スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「.xxx」ドメインはまたまた先送り

 「.xxx」ドメインの問題は人によって解釈が様々だと思いますが、実際にもなかなか承認がおりずに止まったままになっています。

 ・ICANN、「.xxx」ドメイン承認をまたも先送り--EUからの圧力か(CNET Japan)

 ICANNは米国時間2日、同日に承認を予定していたアダルトコンテンツ専用ドメイン名に関する議論を断念した。これにより、同ドメインの先行きが不透明になっている。

 「.xxx」ドメインを設ける提案は、カナダのバンクーバーで行われたICANNの役員会議で最終承認される予定だった。しかし、ICANN会長のVint Cerfは1日に、この承認手続きが議題から削除されたと発表し、参加者を驚かせた。

 ICANNは9月にも「.xxx」ドメインの承認を延期していた。

 ICANNは1日、政府詰問委員会が「.xxx」創設に関する350ページにわたるレポートを再検討するためには時間が必要だと述べた。このレポートは8月に完成していたが、初めて公表されたのは先週のことだった。

 .xxx創設の提案は、米国の一部保守団体を激怒させた。そして、ICANNを監督する米国政府に対し、提案阻止を目指したロビー活動が展開されてきていた。

 また、シラキュース大学教授のMilton MuellerはReutersに対し、この計画に反対するよう米国が他国の政府に圧力をかけている、と語った。

 しかし、バンクーバーからの報告によると、「.xxx」ドメインを承認しないように、EUがICANNに圧力をかけたとの憶測も流れているという。EUは、インターネットに対する米国の影響力を弱めようとしている。「.xxx」ドメイン承認に関する足踏みは、インターネット統治の現状の欠陥を浮き彫りにしている。


 アダルトサイトは「.xxx」ドメインに囲い込むべきだという考えと、「.xxx」ドメインを承認することはアダルトサイトの存在を正式に認めるものだという考えは妥協できないのかもしれません。私の個人的考えですが、もう存在しているのですから実際に対策をとる方が現実的な気がします。
 
 ただ、この問題は意見が対立している「.xxx」ドメインの問題だけではありません。この問題一つとっても米国がリーダーシップをとれずにいることの方が問題です。
 インターネットの管理は誰がするのかという問題は、当面米国が行っていくことで同意されていますが、実際には各国の圧力で問題一つ解決できないほどの能力しか持っていないのです。
 
 今後は引き続き米国が管理するのか、国連による管理になるのか分かりませんが、今のままでは単純なことも決められない組織になってしまうでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年12月05日 IT トラックバック:- コメント:2

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20084094,00.htm
結論が出るような気がしません(笑)

2005年12月05日 worldwalker URL 編集

 その結論を実行に移せないでいる米国はインターネットにおける影響力が低下しているのではないかな、と思っています。
 EUも決まっているものを実行させないだけ影響力の使い方がうまいなぁと思いますね。

2005年12月05日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。