわせていただきました。
ありがとうございます。

worldwalker さん、
これ面白いですね(笑)

フレアさん、
その通りですね。
靖国神社参拝反対はちょっと困りますが。

2005年12月12日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。