スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

台湾地方選、与党敗北

 日本にとっても好ましくない結果になってしまいました。台湾与党の民進党にとってはかなり苦境に立たされたのではないでしょうか。

 ・与党敗北、陳総統苦境に 台湾・統一地方選

 2008年総統選の「前哨戦」とされる台湾の統一地方選の投開票が3日行われ、最大野党、国民党が23の県・市長(任期4年)ポストのうち、6増の14ポストを獲得して大勝、馬英九主席が同日夜、記者会見して勝利宣言した。与党、民主進歩党(民進党)は4減の6ポストにとどまり大敗、昨年12月の立法委員(国会議員)選敗北に続く痛手となった。

 国民党が総統選での政権奪還に向け勢いづくのは確実。5年半の政権の実績に対する有権者の十分な支持を得られなかった陳水扁総統は苦境に追い込まれ、内政や対中政策で戦略の練り直しを迫られることになった。

 元総統府高官汚職事件などでこれまでのクリーンなイメージを失った民進党に対し、国民党は清廉な印象の若手指導者、馬主席の人気に乗って躍進。8月に主席に就任した馬氏は、総統選勝利に向け好調なスタートを切った形だ。

 民進党の蘇貞昌主席は3日夜の記者会見で「すべての責任を取り、辞任する」と辞意を表明した。

 中央選挙委員会によると、今回選出された23県・市長ポスト(台北、高雄両直轄市を除く)の政党別獲得数は、国民党14(現有8)、民進党6(10)、親民党1(1)、新党1(1)、無所属1(3)。投票率は66.22%で、政党別得票率は国民党50.96%、民進党41.95%など。

 民進党は県長(知事)ポストを16年間押さえてきた台湾最大の選挙区、台北県のほか、同党が伝統的に強い宜蘭県、嘉義市でも国民党に敗れた。

 元部下の汚職事件が発覚した謝長廷・行政院長(首相)も更迭される可能性が高い。

 陳総統は政治体制の「台湾化(自立化)」路線を進め、台湾の実情に合わせた大幅な憲法改正を公約に掲げているが、今回の敗北で政権の求心力はさらに失われ、公約実現の可能性は遠のいたようだ。(共同)


 結果としては惨敗といってもいいでしょう。もともと民進党側に汚職事件が発覚した直後に選挙ということもあって不利だとは言われていました。

 しかし、これだけの大差をつけられるとは台湾の人が「独立」よりも「国共合作」を求めているのかもしれません。もしただ単に汚職事件の影響だけなら民進党にとっては国政選挙でなくて助かったわけですが、国民の多数が「国共合作」を求めるならば民進党にとっては深刻な問題となりますね。

 これは日本にとっては深刻な結果です。台湾が大陸に吸収されると日本の周辺に親日的な国家(台湾は国家ではないですが)がなくなってしまいます。特に日本のシーレーンに地理的に大きな影響を与える台湾の位置は安全保障上の大きな障害となります。

 今後もう少し見守る必要がありますが、日本も安全保障も台湾吸収というオプションを現実的なものとして考えなければいけない時期なのかもしれません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年12月04日 国際 トラックバック:- コメント:8

大陸の工作が功を制したようです。台湾は確かに大陸との貿易で栄えている。外貨準備高は世界第3位で、しかも人口は日本の5分の1。つまり一人あたりの外貨準備高を見れば世界一お金もちです。作年の今頃台湾に行きましたが、非常に豊かな国です。しかしながら国民が経済にばかり目を奪われていて、政治を見ていないのは非常に危険です。

2005年12月04日 worldwalker URL 編集

 台湾人の真意としてどっちなんでしょうかね?
 『単に汚職で負けたのか』、『国共合作を選んだのか』
 汚職で負けた→野党が怠ける→与党総選挙で大逆転なら良いんですが。

 まあ、『国共合作』は一時期においては台湾に平和をもたらすかも知れませんが、それも『嵐の前の静けさ』・・・『戦争にならなかっただけマシ』なのか、『戦争になった方がマシなのか』どっちでしょうね。
 まあ、私が台湾人なら後者を選びますが。香港の二の舞になるのは目に見えてます。
 戦わずに奪われるなんて、最悪ですからね。
 それを今の台湾人が気付くかどうか、・・・・反日と火病以外は取り込まれる南朝鮮みたいになってきたな。(失礼な物言いだが)

 台湾も重要ですが、マラッカ海峡が中国の手に落ちたときも考慮しなければならなくなりました。
 あいつらは海賊よりも性質が悪い。

 はあ、悪いニュースは続く物ですね。

>経済しか見えない状態

 今日の朝日の怪電波投稿欄もそうですが、『中国の本性』が分からない人が多いのですね。
 日本人も台湾人も。
 兄弟が「中国人に一番騙されてるのは島耕作」とか言ってました。皮肉な話です。
 かの作者殿が三木谷の本質を見抜けなかったのも影響しているんでしょうかね。(苦笑)

2005年12月04日 どらっへ URL 編集

日本で育った台湾人です。基本は民進党支持で、
中国に台湾が吸収されるなんてとんでもないと思っていますし、
私と同郷の南の台湾人をはじめ、基本的に私と同じスタンスの人も多いです。
しかし、最近の民進党を見ていると、国民党支持の人々を引寄せようと、
彼らの基本的スタンスを忘れてしまったかのようなことばかりをしているのです。
それで、多くの民進党支持者は、今回はわざと民進党に負けてもらい、
徹底的に反省してもらうために投票しない>政府のスタンスを見直してもらう
>民進党が本来の目的を取り戻し、政党として成長したところで
総統選で馬英九を倒してもらう。というのが本音です。
そこら辺が日本のメディアで全く伝わらないのが残念です。
日本のメディアは国民党の息のかかった報道しか参照にしていないので。
ですので、台湾が中国に飲み込まれるのは、台湾人としても阻止したいところで、
国共合作に賛成という人は、実質はそこまで多くないと思いますよ。

2005年12月04日 国民党が大嫌いな一台湾人 URL 編集

今回の選挙結果からただちに「国共合作」という結論を導き出すのは早計な気もします。もちろん、最悪の事態を想定することは大事ですから、それも念頭に置きつつ戦略を描くべきだということなのでしょう。
台湾のことは結局のところ台湾人が決めることなのですが、それは、彼らが自由と民主主義の価値をどれだけ重んじて独裁への忌避の心を忘れないかにかかっています。

2005年12月05日 猫研究員。 URL 編集

 worldwalkerさん、
 大陸の工作は気長で我々には想像も出来ないところで進んでいます。
 でも、もし台湾の人たちが金しか気にしなくなっているとすれば非常に危険です。彼らは香港のようになりたいのか今が決断の時ですね。

 どらっへ さん、
 私は汚職を嫌った台湾人の行動が今回の結果に現れたと思っています。でも日本人のようにメディアの影響を受けやすい人が増えているのかもしれません。日本や韓国、台湾、全ての国が工作の影響を受けやすくなっているのかもしれません。

 どちらにしろ台湾には本当に何が大事なのか判断した上では私にはどうしようもありません。


 国民党が大嫌いな一台湾人 さん、
 はじめまして、コメントありがとうございます。
 台湾の人が民進党支持が多ければ日本人にとってありがたいです。台湾が大陸に簡単に吸収されるとはあまり思いたくないですが、そうなったときに日本が新たな政策を考えても意味がないわけで、ここでは可能性について記事にさせていただきました。

 猫研究員。さん、
 私も今回の結果だけで国民党支持に台湾の人の支持が傾いたと考えたわけではありません。しかし、最近の勢いは確かに大陸への経済交流へと向かっています。彼らが本当に政治体制まで大陸と一緒になろうと思っているのかは分かりません。しかし、台湾にとっても日本にとってもそろそろ今後を想定して考える時期に来ていると考えた末にこのような記事にしました。

2005年12月05日 さいごう URL 編集

外からの見え方という側面もありますし、今後の事態の推移に注目といったところでしょうかねぇ。(汗)

2005年12月11日 tsubamerailstar URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005年12月11日 編集

tsubamerailstarさん、
台湾に関する記事ではよく参考にさせていただいています。特に参考にされた記事の多さには恐れ入るところです。

今後ともよろしくお願いします。

2005年12月11日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。