スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

政府は早急にガス田試掘に向けて動け

 中国側のガス田は着々と資源を吸い上げる体制を整えてきています。日本は対等に話し合いを進めるためにも政府にしてもらうことが山ほどあります。

 ・東シナ海ガス田 パイプライン完成 中国「白樺」生産体制整う(産経新聞)

 東シナ海の日中中間線付近の石油ガス田開発をめぐり、中国が建設を進めていた白樺ガス田(中国名・春暁)などから浙江省寧波を結ぶ海底パイプラインが完成しているのが九日、分かった。寧波には天然ガスの地上処理施設が完成間近で、白樺の生産準備は完全に整ったとみられる。白樺の生産が始まれば中間線付近の海底資源は中国側に吸い取られることになる。日本政府は中国側に局長級協議の早期再開を求めているが、ナシのつぶてだ。


 パイプラインの完成が確認できたのは先月上旬。政府は海上保安庁の巡視船や海上自衛隊の航空機などで中国側の開発動向を注視してきたが、十月初めに白樺と約十八キロ離れた樫ガス田(同・天外天)の間で、パイプライン敷設用の作業船が活動しているのを確認。


 その後、情報収集衛星や米国の商業衛星を使い、ガス田に加えて中国本土側の動きを追ってきたが、白樺と樫との間にパイプラインが完成し、さらに樫と寧波の天然ガス処理施設を結ぶパイプラインも出来上がったことが分かった。


 今年九月に樫の掘削施設の煙突から炎が出たことから天然ガスの生産が始まったことが分かっており、白樺でも掘削用のパイプが埋め込まれているのが確認されている。白樺、樫、寧波を結ぶパイプラインが完成したことで、中国側は白樺と樫で生産された天然ガスをいつでも本土に運べるようになった。


 中間線から中国側寄りにある平湖ガス田から石油を上海に送るパイプラインがすでにできている。今回、中間線付近のガス田からのパイプライン完成が確認されたことで、日本側につながっている可能性がある東シナ海の海底資源を吸い上げて本土に送る中国側の体制が整った。


 政府は外交ルートを通じて、中国に事実関係の照会を行うとともに開発の中止を改めて求める方針だが、中国が応じる気配はなく、「白樺での生産はまもなく始まるだろう」(政府関係者)との見方が強い。


 政府は東シナ海の石油ガス田開発に関する局長級協議の早期再開を求めているが、再開のめどは一向にたっていない。政府は今秋に開かれた局長級協議で、中間線付近にある白樺、樫、翌檜(同・龍井)、楠(同・断橋)の四つのガス田を対象に共同開発を提案したが、中国側は回答を保留したままだ。


 政府内には現在の局長級協議を閣僚級協議に格上げして、事態の打開を図ろうとする考えもあるが、中国は応じる気配を見せていない。


 政府・与党内には、「中国は既成事実を積み上げるために協議再開を意図的に遅らせているのではないか」(与党幹部)との指摘もあり、日本側も早急に試掘に踏み切るべきだとの声が高まっている。


 日本側は試掘許可を与えたとは言っても、中国の示威行動の前に事実上調査も行えません。日本政府は帝国石油が安全に調査を行うために自衛隊による護衛をつけるべきです。もちろんそのための法整備も必要ですので、それらも含めると今すぐにでも始めてもらわないと困ります。

 この場所が中国のものであるか日本のものであるか(大陸棚理論であろうが中間線論であろうが)はこの問題が対等に話し合うべき場が提供されたときに論じるべきです。なし崩し的に中国の採掘が始まってしまえば日本にとって不利な議論になるのは確実です。

 日本は今まで自分の領土でも相手に踏みにじられても実力行使はしていません。しかし、それが本当に良いことなのでしょうか?単に自分の権利を放棄しているだけなのではないでしょうか?これからは黙って領土やそれに付随してくる権利をなすがままにされる時代ではないのです。相手国には言うべき時に言い、阻止すべきときには阻止すべきです。紳士的に接すれば相手が紳士的に接してくるはず、という思考は捨てましょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年12月10日 国際 トラックバック:- コメント:4

言っても無駄なんだから、日本も掘るしかないでしょ。今まで無策過ぎたんだからしょうがない。無策だった歴代内閣と外務官僚の責任を追及するしかないが、それも無理なのが日本って言う国だ (´д`;)

2005年12月10日 worldwalker URL 編集

 そうですね。法整備は多分やっているところでしょうが、本当に早く自衛隊を派遣させてほしいものです。

2005年12月11日 さいごう URL 編集

 即時ODA停止です。
それで一応、元くらいは取れるでしょう。
 秀吉の言葉ではないですが「泣かせてやろう、ホトトギス」です。(なんか微妙に違う気がするが)

>自衛隊の護衛

 適当に訓練とか称して、近くをウロウロさせて置けばいいのですよ。
 それなら法の整備が無くてもやれますからね。
基本的に日本の海域には中国の戦艦が居ない筈ですから、撃沈しても問題なし。

2005年12月12日 どらっへ URL 編集

どらっへさん、
彼らが軍艦をあの海域に派遣するのは違法性が高いわけではないと私は思っています。彼らには彼らの理論があるわけですから。しかし、同様の理由で日本の護衛艦が派遣されるのは日本側の理由としては当然のはずです。

問題は中国が歩み寄りの姿勢を見せないことだと思います。

2005年12月12日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。