スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

国民党の馬英九主席、親中国とは限らない?

 なかなか面白い発言をしていますね。真意はどこにあるのでしょう?

 ・台湾の国民党主席「中台統一は天安門事件見直しが前提」(日経新聞)
 【台北=山田周平】台湾の最大野党・国民党の馬英九主席(台北市長)は7日、台北駐在の海外メディアと会見し、中台関係について「天安門事件を見直さなければ、統一を話し合う余地は無い」と述べた。中国に融和的な国民党が政権に復帰しても、統一は中国の民主化が前提との立場を確認したものだ。第2野党・親民党の宋楚瑜主席と12日に会談し、両党の合併について話し合うことも明らかにした。

 国民党は3日の統一地方選挙で大勝し、馬主席は2008年の次期総統選の最有力候補とみられている。

 馬主席は地方選の結果について「有権者が与党・民進党の腐敗を嫌ったためで、(民意が)親中国に振れた結果だとは考えない。台湾人民は現状維持を志向している」と指摘。国民党は「段階的な統一の可能性は排除しないが、現在はタイムテーブルは無い」と語った。 (23:00)


 私は馬英九主席は結構したたかだなと思いました。今回の選挙結果は民進党の失敗が影響していると国民党も十分認識していると思います。だからこそ内部的には引き締めるため、外部には「民進党支持で潜在的に国民党の支持も考慮している人たち」を取り込もうと考えた発言だと思います。

 私自身国民党は中国よりと考えていただけに、こういった発言をされると新鮮で興味が出てきますね。馬英九主席は外見だけではなく、結構狡猾(賢い?)のかもしれませんね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年12月08日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:11

ほほー。なるほどこれは面白い。
もう少し観察して見ないとなんとも言えませんね。

中国はこれに対してどんな反応をするか期待ですね。



2005年12月08日 SSI URL 編集

親日と思われている台湾だが、反日の立場の者もいる。インリンとか(笑)
いわゆる、外省人だな。

2005年12月08日 worldwalker URL 編集

台湾は台湾国だってTVでアンケートやってましたねぇ
そういえば民主主義制度もまだ100年もたってないんですよ
中国に負けたらどうしよ・・・

えーと
ついでで申し訳ありません
可能であれば相互リンクをお願いしたいです。
ニュースサイトで1サイトだけリンクする予定でしたので
楽しめるクオリティの高いブログとの相互リンクをと
考えておりました。

性的衝動をコンセプトに洗練されたブログにしたいと思ってますけど・・
http://melut1.blog38.fc2.com/に先にリンク作業させていただきました。
お断りの場合、返事をいただけると幸いです。


2005年12月08日 いるかさん URL 編集

SSIさん、
さらに中国に対しては気をつかう発言をするのではないかと思いますね。
でもコウモリ的な発言をすると逆に人気を失うので危険かもしれませんが。

worldwalkerさん、
親日イコール反中、親中イコール反日ではないところが台湾の複雑なところですね。彼らの今後は非常に気になりますね。

2005年12月09日 さいごう URL 編集

いるかさん、
ご丁寧にコメントいただきありがとうございます。
相互リンクの依頼は非常にありがたいのですが、アダルトに関してはお断りしています。
何卒ご容赦お願いします。

2005年12月09日 さいごう URL 編集

>私自身国民党は中国よりと考えていただけに、こういった発言をされると新鮮で興味が出てきますね。馬英九主席は外見だけではなく、結構狡猾(賢い?)のかもしれませんね。
>

だから、彼は大中華であっても反共なんだってば!
ただ、馬英九自身がいかに反日大中華であっても、台湾の民意は中華離れが著しい現在にあっては、選挙の洗礼を受けている政党の党首としては、民意を意識して中国と距離を置いた主張をせざるをえないだけ。しかも彼はそれを自分自身の反共主義にひきつけて都合よくいっているだけ。だが、いまどき反共だけで売れるほど世の中は甘くはないんだよ。

ポイントは、台湾の民意が「国民党の大中華意識による中国傾斜を許さない」ほど、中華離れをしているところにあるのであって、馬自身がこれをもって大中華ではないと即断するのは、あまりにも単純。というか、あなたって、台湾の民意を見ていないだけでしょ。

ただ、馬は反日大中華という意味では、日本は警戒すべき相手。

2005年12月10日 むじな URL 編集

> 親日と思われている台湾だが、反日の立場の者もいる。インリンとか(笑)
>いわゆる、外省人だな。

インリンは、純本省人だし、民進党支持者だよ。
民進党は戦前の日本帝国主義に批判的であって、戦後の平和主義日本が好きなだけ。インリンもそう。

親日だから戦前の日本も支持すると思ったら、大間違い。
日本の右翼はそんな単純な二分法で考えているところが韓国人そっくり!(w)

2005年12月10日 むじな URL 編集

>親日イコール反中、親中イコール反日ではないところが台湾の複雑
>なところですね。彼らの今後は非常に気になりますね。

そうじゃなくて、「どの日本」に対する親・反なのか、「どの中国」に対する親・反なのかの問題!

民進党は親日だけど、それは親「戦後の平和日本」であって、戦前の日本については明らかに反対。
また、馬英九は中国共産党については「反」だけど、大中華、国民党による大陸反攻については「親」なの。

君たちは、日本や中国といって、体制の違いには無頓着なのか?
国家と政府の違いもわかっていない?

2005年12月10日 むじな URL 編集

むじな さん、
あなたのブログに私の考えを書かせていただきましたが、それに対する返信も誹謗・中傷の類を越えないものでした。
私はあなたが仰っていることに対して、議論を求めていらっしゃるのかと思い一生懸命返答を考えていましたが、冷静に話し合う気がないようなので、今後コメントへの返信は控えさせていただきます。誹謗・中傷が継続するようであればコメント自体を削除させていただきます。
一応あなたの意見について一言言わせていただくと、経験から得られるものは重要かもしれませんがあまりにも自分の体験が台湾全てのことのように語るのには違和感があります。冷静な分析とは、自分の体験であってもいかに一般的な事象として捉えることが出来るかにかかっているのではないでしょうか。もしあなたが自分の体験談を書きたいなら別ですが。
(ちなみに私がそのような分析が出来ていると言っているわけではありません。先日のコメントで誤解があったようなので再度書かせていただきます。)

2005年12月11日 さいごう URL 編集

>冷静な分析とは、自分の体験であってもいかに一般的な事象として
>捉えることが出来るかにかかっているのではないでしょうか。

あなたが、自分の分析を冷静で、あなた自身の狭い「自分の体験」を乗り越えて一般的な事象としてとらえていると、うぬぼれているのは、笑えます。

あなたが一番冷静ではないし、一般化、抽象化できない。
だから、台湾に住んでいる私すら説得させられないのです。

2005年12月11日 むじな URL 編集

むじな さん、
私の書いた「私がそのような分析が出来ていると言っているわけではありません。」と言う部分についても読んでいただけなかったようですね。また、誹謗・中傷の類の発言が変わらないようなので、以後のコメントは削除させていただきます。

2005年12月11日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。